ブラックバーン戦(FAカップ)の結果と感想

8607__3890__cout1000_513X307
いまさっき、FAカップ準々決勝、ブラックバーン戦が終了しました。

結果から書くと、0-1でリバプールが勝利!
70分、コウチーニョのゴールによるものでした。

こういったカップ戦で下部リーグの相手と対戦するのは難しいものだし、ピッチ(芝)の状態もかなり荒れていたので、その部分は差し引いて考えてあげないといけないと思うのですが、とにかく勝利できたことはよかった。

これで、ウェンブリーですね!

ストライカー陣が、もっとシュートを狙っていってもよかったかな?という印象も持ちましたが、やはり試合を決めたのはコウチーニョでしたね。

私、以前にも書きましたが、今やチームで最も調子がよく、決定的な仕事が出来るのはコウチーニョなので、彼を中心にフォーメーションも考えていけばいいのではないか・・・と、つくづく思います。

5599__9308__mignolet_55257da38e5c8657997824_513X307

また、ミニョレもがんばりました。
何度となく、難しいショットを防いでいたし、極めつけは試合終了直前に相手ゴールキーパーが攻め上がって来たときのシーンでしょうか。

ゴール前で、ボールを受けた相手キーパーが、見事なターンを見せ、低い弾道での強烈なシュート。
至近距離だったし、両チームのプレイヤーが密集している中からゴールを襲ったキックでしたが、よくミニョレは抑えたと思います。

コウチーニョと並んで、今日の勝利の立役者ではないでしょうか。

今日の勝利で、晴れてウェンブリーへの切符を手にしたリバプールは、準決勝でアストン・ヴィラとの対戦が決まっています。
相手チームのデータは豊富にあるし、ブラックバーンとやるよりも、むしろ準備がしやすいかもしれませんね。

また、ここ数試合、とにかくポゼッションが低かったのですが、今日はそれも改善できた。
この勝利が、プレミアでの戦いにも生きてくることを願って。

間違いなく、プレイヤー達のモチベーションも上がったし、自信も取り戻したことでしょう。

一点、サコーが負傷交代したことは気がかりですが、このことについては、情報が入り次第、別途お知らせしたいと思います。

ここまで来たら、FAカップ!取るしかありませんね!

CCGI6LnWgAAiXGI

リバプールの新ユニフォームがリークされる

B0GGQaJCcAAeHpM
リバプールの新ユニフォーム(2015-2016)のお披露目は、金曜日を予定していたそうですが、エコーによれば、既にSNSで出回っているとのこと( ̄。 ̄;)

TwitterやFacebookで、続々アップされているようなので、既にご覧になった方々も多いかもしれません。

一体、情報管理はどうなってるんだ!・・・・という意見もあるでしょうが。

一応、デザインを見ると(^_^;)

オーソドックスな色の組合せでありつつ、首元のデザイン(型)が、それぞれ異なっていて、アクセントになっていますね。

こうなった場合、リバプールFCの対応としては、別の写真を用意して、後悔、いや公開の仕方を工夫する・・・・ということになるのではないでしょうか。

「新ユニフォームのモデルになったプレイヤーは移籍しない!」という説が以前はありましたが、もはやそれも都市伝説と化しているような気がします。

すみません、雑談でした(^・^)

では、FAカップ!
勝ちましょう!
応援しましょう!

ブレンダン・ロジャーズ 「リーグの最後まで戦う」

PROP140413-030-Liverpool_Man_City
マンチェスター・ユナイテッド、さらにはアーセナル戦で連敗を喫したことは、実に痛いものでした。
しかし、事実は事実として受け入れ、前を向いて堂々と戦ってほしい!と、願っています。

FAカップを直前に、ブレンダン・ロジャーズは、敗れた試合をしっかりと分析し、パフォーマンスを向上させる必要性を説いています。

(BR)
重要なことは、落ち着いて、土曜日の敗戦を乗り越えることだ。
パフォーマンスをしっかり分析することで、よい方向へと改善されることだろう。

ここ2試合、私達は、チームとして良いパフォーマンスが出来なかった。
それは結果が表しているね。

今、私達がすべきことは、上手くプレイ出来ていた頃に戻ることだよ。

勝利が必要なことは分かっている。
しかし、いかにプレイするかが大切なんだ。

トレーニングで、しっかりと準備し、自信に繋げないとね。

なぜ私達は上手くプレイ出来ていたのか?を分析することもできる。
どうやって試合に勝っていたかもね。
そして、それを維持することが必要なんだ。

ポジティブにやって行くべきだね。

FAカップを制することが出来れば、若手が多い我々のチームにとって、強い後押しになるだろうね。
私達が望むものだよ。
毎シーズンのように、チャレンジできるチームでありたいね。

私に課せられているものは、リーグの上位でフィニッシュすることと、トロフィーを獲得することだ。
FAカップは、とてもいい機会になることだろう。

私達が求めるものは、FAカップのファイナルにある。
そこで勝利することだ。

そして私達はリーグの最後まで戦い続けることだろう。
それが出来たとき、成功したシーズンと言えるんじゃないかな。

0850__0015__facup1000_517X310

リーグ戦で、リバプールが置かれた状況を直視すれば、実に厳しい・・・と、言わざるを得ません。
しかし、最後まで戦い続ける姿勢を見せてくれることを、多くのファンは願っているのでないでしょうか。

リバプールは、あのイスタンブールの奇跡を起こしたクラブであることを、私ももう一度思い出してみたいと思います。

シモン・ミニョレ 「僕はウェンブリーへ行きたいんだ!」

0987__2682__mignolet1000_517X310
先日のアーセナル戦では、何本ものシュートを浴びたシモン・ミニョレですが、今こそブラックバーン戦に集中して勝ちに行きたい!と、意欲を語っています。

(SM)
プレイヤーというものは、前の試合をいつだって覚えているものさ。
だからこそ、次の試合に集中しなければいけないんだ。

いつもやっているようにね。
それが、フットボールというものだよ。

今、僕達がすべきことは、水曜日のキックオフに、しっかりと備えるということだ。
全員が、再び勝利の道を歩むことを望んでいるよ。

僕は、誰もがFAカップの次のステージへ行こうと飢えていると確信している。

フラストレーションを抱えたままでいるのは良くないよね。
アーセナル戦での敗戦をブラックバーンに勝利するための意欲にしたい。

今は、ブラックバーン戦に集中しよう。
そして、ネクスト・ラウンドへ進むんだ。
あまりに遠くのことを見ても、意味はないよ。

僕はウェンブリーへ行きたいんだ!
そして、カップを勝ち取るんだよ!

フットボーラーなら、トロフィーとメダルを欲するものだよね。
でも、今はブラックバーンに勝利することに集中しよう。

Simon Mignolet

一時期は、内外から、かなりの批判を受けたミニョレですが、まだまだ改善すべき部分はあるのでしょうが、一生懸命に取り組んでいることが伝わってくる昨今だと思います。

プレミアリーグも、まだまだ諦めてほしくないし、全力を尽くし天命を待つ。
そして、シーズンの締めくくりはFAカップ制覇。

今、出来ることに集中して、笑顔で来シーズンを迎えたいですね!

アダム・ララーナはFAカップ欠場か

JS59697970
そけい部を痛め、戦線から離脱しているアダム・ララーナですが、トレーニングに戻った・・・という情報はありましたが、FAカップ準々決勝には間に合わないようです。

ブレンダン・ロジャーズとしては、ブラックバーン戦に起用できることを期待していた模様ですが、どうもまだ難しい状況だとしています。

これは、エコーが報じている情報ですが、おそらくは「だいじを取って」ということだと思います。
トレーニングは行っているようですし。

ララーナがいれば心強いのは勿論ですが、何しろ相手が、あの・・・・・ブラックバーンですからね。

負傷から戻る試合としては、ちょーっと心配な面もあるし、1試合待った方が賢明かもしれません。

負傷者といえば、スケジュール通りにいけば、そろそろジョーダン・アイブも戻って来る頃かと思います。
そちらのほうも、何か情報が入りましたら、お知らせしたいと思います。

FAカップ。
勝ちたいですね。
勝ちましょう!

0850__0015__facup1000_517X310

レッズにはゴールが不足している(ブレンダン・ロジャーズ)

lfc
昨シーズン、プレミア制覇まで、あと一歩まで迫ったリバプールでしたが、その躍進を支えていたのは、何と言っても攻撃力、ゴール数だったと思います。

チームで100ゴールを超え、とにかくルイス・スアレスとダニエル・スタリッジの2人だけでも、今シーズンのチーム・トータル・ゴールを遙かに上回っていたのですから・・・。

さて、ブレンダン・ロジャーズは、今シーズンのリバプールに問題があったとすれば、それはゴールの少なさだ・・・と、語っています。

(BR)
我々は、いまでもフィールドで改善できることを探し続けているよ。

全員がフィットして、起用することが可能になれば、競争力を増すことができるだろう。

それにしても、我々のチームにおけるトップスコアラーは6ゴールだ。
3人が6ゴールをマークしている。

そして、我々はこの位置にいるんだ。
それが現実だよ。

解決策を見つけなければいけないね。

今の我々のチームは、多くのプレイヤーが離脱している状態だ。
だから、メンバー達にあったシステムに変更する必要があるんだ。

そう、常に見つけ続けているよ。
もっとゴールを増やすように改善する必要があるんだ。

ポゼッションも十分ではなかったね。
そこが鍵だし、我々は早い時間帯で、試合を構築するべきなんだ。

しかし、現実には、ボールが回るのも速くないね。
ボールを動かすスピード、試合運びのスピードが不足しているんだ。

もっとクイックに試合が出来れば、順位も上がったことだろう。

そして、我々の鍵になるのは、いいプレスが出来るポジションを取るってことだよ。

Daniel Sturridge scored twice for Liverpool v Newcastle

現実的に見て、チャンピオンズリーグを狙おうとするチームに、二桁得点者が一人もいないというのは、やはり辛いですね。

以前も書きましたが、私は、ダニエル・スタリッジは、少なくとも20ゴールを超えるだろうし、ラヒーム・スターリングも15ゴール前後は行ってくれるのではないか?と、期待していました。

シーズン序盤、ストライカー達から、まったくゴールが生まれない時期がありましたが、あの事実が、チームとしての自信を奪い、負の連鎖に入ってしまったのかもしれません。

しかし、まだ今シーズンの試合は残っている。
今できる最善のことをやり、出場できるメンバーが全力を尽くす。

その上で、仮に結果が惜しいものになっても、ファン達はその姿勢を評価してくれることでしょう。

伝統のFAカップ 明朝キックオフ! リバプール対ブラックバーン

0850__0015__facup1000_517X310
サイトを一新しましたので、直近の試合について、改めてご紹介をしておきたいと思います。

FAカップ準々決勝 対ブラックバーン戦

○キックオフ:日本時間、4月9日(木)午前3:45
○会場:イーウッドパーク
○FAXSPORTSで生放送あり
※解説:粕谷秀樹さん、実況:田中雄介さん

FAカップは、世界最古のカップ戦とも呼ばれ、イングランドの人々にとっては、特別な意味のあるものだと聞いています。

今でこそ、プレミアリーグやチャンピオンズリーグを勝ち取るために、各クラブがしのぎを削っていますが、イングランド人にとっては「FAカップこそが最高のタイトル!」という思いがあったようです。

本来なら、相手がブラックバーンということもあり、ホーム・アンフィールドで勝っておくべき試合でしたが、あのときよりもFAカップが持つ意味は、今のリバプールにとって重要になっていると思います。

アンフィールドでの試合でも、かなりラフなプレイで向かって来られましたが、リバプールの各プレイヤーも相手のやり方が頭に入っていることでしょう。

必ずや勝利を飾ってくれるものと信じております。

注目点のひとつは・・・・やはり最終ラインの形ですね。
今回の試合は、今後のプレミアリーグにおける戦い方を占う意味でも、興味深いものになると思っております。

7478__1540__bbrun_222517X310