ヨーロピアンカップ メモリアルデイ リバプール黄金時代

CCYUfspW8AATs_O
1978年の今日、4月12日は、リバプールがヨーロピアンカップ準決勝で、ボルシア・メンヘングラッドバッハに勝利した日です。

※ヨーロピアンカップとは、今で言うチャンピオンズリーグだと思っていただければよいと思います。

まさにリバプールの黄金時代でした。
1976年シーズンから8年間の間に、リバプールは何と4回もヨーロッパチャンピオンに輝いています。

当時を思い出すと国内リーグとしては、「ブンデスリーガが最高峰」と呼ばれていました。
その中でも強豪といえるのは、ボルシア・メンヘングラッドバッハ、バイエルン・ミュンヘン、ハンブルガーSV、1FCケルン、シャルケ04などでしょうか。

実際、ケビン・キーガンは、ハンブルガーSVに移籍してから欧州最優秀選手に輝いています。

当時の西ドイツ勢が、いかに強かったか・・・ということですが、それでも8大会のうち4度の優勝を果たしたリバプール。
すごいことだと思います。

当時と今では、フットボールのスタイルもがらりと変わりました。
国内、ヨーロッパと競争は激化し、プレイヤーに求められるスピードや高度な戦術など、年々進化して来ていると思います。

そんな時代に連覇する、勝ち続けるというのは、不可能に近いこととも思います。

しかし、リバプールというクラブには、そんな歴史が確かにあった。
もう一度黄金時代を築けとは言いません。

まずは、プレミア制覇からはじめましょう。

ミニョレ 「ディボック・オリギは間違いなくチームの助けになる」

7386__8291__origi1000_517X310
昨夏リバプールへ加入し、ローンという形でリールでプレイするディボック・オリギですが、インターナショナル・マッチの際に、シモン・ミニョレと、いろいろな話をしたそうです。
そのときの様子をミニョレが語っています。

(SM)
彼とは、プレシーズン・ツアーのことや街のこと、クラブのこと、そしてアンフィールドのサポーターについて話をしたよ。
彼は、すごく興奮していたね。

来シーズンのことも、少し話をしたんだ。
彼は、プレシーズンのツアーをすごく楽しみにしているようだった。
いろいろなことを僕に聞いてきたしね。

彼自身、新シーズンを楽しみにしていたし、チームへ来れば、すぐにやっていけると思うよ。

彼が僕を必要とするときには、いつだって助けになるよ。
でも、彼はもう十分な能力を持っているからね。
彼は、もっと若い頃からプロフェッショナルなフットボールをしていたんだ。

それに彼は、代表プレイヤーだし、チームの助けになってくれると思うよ。
既に十分な経験を持っていることは間違いないんだ。

それでも彼が、何かで助けが必要なときがあれば、僕はいつだって側にいる。

彼はまだ若いプレイヤーだけど、そのトレーニングを見れば、どれだけ優れた才能の持ち主かが分かるはずさ。
とってもいいプレイヤーだから、必ず僕達の助けになってくれるよ。

彼は、実にクイックで、高いスキルを持っている。
ボールをキープすることも出来るし、ゴールも決められるからね。

それ以上のストライカーなんていないだろう?

彼は、素晴らしい態度でトレーニングに励んでいるよ。
それは、いつだって重要なことなんだ。
学ぶために、喜んでアドバイスも受けることだろう。

僕は、彼について良いところを、いくらでも話すことが出来るよ!

Origi

若くして、初めてプレミアに挑戦するオリギ。
国際マッチも経験しているとはいえ、やはり同郷のミニョレがいてくれることは、心強いことでしょう。

ミニョレが太鼓判を押すオリギ。
果たして来シーズン、どんな役割を担い、チームを勝利に導いてくれるのか。

私は、リールでのプレイを何度か観たくらいですが、彼がリバプールのユニフォームを着る姿を早く見てみたい!
そんな衝動に駆られています。

スターリング移籍でアーセナルとリバプールが歩み寄り? メディアより

walcott-sterling
契約の問題で、いろいろ騒がれ始めると、次々に噂というものは流れるもので、片目を閉じて見るくらいで丁度良いと思うのですが。

ご存じの方々も多いと思うのですが、ここへ来てメディアが書いているのは、スターリング獲得のためにアーセナルは金銭に加えウオルコットを差し出す用意があるというもの・・・。

勿論あくまでメディアが報じているだけですが、アーセナルはスターリング獲得に5000万£を提示する姿勢を見せたものの、現在は2000万£に加え、ウオルコットを付けるという方向だと。

さらに、金銭+ウオルコット案については、リバプールも歩み寄る方向になりつつあるとか・・・。

真偽のほどは、まったく分かりません。
ただ、事実なのは、連日のようにスターリングの去就が騒ぎになっていること。

これから残り試合を全力で戦い、FAカップのファイナルも目指そうという時期ですし、本来ならフットボールに集中してほしいところですが。

ひとつ思うのは、ガナーズのプレイヤーではありますが、ウオルコットには、ちょっと同情します。
たとえ噂であったとしても、若い頃からずっと続けて来たチームから差し出されてしまうというニュースですから。

実現の可否、情報の真偽はいかに?という問題があるのは前提としつつ、ここまで各メディアがスターリングの去就を追い始めると、クラブとスターリング側が、しっかり話し合いを行い、少なくともシーズンが終わるまでは、周囲のプレイヤーへの影響も考慮して、何らかの手を打つべきだと思うのですが。

でも、今一度繰り返してしまいますが、一番可哀想なのはウオルコットのような気が(・_・;)

リバプールがミラレム・ピアニッチ獲得へ向かう メディアより

1400x9594-e1428481179710
リバプールが、ローマのピアニッチを狙っている・・・という話題は、以前も書いた記憶があります。

正確無比のキックが出来るというピアニッチには、おそらく多くのクラブが関心を寄せていると思うのですが、一部海外メディアによれば、ブレンダン・ロジャーズは、スティーブン・ジェラードの抜けた穴を埋める方策を熟考しているとのことで、その答えがピアニッチだとか・・・。

あくまでメディア上の噂ですが、ピアニッチに関心を示しているクラブとは、次のような顔ぶれだとのこと。
バルセロナ、バイエルン、モナコ、パリ・サンジェルマン・・・そこにリバプールが加わっていると。

何とも豪華なライバル達ですが、出場機会ということを考えたとき、どうなのでしょう?
特にバルサやバイエルンではなかなか・・・?という気もいたします。

ローマとしては、ピアニッチを放出する場合の金額として、2,180万£を設定しているという説もあります。

METROあたりは、リバプールがチームでのファーストチョイス(レギュラー)であることをしっかり示せば、獲得競争をリードするだろう・・・と、記事にしています。

まだまだ今後、いろいろな名前が出て来ると思います。
ただし、キャプテンがいなくなった後、長短のパスを正確且つ効果的に出せるパサーは、必ず必要だろうと、私としては思っています。
それが誰になるか?ですね。

ダニエル・スタリッジ 「ラヒームがクラブに残ることを願っている」

sterling_2
かなり多くのメディアが、ラヒーム・スターリングの去就に関する、ダニエル・スタリッジのコメントを記事にしています。

これはおそらく、ユニフォーム発表イベントの後に、スタリッジが質問に答えたものだろう・・・と思っています。

(DS)
ラヒームが、何をしたいのかは分からない。
でも、一番重要なことは、レギュラーとしてコンスタントに試合に出場することだよ。
彼は、そうしてきたし、ハッピーなはずさ。

私は、それ以上のことはないと思うし、彼にはクラブに残ってほしいね。

試合に出てプレイをし、経験を重ねることが重要なんだ。

163600038_STURRIDGE_777571c
スタリッジが言っているのは、フットボーラーにとって最も幸せなのは、レギュラーとして出場機会が与えられることだ・・・ということでしょうし、スターリングは今、いい環境にいるじゃないか・・・ということでしょう。

才能がありながら、チェルシー時代には、思ったような出場機会や起用法がなされなかったスタリッジだからこそ分かる現実かもしれません。

「ラヒームには残ってほしい」と、語るスタリッジ。

確かにチームメイトとして、質問されれば、そう答えるしかないし、実際まだまだ一緒にやりたいと思っていることでしょう。

いろいろ言われる「金銭面」のことは、ちょっと横へ置いておくと、一番大切なのは、スターリングの心がリバプールにあるのか?それとももうないのか?
その一点かな・・・と、思います。

もちろん、気持ちよく契約延長をして、今後さらにリバプールで成長してほしい若者ですが、もしも・・・・もうリバプールに心がないのなら、そのときはクラブもどこかのタイミングで、大きな決断をする時が来るのかもしれません。

一説によると、ブレンダン・ロジャーズは、来シーズンはスターリングがいなくなることも前提に、補強候補を探している・・・という報道もあります。
さて、どうなりますか?

ジョーダン・ヘンダーソンは長期契約にサインする可能性が高し

Liverpool v Swansea City - Premier League
ラヒーム・スターリングの契約延長問題で、何かと周囲が騒がしくなっているリバプールですが、ジョーダン・ヘンダーソンに関してはシーズン終了までにまとまる可能性があると、海外メディアが報じています。

Mirrorによれば、ヘンダーソンは新たな長期契約を望んでおり、おそらくシーズン終了までには合意に達するのではないか・・・とのこと。

リバプールからの延長オファーを一度は断ったとされるヘンダーソンですが、シーズンの終わりまでには、4年契約で落ち着く可能性が高いと、メディアは報じています。

このことは、ラヒーム・スターリングとの交渉が暗礁に乗り上げている中、ブレンダン・ロジャーズにとって、ほっと一安心ということにもなる・・・と、同誌は伝えています。

私、個人的に思うのは、ヘンダーソンの場合、細かい条件面で詰める必要がある部分も存在するのでしょうが、基本的にはリバプールに残る方向でよい!と、考えていいと思っています。
ただ、スティーブ・ジェラードの後継者として、キャプテンを引き継ぐのか?・・・ということに関しては、ヘンダーソンの立場からすれば、なるべく早いうちに、伝えてあげたほうがいい・・・と、私としては思っています。

いろいろメディアが騒ぐのも分かりますが、まずヘンダーソンについては、条件面のすり合わせと、ヘンダーソンが望む長期契約の線でクラブ側がオファーすれば、出て行くことはないだろう。
そんな風に、私としては考えています。

メルウッドのトレーニング風景から見えてくるもの

7226__7944__547567935ap070_liverpool_tr_513X307
ニューカッスル戦(プレミア)へ向けて行われた、土曜日午前中のトレーニングの模様が写真で提供されています。

それらを見ていると、いくつかのことが分かってきます。

まず、ジョーダン・アイブは、完全に通常のメニューでトレーニングをしている!ということ。
それに、ジョン・フラナガンも元気そうです。

8008__9907__547567935_jp_8455_6e6544a16c4d8bfe2d112c792a2fe364_513X307
この先、FAカップ準決勝の前後は、ハードなスケジュールになるので、生きの良い若者が戻って来ることは、実にポジティブな要素ですね。

7889__5424__547567935ap042_liverpool_tr_513X307
また、アダム・ララーナもトレーニングに参加しており、あとは実戦に心配なく投入できるタイミングを計るというところでしょうか。

FAカップ、ブラックバーン戦で勝利し、雰囲気も良くなっているでしょうから、その勢いを削ぐことなく、プレミアでも勝ち点3を呼び戻したいですね。

7520__4901__547567935ap024_liverpool_tr_513X307