メンフィス・デパイが英国内でレッズ首脳と話し合い

PSV-Eindhoven-v-Feyenoord-Eredivisie
リバプールとマンチェスター・ユナイテッドが激しい獲得争いをしていると各メディアが報じているPSVのメンフィス・デパイですが、今週の木曜日、プライベートジェットを使い英国入りしていたそうです。

しかし、向かった先はマンチェスター・・・・。

いよいよデパイは、ユナイテッドとの交渉に入ったか!?との憶測が拡がったそうですが、事実は違うようで、空港近くのホテル一室でデパイと会っていたのは、リバプールのイアン・エアだったそうです。

このことから、リバプールとデパイ側の話し合いが、一歩前進した!と、捉える向きが増したとメディア筋は考えている模様。

リバプールとしては、万が一、ラヒーム・スターリングを留めておけなかった場合も想定して、デパイ獲得には、かなりの力を注いでいるとも言われます。

いろいろな情報を客観的に見て、現時点では、リバプールが大きくユナイテッドをリードしている!と、言ってよさそうです。

また、これは別の稿でいずれ触れたいと思いますが、リバプールはチームの方針として、トップクラスのストライカー獲得を目指すという方向になっている模様です。
やはり、ダニエル・スタリッジの怪我のリスクを考慮する部分もありそうですね。

リバプールが、トップ・ストライカー獲得を打ち出すことにより、今後ますますストライカーの補強候補、その名前が続々わいてくる予感がします。

ウェスト・ブロム戦にあたっての参考データ

8230__7232__gates
いよいよ今日は、プレミアリーグ、ウェスト・ブロム戦ですね。
先日のFAカップでは、悲しみの底に沈んだリバプールだけに、この試合で切り替えて、新たなモチベーションを奮い経たせてほしいですね。

この試合の日程や放送予定は、以前アップしてありますので、よかったらご参照ください。

「ウェスト・ブロム戦の日程や放送予定などなど」

試合を楽しむ一助になればと思い、両チームの対戦における、いくつかのデータをピックアップしてみたいと思います。

☞直近における12試合の対戦では、リバプールが9勝と、高い勝率をあげています。

☞プレミアリーグになってからは、両チームは17回対戦しており、リバプールは12勝をあげています。

☞この試合は、公式戦で指揮をとるブレンダン・ロジャーズの150試合目となります。

☞ジョー・アレン、フィリペ・コウチーニョとも、リバプールでのデビューがウェスト・ブロム戦でした。

これまでのデータで見る限り、リバプールはウェスト・ブロム戦を得意にしていると言っていいでしょう。
しかし、シーズンも終盤だし、気を引き締めていきたいですね。

この試合で、内容の悪いプレイをしたり、勝ち点を落としたりすると、いろいろな意味で苦しい状況に陥ることが予想されます。

FAカップでの敗戦を払拭するような、集中力あふれる試合を期待します。

ジェラードはクラブの歴史を飾った男(ケニー・ダルグリッシュ)

2827071
キング・ケニーこと、ケニー・ダルグリッシュは、スティーブン・ジェラードがリバプールのために成し遂げた計り知れない貢献に最大限の賛辞を送っています。

(KD)
彼は、クラブの歴史を飾ったプレイヤーだよ。
リバプールに関わる誰もが、愛情をもってスティービーのキャリアを振り返ることだろう。
そして、彼がクラブのために成し遂げた素晴らしい思い出を愛情をもって思い浮かべるだろうね。

彼は、素晴らしい貢献をし続けてきた。
その彼が行ってしまうことは、誰もががっかりするよね。
しかし、人生は永遠ではないんだ。

いつか、きっと彼は戻って来てくれることだろう。

ドレッシングルームでも、彼は素晴らしい存在だったよ。
多くの成功をおさめたクラブには、必ずドレッシングルームに本物のリーダーがいるものなんだ。
彼は、本当に強い男だったよ。

監督であった私にとって、彼はいつだって素晴らしい存在だった。
他の人々にとっても同様だったと思うよ。
間違いなく、ブレンダンにとっても、そうであったはずだ。

彼が行ってしまうことは、本当に悲しい。
でも、人生は移り変わるものだからね。

Gerrard-and-Dalglish

長い歴史をもつリバプールにあって、ファンからキングと尊敬されたケニー・ダルグリッシュ。
まさに、ミスター・レッズでした。

そのダルグリッシュ以上にファンからリバプール史上最高のプレイヤーとして慕われるようになったスティーブン・ジェラード。

ケニーが、「きっとまた戻って来てくれる」という言葉は、ローンで戻る可能性をさしているのか?
それとも指導者として凱旋することを語っているのか?

でも、どんな形であれ、いつの日か、アンフィールドでスティーブン・ジェラードの姿を再び見られる日を信じて。

コロ・トゥーレ 「ヘンダーソンこそベストプレイヤーであり偉大なリーダーだ」

1256__2356__jordan1000_517X310
フットボールの世界で、様々なキャリアを積んできたコロ・トゥーレですが、彼の眼には、ジョーダン・ヘンダーソンがいかに素晴らしいプレイヤーであるか!が、しっかりと映っているようです。

そんなコロ・トゥーレは、ヘンダーソンが契約延長をしたことを心から喜び、いかにヘンダーソンが努力を惜しまずやっているか、そしてリーダーにふさわしいかを語っています。

(KT)
最高の出来事だね。
私にとってジョーダンは、本当に素晴らしいプレイヤーなんだ。

彼は、毎日のようにトレーニングで一生懸命やり、しっかりと責任を取る。
すごい集中力だよ。

チームメイトを助けているし、偉大なリーダーだ。
本当に、素晴らしい、素晴らしいプレイヤーだね!
もし、世界最高のクラブでやりたいならば、彼のような存在が必要なんだ。

それに彼は、本当に幸せなプレイヤーだよ。
スティーブン・ジェラードのようなプレイヤーと一緒にやれたんだからね。

彼は毎日のように、トレーニングで、スティービーと話をしているよ。
それは、とっても重要なことなんだ。

彼は素晴らしいプレイヤーだし、私はずっと彼は偉大だなと思ってきたよ。
ずっと以前から、彼のことを知っていたからね。

チームに馴染むには、時間が必要なんだ。
彼は、サンダーランドでプレイしてきて、リバプールへ来たときには、プレッシャーがあったはずさ。
ちょっと時間がかかったけど、それは誰にでもあることだよ。

私にとっては、彼こそ今シーズンのベストプレイヤーだね。
昨シーズンの彼は素晴らしかった。
そして、私にとっては、今シーズンも彼がベストなんだ。

ゴールを決め、ゴールのお膳立てもし、チームのため毎日のように100パーセントで戦っている。
彼は、素晴らしいお手本だよ。

TMC100414LIVERPOOL-15

コロ・トゥーレが、ヘンダーソンを誉める大きな理由の一つは、サンダーランドからリバプールへやって来て、苦しみながらも不動の地位を勝ち取った精神力ではないかと思います。

はっきりとは言葉にしていませんが、コロ・トゥーレとしては、「ヘンダーソンこそジェラードの後継者にふさわしい!」と言っている。
そう捉えていいと思います。

また、オブラートに包んではいますが、世界最高のクラブでプレイしたいなら、ヘンダーソンのようなプレイヤーがいるクラブを選べ!・・・というのは、ちょっとだけスターリングのことを頭に浮かべていたのかもしれませんね。

コロ・トゥーレは、だいぶスターリングのことを心配していましたし。

でもきっと、いい方向へとチームは回っていくことと思います。
今シーズンの残り試合は、他チームの成績など気にせず、とにかく一試合、一試合に集中し、来シーズンへと繋がる確かな何かをつかんでほしいと期待します。