ジョーダン・ヘンダーソン 「今夜はみんなが失望している」

日本時間、早朝に開催されたハル・シティ戦。
この敗戦は、単に一試合を落とした・・・ということ以上の重いものになるように感じます。

過日、マンチェスター・ユナイテッドとアーセナルに連敗したときも非常に痛い結果でしたが、ウェスト・ブロムとハル・シティを相手にいずれも勝てなかったことのほうが、今後のリバプールの在り方に影響する出来事だったとも思います。

さて、試合を振り返って、ゲーム・キャプテンを務めたジョーダン・ヘンダーソンがコメントしていますので、ちょっとだけご紹介したいと思います。

(JH)
とても残念だ。
僕達は高い目標を設定していたし、ここで勝つつもりだったからね。
ハル戦は、難しい試合になるとは分かっていたけどね。

彼等は、生き残りをかけて戦っている。
そのことが、事態を難しくしたんだ。
ウェスト・ブロムとの試合も同様だったよ。

残念ながら僕達は、それを突破することが出来なかった。
僕達には、もっと上手くやる必要があったんだ。
とても失望しているよ。

チャンスも作れたし、ボールを持ってポゼッションも出来た。
でも、フィニッシュが出来なかったね。
僕達はもっとファイナルサードのエリアを再構築する必要があると思うんだ。

それが出来れば、必ず相手を倒せるだろうね。

僕達は、戦い続けなければいけないんだ。
みんなが失望していることは明かだよ。
早く、次の試合、QPR戦に切り替えないとね。

とにかく、残り試合を勝つことだよ。
その上で、僕達がどうなっているかを見るしかないね。

僕達には、仕事をし続ける必要があるんだ。
今夜は、みんなががっかりしているよ。

でも、僕達は今一度、立て直さなければいけないんだ!

ヘンダーソンとして、精一杯のコメントだったと思います。

ポゼッションすれどもゴールに繋がらず・・・・。
プレイヤーの交代の仕方も含めて、まるでウェスト・ブロム戦をコピー&ペーストしたような試合でした。

おそらく、プレイヤー達は、私が思う以上にショックを受けているだろうし、どこに目標を置けばよいのか?を迷っていることでしょう。

QPR戦で、どんな策を取り、勝ちに行くのか?
どんな風に改善を図ろうとしている部分が見えてくるのか?

いろいろな意味を含めて、次の試合は、リバプールにとって来シーズンへ向けての動きを占う大きな試合になるかもしれませんね。

ハル・シティ戦の結果と感想

さきほど、アウェイでのハル・シティ戦が終了しました。

何と形容していい試合内容だったか?
結果は、1-0でリバプールの敗戦。

ウェスト・ブロム戦が低調なパフォーマンスだったけでに、システムあるいは戦い方を変えてくるだろう・・・と、予想していたのですが、バロテッリをトップに配するシステムは、ほぼウェスト・ブロム戦を踏襲したものだったし、かといって各プレイヤーが担う役割も、さほど変化があったとは思えませんでした。
ポゼッションすれど勝てず・・・・というところまで、同じ。

さらに、これまたウェスト・ブロム戦に似たような形で、65分の段階で2枚替え。
ランバートとララーナを投入したわけですが、当然、この時点で、戦い方に変化を加えるべきだったと思います。
早めに前線へボールを入れ込み、ランバートにあずける・・・とか。

しかし、ほとんどそういった気配は見られず、何となく90分間が過ぎてしまった感が否めません。

相手がハルとはいえ、マンチェスター・ユナイテッドがエバートンに完敗し、今日の試合は、リバプールにとってはビッグマッチだったと言っていいでしょう。
そして、恒例のように、ここ一番という試合で、低調なパフォーマンスを繰り返し、勝てない・・・・。

リバプールのこの勝負弱さは、どこに原因があるのか?
残念なことですが、これだけ「勝たねばならない試合」を落とし続けていたら、ヨーロッパのカップ戦で結果を出せないのも、もはや必然だと思えてきます。

なにやら、不本意のうちに終わったウェスト・ブロム戦のコピーを見ているような試合でした。
残念です。

今日の試合の敗因を一言で表現すれば、悲しいかな「無策」という言葉が浮かんできます。

このまま新しいシーズンを迎えて大丈夫なのか?
何も得られず、いやむしろ自信喪失状態で、オフに入ってしまうのではないか?

今のリバプールには、何らかのカンフル剤が必要な気がします。

無念なのは、前述したように、不本意な結果を招いたウェスト・ブロム戦での失敗を改善するための、手立てが何ら感じられなかったこと。

ひとつだけ例をあげれば、ラヒーム・スターリングは、絶好調のときと比べ、明らかにコンディションが落ちているので、休ませて、フレッシュなプレイヤーを投入する策だってあったのでは?など、疑問が多く残る試合となってしまいました。

果たして、こういった戦術、プレイヤーの起用をしていて、補強で良いプレイヤーを取れたからといって、劇的に強いチームになるとは考えにくい。
やはり、チームの方向性を今一度見直し、根本的に戦術、そしてチーム戦略を構築し直す時期に来たのではないでしょうか。