メンフィス・デパイ獲得レースはユナイテッドよりリバプール(PSV幹部)

メンフィス・デパイ獲得へ向けた動きに関しては、これまでも何度となくお伝えしてきましたが、リバプールが合意に近づいている!という情報が入ってきました。

発信元は、PSVのスポーツ・ディレクター、マルセル・ブランズで、リバプールが最も近い距離にいる!と、認めた模様です。

メンフィス・デパイは、現在オランダのリーグ、トップスコアラーで、PSVの躍進を支えている若者です。
オランダ代表としてもお馴染み。

マンチェスター・ユナイテッドもデパイ獲得を熱望していると言われており、ファンハール監督とは代表で縁もあるわけですが、マルセル・ブランズは、リバプールがリードしていると認めたとのこと。

一説には、ユナイテッドの補強部門がPSVに電話をしたとき、受け答えしたのがブランズだとも言われており、彼が発言したとなれば、リバプールとの交渉がかなり進んでいる!と、見ることができそうです。

ちょっぴりですが、マルセル・ブランズの発言をピックアップしてみましょう。

(MB)
PSGとリバプールが、明らかにマンチェスター・ユナイテッドよりもデパイ獲得に近い位置にある。
ユナイテッドは、関心があることを伝えて来ている程度だね。

彼に興味を示すクラブは、ここ数週間で増えている。
でも、言われているように、バイエルンが彼の獲得に動くことはないだろうね。

彼はまだ、若いプレイヤーだが、とっても有能だよ。
誇っていいと思う。

この時期に、これだけ多くの移籍話があることは、滅多にないよ。
それだけ多くのクラブが、メンフィスに関心を寄せているということだろうね。

今回は、PSVの幹部筋からの話であり、これまでの報道とは、その持つ意味合いが違うと思います。

また、一部のメディアが報じていたように、やはりユナイテッドは、手続き上の遅れを取った!と、考えてよさそうです。

PSGかリバプール!と、名前が出ましたが、これまでの報道を総合的に勘案すれば、デパイはプレミアを選ぶであろうと言われています。

あくまで、私の印象からですが、近年においては、プレミアで成功するプレイヤーはセリエAからやって来たプレイヤーよりもオランダからの補強組の方が成功している感があります。

リバプールでいえば、ディルク・カイトやルイス・スアレス。
トッテナムのエリクセンもいいプレイヤーですね。

移籍市場が開かないと、まだまだ何とも言えませんが、この時期としては、非常にポジティブな情報が入った!と、言っていいでしょう。

フラナガンのキャリアのために手術を選択した(ブレンダン・ロジャーズ)

若き、地元っ子、ジョン・フラナガンが膝の手術をすることになる・・・・と、昨日お伝えしましたが、ブレンダン・ロジャーズのコメントが公式に出ました。

結果から書くと、手術を行い、6ヶ月~9ヶ月の離脱となるとのこと。
若者にとって、あまりにも長い離脱期間になりますね。

しかしブレンダン・ロジャーズは、フラナガンがチームにとって、どれだけ大切な存在であるか!を強調し、「彼と彼のキャリアのための選択」としています。

単純な怪我ではないようで、かなり心配ですが、フラナガンが再び立ち上がる日まで、ファンの声で支えたいですね。

ブレンダン・ロジャーズは、前述したように、フラナガンが重要なプレイヤーであることを再三語っており、クラブとしても全力をあげて、その治療、リハビリをバックアップするものと思われます。

療養期間も6ヶ月~9ヶ月という、かなり概算的なものなので、来シーズンの固定戦力としてカウントすることは、悲しいかな出来ないことでしょう。

そうなると、昨日も書いたように、サイドバックが出来るプレイヤーの確保が急務ですが、リバプールというチームを知っていると、いないとでは、戦術や連携を理解する上でも、それに要する時間がまったく異なります。

皆さん、ご存知のとおり、サイドバックに関しては、まずホセ・エンリケは大丈夫なのか?と問われれば未知数。
チームを去る可能性さえ考えられます。

また、グレン・ジョンソンには契約延長のオファーを出しておらず、フリー・トランスファーで出て行ってしまう方向とのこと。

たとえば、今シーズンの残り試合で、マンキージョを起用してみて、フィット感を試すなどの策があってもいいように思うのですが・・・。

ただ、どう考えても、プレミアでトップ4を争うチームになるならば、サイドバックが絶対的人数不足・・・という実状は否めません。

さて、クラブはどんな判断を、どのタイミングですることでしょう?

とにもかくにも、フラナガン自身が一番失意を抱いていることでありましょう。
彼が元気に戻って来るまで、ファンとして何か出来ることを、ちょっとずつでいいから、していきたいですね。

メンフィス・デパイは99.9%プレミアへ行く

今や、リバプールとマンチェスター・ユナイテッドが獲得を競うターゲットとして、一躍注目を集めているのが、PSVのメンフィス・デパイ。

このデパイについて、「99.9%プレミアへ行くことになるだろう」と語っているのは、チェルシーやPSVでスポーティング・ディレクターを務めたフランク・アルネセンです。

アルネセンは、PSVで13年間に渡り仕事をし、プレミアのことも熟知している上で、デパイは新天地を求めるだろうと、確信しているようです。

ちょっとだけアルネセンのコメントをご紹介すると・・・・

(FA)
私としては、99.9%、プレミアへ行くと思うよ。
彼は、成功を収めることだろう。

今シーズンの彼もずっと見てきたし、21歳にして、より強く、より強くなっているよ。

彼を止めるのは、難しいことだ。
エールディヴィジとは、まったく異なる環境だから、多少時間がかかったとしてもね。

はじめから、あまりに大きな期待を抱かないでほしいんだ。
しかし、彼は間違いなく、大きな才能を持っているし、プレミアリーグで上手くやっていけるだろうね。

デパイに関しては、リバプールとユナイテッドの他、PSGもターゲットにしているという噂がありますが、アルネセンの言葉を信じるとすれば、リバプール対ユナイテッドという構図になりそうです。

とにかく、デパイの移籍に関する記事は、連日のように多くの量が報じられていますが、それらを私なりに総合的に解釈しようとすれば、リバプール有利!と、考えている筋のほうが多いようです。

どうも、ユナイテッドは、関心を示しているとしながらも、手続き上でのもたつきがあった模様で、アポイントの最初の段階で躓いたということも聞きます。

オランダのリーグからやって来たプレイヤーは、結構プレミアで成功している例も多いし、ここは期待して朗報を待ちたいと思います。

ダニエル・スタリッジが再びアメリカへ

度重なる負傷に悩まされているダニエル・スタリッジですが、今一度アメリカ、ボストンへ渡り、手術の必要性も含めて検査を受けるそうです。

このことにより、今シーズンはスタリッジ不在で残り試合を戦うことが、事実上決まったと言っていいでしょう。

オーナーのお膝元ボストンには、優秀な医師がいると言われますが、スタリッジは今シーズン半ばにも渡米しており、今回はより緻密な検査、治療が行われるものと思われます。

同じ怪我でも、スタリッジのように根本的原因が不透明なケースでは、時間をかけてでも、じっくり診てもらう必要があるでしょうし、来シーズンのスタートへ向けて、万全の状態になってほしい!と、願うばかりです。

負傷が長引いているといえば、ジョン・フラナガン、ホセ・エンリケも同様で、日頃のトレーニング・メニューに工夫を加えることや、メディカル・スタッフとの緻密な連携を取ることが必要ではないかと思います。

今シーズンは、何かと誤算の多い年でしたが、一番予想外だったのは、やはりエース、ダニエル・スタリッジが、ほとんど試合に出られなかった・・・ということだと言っていいでしょう。

ぜひ、根本的に原因を究明して、憂いなくプレイに専念できるフィジカルで、戻って来てほしいと思います。

いずれにしても、スタリッジの治療は、ある程度長期になると考えたほうがよさそうなので、エースたるストライカーの補強が必須になってきたと思います。
・・・・って、補強が必須なポジションが多くて、困りますね~(^_^;)

スタリッジには、根気強く、しっかりと治療を受けて来てほしいですね。
来シーズンは、よい年となりますように。