スティーブン・ジェラード 「残り試合で最大限の勝ち点を取り、プレッシャーをかけたい」

昨日のQPR戦で、決勝ゴールを決めたのは、キャプテン、スティーブン・ジェラードでしたね。
心なしか、普段よりも静かな印象を受けたアンフィールドですが、このときばかりは、熱狂と歓声に包まれました。

キャプテンが、どれだけコップ達に愛されているかということの証でありましょう。

一度PKを失敗し、その後、気迫の飛び込みでヘッドを決めたキャプテンですが、試合を振り返ってのコメントをしています。
ここでは、その一部ですが、簡単にご紹介してみようと思います。

(SG)
お粗末なPKになってしまったから、がっかりしたよ。
気持ちを切り替えて、奮い立たせたんだ。

PKを蹴るときには、私は全責任を負っている。
だから、失敗を補えたこと、チームが3ポイントを獲得できたことは、よかったね。
私達にとって、大きな勝利になるよ。

私は、ロブ・グリーン(QPRキーパー)のことを出来る限りよく見てきたし、彼は左、私から見て右に動くように感じさせたんだ。
そのことが、私の考えを変えさせた。
それでも、彼が正しく読んでいたとしても、決めるようでなければいけないね。

私は、PKの失敗に、すごくがっかりしていたけど、みんながハッピーで家に帰れる結果になって、本当によかったよ。
3ポイントを取れたのだからね。

残っている試合で、最大限の勝ち点を取って、プレッシャーをかけていきたいね。

PKを失敗すれば、誰であってもショックを受けることでしょう。
しかし、自らの力で、その失敗を挽回する精神力。

これは、多くの大舞台で経験を積んできたからこそ出来ることではないでしょうか。

キャプテンは、残りの試合で、最大限の勝ち点を!と、語っていますが、昨日、マンチェスター・ユナイテッドが敗れたことにより、かなり状況が変わってきました。

リバプールとしては、残り3試合を全勝することに集中するしかないわけですが、仮にリバプールが勝ち点9を取った場合、マンチェスター・ユナイテッドが1勝、1分、1敗以下であれば、リバプールが、勝ち点で上回ることになります。

可能性という意味でいけば、前節までよりも開かれた!と、言っていいでしょう。

そして、何はともあれ、最後まで諦めない姿を見せてくれることが、ファンにとってのプレゼントではないでしょうか。

昨日のキャプテンのヘッドが、イスタンブールの奇跡と同じ道を呼び戻してくれることを祈って。

ルイス・ガルシア 思い出の日

2005年の今日、5月3日は、リバプールファンにとっても、ルイス・ガルシアにとっても忘れがたい日。

この日は、チャンピオンズリーグ・準決勝セカンドレグが行われ、リバプールはチェルシーと対戦。
アウェイでのファーストレグは、スコアレスドローだったわけですが、アンフィールドで値千金のゴールを決めたのがルイス・ガルシア。

1-0でリバプールが勝利し、この後、あのイスタンブールの奇跡へと続くわけですね。

この大会のルイス・ガルシアは、劇的な仕事をしていたと思います。

リバプールは、プレミアリーグで決して好調といえない年でも、ヨーロッパのカップ戦では強さを発揮し続けて来たという印象があります。
そのことを今、思い出してほしいですね。

ヨーロッパでの実績は、どのビッグクラブにも引けを取らないわけだし、自分達の強さ、歴史を信じて、今一度、ビッグタイトルを狙うチームとして戻って来てほしいと思います。

この日のヒーロー、ルイス・ガルシア。
実に、花のあるプレイヤーでした。

今もなお、コップから愛される存在だと言っていいでしょう。

あのときのイスタンブール。
キャプテン、スティーブン・ジェラードが退団することにより、その栄光を知っているプレイヤーはいなくなります。

新しい栄光の歴史を若いプレイヤー達が、自ら築いていく!
そういうことだと思うし、リバプールというクラブが、ヨーロッパでもいかに偉大かを誇りに思い、今一度、ビッグイヤーを掲げてほしいですね!

マルティン・シュクルテルに新たな3年契約をオファーか

一時期、ブンデスリーガ、あるいはセリエAへ移籍するのではないか?と、報じられたマルティン・シュクルテルですが、数日後に彼自身が、そういった噂を完全に否定するコメントを出しています。

リバプールとしては、シュクルテルは重要な存在であると考え、新たな契約合意を急いでいるとのこと。

3年間の延長契約になる見通しのようです。
年齢からしたら、3年間という線で、落ち着くかもしれませんね。

シュクルテル本人は、リバプールで引き続きプレイしたい!と、明言しているし、おそらくは近々合意のニュースが入ってくるのではないでしょうか。

また、ジョーダン・アイブも更新間近と言われています。

となると、やはり注目を浴びるのはラヒーム・スターリングということになりますが、一部のメディアによると、マンチェスター・シティが、驚くべき週給を用意しているとのこと。
現在、リバプールが提示しているとされる金額の2倍・・・・・・。。。

ちょっと、シティの金銭感覚は、別次元にあるようです。

シュクルテルの話題に戻りますと、チームの支柱であったキャプテンが去ることから、貴重なベテラン・プレイヤーとなります。

今後の交渉がスムーズに進み、後顧の憂いなく、プレイに専念して欲しい!と、願っています。

スティーブン・ジェラード 「みんながハッピーで家に帰れたことが何よりよかった」

昨日のQPR戦は、まさに劇的な結末となりました。

決勝点となったキャプテン、スティーブン・ジェラードのヘッドには、魂が宿っていた!とさえ、感じます。

PKを失敗したシーンですが、おそらく「だいじにいこう」という気持ちが強く、普段よりも丁寧に蹴った結果、キーパーに阻止されたのではないかと、私は推測しています。

多くのプレイヤーならば、PK失敗で意気消沈することもあるでしょうが、キャプテンは違った。
自分のミスは自分で取り返す!という意志がボールに乗り移ったかのようなシュートでしたね。

さてキャプテンは、アンフィールドでプレイできる機会は、あと一試合しかないので、ゴールも狙いたい!と、語りつつ、昨日の試合で声援を送ってくれたファンに、感謝の言葉を送っています。

いよいよ、キャプテンの姿をアンフィールドで見られるのも、あと一試合のみになってしまいましたね。
ラスト・マッチは、キャプテンの動きを目に焼き付けたいと思います。

そのキャプテンですが、決勝ゴールをもちろん喜んでいるものの、「より重要なことは、チームが3ポイントをゲットし、みんながハッピーな気分で家に帰れたことだよ」と、語っています。

応援してくれたファンの笑顔が嬉しかったのでしょうね。

キャプテンのヘッド!といえば、あの日のことを思い出します。
起死回生、奇跡の逆転劇の狼煙となるのか!

昨日の勝ち方は、間違いなく、チームに意欲と活気を注入したことでしょう。
残り試合、全部勝って、キャプテンの花道を飾ってあげたいですね。

QPR戦の結果と感想

今さっき、アンフィールドでの対QPR戦が終了しました。
結果から書くと・・・・2-1でリバプールの勝利!

試合展開としては、まず19分にフィリペ・コウチーニョが美しいゴールで先制。
先制した後、追加点を奪うチャンスを逃す中、73分にはセットプレイから同点に追いつかれ、嫌な流れに・・・・。

その後、ペナルティ・エリア内でシュクルテルが倒され、PKを得たものの、キャプテンのキックはキーパーに止められてしまいました。

ですが、ここで決定的な仕事が出来ることが、スーパースターなのでしょう。
87分に、キャプテン渾身のヘディングが決まり、これが決勝点となりました。

ファーストハーフは、ピッチがウェットだったことも影響してか、パスが微妙にずれているシーンが目立っていたと思います。
しかし、徐々にペースをつかんだのはリバプール。

流れを生んだのは、前線でのリッキー・ランバートの働きが大きかったと思います。
ボールがない場所での動きもよかった。
ランバートがいることで、ララーナやスターリングも前を向いて走り込む形が出来ていたと感じます。

いまさらですが、リッキー・ランバートというプレイヤーは、じっくり時間を与えてあげれば、しっかり仕事をするタイプなので、今シーズン、もっと起用していたら・・・という思いもわいてきます。

また、改善すべき点は、ゴールを決めるべき時に決めないと、厳しい状況になるということを肝に銘じて、今後の糧にしてほしいと思います。

少なくとも、同点に追いつかれる前に、あと2点は取れるシーンがあったのではないでしょうか。

しかし、そうは言っても、キャプテンがヘディングで決勝ゴールを奪ったのですから、素晴らしい終わり方!
ただ、それだけです。

アンフィールドで残された時間は、あと90分のみ。
キャプテン、歓喜の笑顔を見られてよかった!
心から、そう思います。

最後になってしまいましたが、68分からピッチ・インしたジョーダン・アイブは、やはり素晴らしいと感じました。
常にゴールを意識した動きをしているし、相手ボールに移ったとしても、決して諦めずに並走して、何としてでも奪い返そうという姿勢が伝わってきました。

19歳、リバプールの新しい時代を築く一人になるのではないでしょうか。

それにつけても、キャプテン、スティーブン・ジェラードの決勝ゴール。
幾多の修羅場をくぐり抜けて来た男の強さを見ました。

ありがとうキャプテン。