ペトル・ツェフのリバプール入りはあるのか?

ゴールキーパーの補強が必須と言われているリバプールですが、ここ最近の報道を見る限り、ネト(フィオレンティーナ)の名前が一番多く出ている感があります。

しかし、メディアによっては、リバプールが必死にペトル・ツェフ獲得に動いていると報じているところもあります。

ツェフに関しては、アーセナル、インテル、ローマなどが獲得を希望していると言われてきましたが、ここ数週間の報道を見る限り、アーセナルが一番近いという印象を持ちながら、私は各記事を眺めておりました。

その背景のひとつとして、ツェフ自身が、プレミアでのプレイを望んでいるという説があります。

モウリーニョも、ツェフに関しては、本人の意向を尊重する・・・というような発言もしていたし、プレミア内での移籍という可能性は高いと考えるのが自然かもしれません。

ただ、チェルシーとしては、条件(金銭)面を満たせば、リバプールに放出することも厭わない姿勢とか・・・。

大切なゴールキーパーをアーセナルへ譲るよりは、リバプールのほうがいい?
なーんて、モウリーニョが考えている?・・・・と、思うのは、いささか自虐的になるので、やめておきます( ̄。 ̄;)

まったくの仮定の話でしかありませんが、ツェフであれば実直だし、プレミアのことも知り尽くしているので、すぐさまフィットするでしょうね。

ディフェンス・ラインの強化は、リバプールが抱える課題の中でも、優先順位が高いほうだと思うので、ぜひしっかりとした堅実な補強をしてほしいし、人を入れ替えるだけではなく、守り方の約束事を徹底したいですね。

安心できる守備があってこその攻撃ですし・・・。

昨シーズンは、スアレスとスタリッジという、とんでもないコンビがいたからこその成績だった・・・・と実感しています。
長いリーグを戦い、カップ戦でも負けないチームを作るには、やはりディフェンスの安定が優先事項かと思う次第です。

自分がモウリーニョだったら・・・・ううん、アーセナルに出すよりは、リバプールへ送りますかね・・・・・・。。。。
ロンドン同士よりもいいかな?という意味で。

アーセナルがベンゼマとベンテケをターゲットに? メディアより

今日は、暑い!って思うような日和になりましたね。
この季節になると、そろそろ春の花粉症もおさまる頃でしょうか。

なーんて、雑談をしてしまいました。。。

他所様のクラブの話を書くことは控えているのですが、今回は、リバプールのターゲットと噂される二人に関することなので、ご参考までにと・・・・。

一部の海外メディアが報じているのは、アーセナルが、レアルのベンゼマとヴィラのベンテケをセットで獲得する方針を最近になって固めたとか。

二人とも、リバプールの補強候補として、名前があがっていましたが、アーセナルはセットでのご購入を検討しているとのことで、総額予算は何と6800万£を想定しているとか。

内訳は、ベンゼマに3800万£、ベンテケに3000万£だとも言われています。

うん?ベンテケに3000万£というのは、リバプールが提示するであろう・・・とされて来た金額と同じですね。

アーセナル目線で考えてみれば、主な得点源はジルーであり、そこにサンチェスが加わる・・・という構図でしょうか。
そろそろプレミアのタイトルがほしいアーセナルとすれば、ジルーに加えて、強力なストライカーがほしい!という考えも理解できます。

あくまで報道ベースなので、信憑性は分かりませんが、仮にアーセナルがベンテケに3000万£を提示するのなら、リバプールとしては、上乗せしてまで獲得する必要はない・・・と、個人的には思うのですが。

ベンテケは、たしかに強いストライカーですが、リバプールのカラーとは、ちょっと違うような・・・・。

3000万£も出せるなら、他の眼もあると考えてしまいます。

まっ、このへんは、代理人の動きも含めて、駆け引きの世界でもあるので、冷静に状況を見てまいりましょう。

少なくとも、リバプールがベンテケに3000万£+1£を提示するようなことのないことを祈ります<(_ _)>

いずれにしても、今、一番大切なのは、まだ可能性のあるトップ4入りを諦めず、3戦全勝を目指すことかと考えます。
それで、マンチェスター・ユナイテッドが5位に落ちてくれば、自ずと状況も変わってくることでしょう。

リバプールがダニー・イングスを獲得する可能性など

以前から、補強候補の一人として目されているバーンリーのダニー・イングスですが、ここへ来て複数以上の海外メディアが、リバプールが獲得に近づきつつある・・・と、報じています。

将来への期待も含めてということだと思いますが、イングスに関しては、フリー・トランスファーになることもあって、他にもほしがっているクラブ、いわゆるライバルがいるのも事実だと思います。

大丈夫なのか?
・・・・と、ついつい思ってしまうのですが、別の視点で見ると、リバプールはトップ・クラスのストライカーを取る方針だと言われており、イングスを獲得したことで、終わってしまうのか?
その点は、少々疑問に感じる部分ではありますね。

メディアによっては、イングスを獲得することで、オリギとのツートップを形成できる!・・・と、書いているところもありますが、いずれも新加入で、未知数過ぎる気がするのですが・・・。

現行、在籍するプレイヤーとの契約延長交渉も、昨今、後手を踏んでいる印象のあるリバプール・フロントだけに、この夏の補強は、本当に大丈夫なのか?という、一抹の不安も残ります。

フリーでイングスが来てくれるなら、それは歓迎です。
しかし、それならば、もう一人・・・・正直に言えば強烈なインパクトのある生粋のストライカーがほしいですね。

なお、イングスに関しては、ジェイミー・キャラガーが、何度となく、「リバプールは取るべき」という趣旨の発言をしているので、プロの眼で見れば、リバプールに馴染むし、可能性があるということかもしれません。

ただ、来シーズンこそプレミアのタイトルを取る!と、ブレンダン・ロジャーズが言っていますが、そのためには、サプライズに近い大胆な補強も必要だと思うのですが・・・。
それだけの、仕事をフロントがしてくるのか?
待つしかない、見守るしかない歯がゆさと申しますか・・・・。

ちょっと話が飛びますが、ダニエル・スタリッジがこういった状況であったのですから、オリギがどれだけプレミアで出来るか?を確認するためにも、リールを口説いて、1月に戻す道はなかったのか?
今更な話ですが、ちょっぴり、そんなことを感じてしまいました。

イングス+ビッグネームなら、もちろん大賛成ですが・・・・。
さて、どういう展開になることでしょうか。

ダニエル・スタリッジは4ヶ月の離脱 開幕に間に合わず

アメリカへ渡り、手術を受けたダニエル・スタリッジですが、4ヶ月は復帰できない見込みであることをエコーが報じています。
となると、プレシーズンはもちろんプレイできないし、開幕も無理ですね。

正直なところ、実に痛いですが、この療養によって、再び輝きを取り戻せるならば、焦らずじっくり再起をはかってほしいと思います。

この「4ヶ月」というのは、フルトレーニングが出来るまで・・・という意味合いのようで、順調にいっても、試合に出られるのは9月下旬以降と考えておいたほうがよさそうです。

今後の公式発表を待ちたいと思いますが、太ももやふくらはぎの損傷に直結する腰部の問題が明らかになったともいわれ、その上で手術にふみきったわけですが、ポジティブに捉えれば、根本的な原因が究明され、それに対処した・・・・ということでしょうか。

スタリッジに関しては、自分のフィジカル回復を最優先にして、焦ることなく、しっかり治療を重ねてほしいと思いますが、クラブとしては、スタリッジの替わりになるようなストライカーの獲得が必須になったと言えるでありましょう。

ストライカー獲得については、既に動いているとは思いますが、スタリッジの離脱期間が、想像以上に長い・・・という事実が分かった今、より急ぐ必要性に迫られていると思われます。
出来れば、新戦力には、早い段階からチームに合流してほしいですからね。

スタリッジの長期離脱は、たしかに痛いですが、このことにより、痛みから解放され、本来の活躍が出来るなら、待ってあげるだけの価値あるプレイヤーだと思います。
主治医、そして医療スタッフにも、よろしくお願いしたいところです。

リバプールの補強候補にピルロの名前があがっているが・・・

率直に言って、ちょっと信じがたいような移籍報道が出ています。
リバプールとチェルシーがユベントスのピルロ獲得を検討している・・・というもの。

ピルロの残り契約期間は、あと1年であり、新天地を求める可能性も示唆しているということですが・・・。

どうも、この噂が出始めたのは、月曜日にピルロがした発言が影響を与えているようです。
「チャンピオンズリーグを手にしたとき、ユベントスでの私の夢は叶うだろう」
「しかし、まだ私はプレイしたいし、毎日のようにトレーニングに励んでいる」

ピルロに関しては、MLS行きも言われていたそうですが、プレミアリーグのクラブが関心を示していると報じられています。
それが、リバプールとチェルシーであると・・・。

私も、ピルロは偉大なプレイヤーだと思うし、その実績は讃えられるべきだと思います。
一説には、キャプテンが抜けた穴を埋めるためだとも言われていますが、35歳のピルロ獲得に、本当に動いているとするならば、リバプールの補強理念とは何なのか?と、疑問を抱くのも事実です。

万、万、万が一、ピルロがやって来れば、それはもちろん楽しみだし、チームによい刺激をもたらしてくれると思います。
それだけ、卓越したプレイヤーであることも事実だと思いますし。

一方、35歳のピルロが、今、あえて国外のプレミアリーグを選ぶのか?
リバプールの補強方針に見合うのか?
・・・という疑問も浮かんできます。

ただ・・・・、そのプレイスタイル、タイプからすれば、今のレッズにほしいタレントであるとも言えるとは思います。
それでも、この移籍話は、俄には信じがたいので、万が一、実現するようなことがあれば、ファンとしても、びっくりですね。