フィリペ・コウチーニョ 「スティーブン・ジェラードがしてくれたことすべてに感謝したい」

まだ、俄には信じられないというか、遠い日のように思えると申しますか・・・。
キャプテン、スティーブン・ジェラードのアンフィールド・ラストマッチが、いよいよ明後日となりましたね。

キャプテン本人は勿論のこと、チームメイト、コップ達も感慨深い日、瞬間になることでしょう。

ジェイミー・キャラガーは、「泣くなジェラード」と、言っていましたが、そんなことを言われたら、余計に泣きたくなりますよね。
というよりも、キャプテンが我慢しても、スタンドの、いやテレビの前にいる世界中のファンが、涙するのではないかと。

さて、今シーズン、最もレッズで輝いたであろうフィリペ・コウチーニョが、いかにジェラードから多くのものをもらったかを語っています。

(PC)
とっても感情的なものになるだろね。
スティービーは、フットボールの偉人だよ。

ぼくは彼に、ピッチ上でも、外であっても、限りない賞賛をおくりたい。
彼は、誰もが一緒にやれるようにするために、惜しみない努力をする人柄なんだ。

彼こそは、このクラブの歴史にあって、最も偉大なプレイヤーの一人だよ。

スティービー、最後のアンフィールドでは、すべての人々が心揺らされることになると確信しているよ。

ぼくは、彼から大きな影響を受けたし、彼がしてくれたことすべてに感謝したい。

彼のことをずっとずっと見ていきたいよ。
トレーニングの姿も含めてね。

彼は、年少者でも年長者にでも、公平に接してくれるんだ。
本当に、無欲な人だよ。

彼と一緒にやれた2年半に、心から感謝したい。
たくさんのことを学ぶ機会をもらったんだ。

彼と一緒に、毎日トレーニングが出来たことは、本当に光栄だったよ。
一緒にプレイできたことも勿論さ。
そのことは、ぼくにとって、あまりにも大きな日々だった。

ぼくは、彼と、彼の家族が、素晴らしい道を歩んでくれることを心から祈っているよ。

ありがとう。

コウチ。

口数が多いとは言えない彼が発する言葉ゆえか、胸を打つものがあります。

しかも、最後に「ありがとう」なんて。

まだ、土曜日は来ていません。
でも、今からもう感情が高ぶりつつある自分を思います。

私からもお礼を。
コウチ、本当に、ありがとう!
土曜日は、素晴らしい、最高の夜にしようね!

リバプールのディフェンス候補にジョゼ・フォンテの名前も メディアより

この夏、リバプールとして補強が必要だと思われるポジションは、あげ出せばきりがないのですが、コロ・トゥーレが去る可能性が高い今、センターバックについても、補強ポイントのひとつだと言っていいでしょう。

センターバックとして、現在メディアで名前があがっているのは、サウサンプトンのジョゼ・フォンテ・・・。

フォンテとサウサンプトンとの契約は、2017年まであるそうですが、「適切な価格であれば放出する」ともされています。
ちなみに、フォンテに関しては、マンチェスター・ユナイテッドも関心を示しているとか・・・。

サウサンプトンのセンターバックといえば、どうしてもディアン・ロブレンの顔が思い浮かびますが、楽観的に、よい方向に考えれば、ロブレンとフォンテなら、いいコンビが組める・・・ということでしょうか。
2人にとって、やりやすいことは間違いないと思いますが・・・。

センターバックといえば、もう一つ、リバプールとして話をきちんと詰める必要があるのは、マルティン・シュクルテルとの延長契約合意ですね。

もし・・・シュクルテル、トゥーレと、2人のセンターバックを失う事態になった場合は、もしかしたら1人の補強では間に合わないかもしれません。
あとは、現在ローンに出しているセンターバックの未来を、リバプールはどう考えているのか?
そのへんも知りたいところです。

具体的には、コアテスとイロリですが・・・。

センターバックは、負傷をする可能性も高いポジションだけに、何人かのバックアッパーは備えておきたいところ。
リバプール補強部門の力量が問われるときと言えそうです。

ジェラードはリバプール史上最高のプレイヤー(ロビー・ファウラー)

リバプール栄光の歴史は、ビル・シャンクリーによって導かれ、それを受け継いだボブ・ペイズリーによって開花したと言っていいでしょう。

国内リーグでは向かうところ敵なし。
ヨーロッパでも最高峰に立つなど、黄金時代を築きました。

プレミアリーグとなり、マンチェスター・ユナイテッドに追いつかれ、抜かれたものの、イングランドのトップ・リーグ制覇回数は、長く断トツ1位であり続けました。

必然、そこには、英雄、レジェンドと呼ばれるプレイヤー達が生まれ、今もなお多くのファンから愛されています。
代表例といえば、ケニー・ダルグリッシュやイアン・ラッシュでしょうか。

そんな偉大な歴史を持つクラブにあっても、ゴッドことロビー・ファウラーは、リバプール史上最も偉大なプレイヤーは、スティーブン・ジェラードである!と、語っています。
私も、そう思います。

思えば、リバプール史上最高のプレイヤーの現役時代をリアルタイムで見られた私達は、この上ない幸せ者ではないでしょうか。

(RF)
私にとっては、スティーブン・ジェラードこそ、リバプール最高のプレイヤーだ!
人々はいつも、スティーブン・ジェラードか?ケニー・ダルグリッシュか?と、議論しているけどね。

私には、ケニーの全盛期を見る機会が、残念ながら少なかった。
でも、彼がどれだけ凄いプレイヤーであるかは、映像でも見てきたよ。

ケニーの世界だったね。
彼と一緒に過ごす中で、彼がどんな人物なのかも分かったよ。

でも私は、スティーブン・ジェラードのことは、最初から見て来たんだ。
彼の存在は、計り知れないほどだよ。

彼は、長い年月にわたり、リバプール一筋を貫いて来た。
そして、彼自身の力で、勝利を呼び寄せたんだ。

リバプールのトップスコアラーの記録を見るとき、私の名前は、スティーブン・ジェラードとケニー・ダルグリッシュの間にあることだろう。
この2人の偉大なプレイヤーにはさまれて、私の名前があるんだよ。
何て、光栄なことだろう。

多くの人々が、彼のピークといえば、イスタンブールをあげることだろうね。
でも、私がスティービーを思うとき、それはFAカップ決勝のウェストハム戦だったと考えているんだ。

あの時、チームは、もうダメだと思ったよ。
ただ一人、スティーブンだけが、勝利の可能性を握っていた。

90分を過ぎて放たれたキックは、本当に素晴らしいものだったね。
あの距離からの正確性と強さには、驚かされたよ。
そして、リバプールがトロフィーを掲げることになった。

ビッグゲームのときには、いつだって彼が成し遂げたんだ。
リーグカップ、FAカップ、UEFAカップ、そしてチャンピオンズリーグとね!
彼こそが勝者なんだ!

ゴッドーーー!

ダルグリッシュは素晴らしい。
しかし、自分はスティービーの姿を実際にずっと見てきた。

だから、私にとってのベストはスティーブン・ジェラードだ!と、語るロビー・ファウラー。

ファウラーが言うとおり、ゴールの数や出場数だけでは計れない勝負強さ、諦めない力をキャプテンは、いつも発揮していたように思います。

そんなキャプテンがアンフィールドに別れを告げる日が近づいてきました。
これから、多くの人々が、キャプテンへの餞の言葉を送ることでしょう。

週末のアンフィールド。
すごいことになりそうな予感がします。

ラファ・ベニテス 「イスタンブールのこと、ジェラードのこと」

リバプールの監督といえば、ビル・シャンクリー、ボブ・ペイズリーが偉大な歴史をもたらした双璧と言えると思いますが、イスタンブールの奇跡というフットボール史上に残る激戦を演じた際に、指揮を取っていたラファ・ベニテスの名前も、ファンの間では、長く語り継がれることでしょう。

よく言われることですが、ベニテスは、リバプールが大のお気に入りで、いつかはもう一度監督を務めたい・・・という希望を持ち続けているともされています。

現在の事実関係は分かりませんが、リバプールの自宅も売らなかったとか・・・。

そんなベニテスですが、キャプテン、スティーブン・ジェラードがリバプールを去るにあたり、イスタンブールでのミラン戦を振り返りつつ、キャプテンに敬意を込めたコメントをしています。

(RB)
私は確信をもって言う。
セカンドハーフでの1点目のゴール(ジェラード)がキーになったんだ。

スティーブンは、いつだってお手本だったよ。
彼がいたから、他のプレイヤー達もうまくやれた。
彼には感謝したいね。

スティーブンは、チームメイトと話すことにより、助けになっていた。

イスタンブールの夜、彼こそが違いを生み出せると、みんなが知っていたよ。
だから、みんなが、彼についていったんだ。

時に、物事がダイナミックに変化することがあるんだ。
スティーブンのゴールが、まさにそれだったね。

ゴールを決めたときに、彼がしたリアクションで、みんなが奮い立ったんだ。
私は、そのことにより、運動量も変化し、ファンの反応が、私達にエネルギーをくれたと思っているよ。

スティーブンがいてくれると、情熱をもらうことが出来るんだ。
そしてプレイヤーは、パワーを得て、素晴らしい才能を発揮し、それはパス、ヘディング、シュートとして顕れる。

彼は、完璧なプレイヤーだよ。
異なるポジションでも素晴らしいプレイをすることが出来るしね。

あの夜、彼をセカンド・ストライカーの位置へ上げる前は、ミッドフィールダーとしてプレイしていた。
スティーブンとルイス・ガルシアが一緒のラインでプレイできるようにしたんだ。
ミランは、それを止めることが出来なかったね。
追加タイムでのスティーブンは、フルバックの役割までこなしたのだからね。

ポルトガルで、初めて彼に会ったときのことを憶えているよ。
実に興味深かった。

彼は、私が一緒にやって来た中で、最高のプレイヤーの一人だ。
彼は、ボックス・トウ・ボックスタイプのミッドフィールダーだったが、他のポジションでもプレイすることを学んでいったんだ。

私達にとって、彼のベスト・ポジションはといえば、フェルナンド・トーレスの背後にいるときだったね。
彼の素晴らしいファースト・タッチとパスによって、トーレスは、ゴールを量産できたんだ。

さらに、その背後にマスチェラーノやシャビ・アロンソあるいはルーカスを配置することにより、強さとバランスを兼ね備えたチームが出来た。

私達のキャプテン、それはジェラードだよ!
リバプールから離れても、彼は素晴らしい存在であり続けるだろう。

感動的・・・という言葉を遙かに超えたイスタンブールの奇跡、その衝撃!
3点のビハインドにもめげず、1点目を返した直後に、キャプテンが見せたパフォーマンスが忘れられません。

そこにいる、すべての人々を鼓舞するような姿は、まさしく本物のキャプテン!

いくつもの偉大な歴史を築いてきたレッズのキャプテンが去る日。
スタジアム内に限らず、世界中からの声援をアンフィールドへ送りたいですね。

・・・・それにしても、トーレスの背後にジェラード、その後ろにマスチェラーノ、シャビ・アロンソかルーカスって・・・・ううん、今思えば、何と素晴らしい面々だったことでしょう。

ジョーダン・アイブが5年間の契約延長へ!

19歳のジョーダン・アイブ。
若くして、巧さと強さを兼ね備え、ティエリ・アンリから、その戦術眼を絶賛された若者は、リバプールの宝になる可能性が大きいと、私は思っています。

そのアイブですが、現行制度では最長の5年契約がまとまり、来週にも発表の予定だと、エコーは報じています。
2020年までの長期契約ですね!

アイブは、絶対にチームに確保しておきたい!と、思っていただけに、嬉しいニュースです。

実際、この1月にダービー・カウンティから戻って以来、アイブは主力級として活躍しているし、大幅な週給アップも当然といえば当然に思います。
(これまでが、他のレギュラー・クラスと比べて、非常に低かったですからね。。。)

アイブの話がまとまると、現有戦力としては、ダニエル・スタリッジ、フィリペ・コウチーニョ、ジョーダン・ヘンダーソンに続く契約延長が実現することとなります。

今後は、やや苦戦しているとも言われるマルティン・シュクルテルの契約延長の話し合いが活発化することでしょう。

実は、アイブは代理人を持たず、家族とだけ相談して決める・・・と、話しており、スムーズにいくかと思いきや、昨日あたりは、「ジョーダン・アイブも延長契約が不調」という記事が出ていました。

私は、スターリング効果が波及してしまったか!?と、ちょっと心配していたのですが、そういったネガティブな記事が出た直後に、こういった動きが出来たことは、一定の評価が出来ると思っています。

これで、ますます、スターリングの動向に注目が集まるとは思いますが、ポテンシャル的には、ジョーダン・アイブだって、スターリングを超える逸材として成長する可能性を秘めている!と、私は思っております。

アイブには、まだまだ多くの未来があります。
リバプールの中核として、大きく羽ばたいてほしい若者です。

公式発表、朗報も目の前のようです。
まずは、よかった。