ジョーダン・ヘンダーソン 「スティービーは常に僕を信頼してくれていた」

2265__9489__gerrard1000_5559797077d82883658548_517X310
スティーブン・ジェラードが、リバプールに別れを告げる日が、近づいてきましたね。
公式戦も週末のストーク戦を残すのみ。

当然、次のキャプテンは誰か?という話題も出ますが、普通ならジョーダン・ヘンダーソンなのでしょうね。
もし、ヘンダーソンでないならば、それはそれで驚くことになるでしょう。

さて、そのヘンダーソンですが、スティーブン・ジェラードから多くのことを学べた若者達は幸せ者だ!という趣旨の発言をしています。

(JH)
私達のチームには、良い若手がたくさんいる。
スティーブン・ジェラードという、学ぶには、これ以上ない存在の元にいたしね。
このことは、彼等のキャリアに、必ず大きな意味を持つことだろう。

次の試合では、良い結果を出す必要があるね。
そのことが、良い形で、来シーズンへと繋がっていけばいいね!

スティービーは、僕がクラブへ来てからすぐに、いろいろと助けてくれたんだ。
厳しい状況にあっても、どのように対処すべきか、懸命にやることなどを、僕の近くで教えてくれたよ。

彼が、僕のことを信頼してくれていることを、いつも感じていたよ。
それがあったから僕は、自分らしさを発揮することが出来たんだ。

ちょっと辛いことがあったときには、スティービーは側にいてくれたよ。
良いことがあったときも、そうだったんだ。
彼は、僕のキャリアに計り知れないほどの影響を与えてくれたよ。

スティービーが、チームにいないときには、彼のやり方を試してみたんだ。
自分に出来るベストを尽くしたよ。
それこそが、僕がしたことのすべてなんだ。

JS54968707

私が勝手に思っても、何の影響もないのですが、スティーブン・ジェラードの後継者、次期キャプテンは、ジョーダン・ヘンダーソンでいいんじゃないですかね?

ヘンダーソンの言葉の中に、「スティービーが信頼してくれていたことが分かった」という部分がありましたが、これは非常に重要なことだと思います。
たとえば、サラリーマンの世界であっても、「信頼されている」と思えることは、幸せなことだし、やる気も出ますよね。

それにしても、素晴らしいキャプテンでした。
そして、同じく素晴らしい副キャプテン。

最終戦がアウェイということで、ブレンダン・ロジャーズが、スティーブン・ジェラードをどういう形で起用してくるのか?ちょっと予想がつきませんが、個人的願望としては、極力長い時間帯、ジェラードとヘンダーソンの中盤を見たいと願っています。

これで最後ですからね。

アウェイということもあり、若干難しいかもしれませんが、勝利したならば、今度こそ、ピッチの中央で、キャプテンの躰を高々とみんなで掲げてほしい。
ストーク・ファンだって、受け入れてくれることでしょう。

イングランド代表のキャプテンでもあったのですから・・・・。

とにかく、ジョーダン・ヘンダーソンには、これからの時代を担うリーダーとして、ますますの活躍を期待したいと思います。

ストーク戦(プレミア最終節)の試合日程などなど

2497__3809__stoke_prem_away_1000x600_517X310 (2)
早いもので・・・と、申しますか、長かったー!と言いますか・・・・。
次節で、プレミアリーグもフィナーレとなりますね。

リバプールの最終戦は、アウェイでのストーク・シティ戦。

まずは、試合日程から。
・キックオフ:日本時間、5月24日(日)23:00
・会場:ブリタニア・スタジアム

気になるのは、放送予定ですね。
私は、いやーな予感がしていたのですが、現時点で放送予定は未確定のようです。
最終節は、降格争いに関係する試合がセレクトされる場合が多いので、ちょっと心配です。

もう、「スティーブン・ジェラードのラストマッチ!」ということしか、売りはないような(;゜ロ゜)

ブリタニアでの試合は、常に簡単なものではありませんが、最終節まで敗戦という結果になった場合、かなりの失望感が拡がることでしょう。
さらに、もしキャプテンが出場して来たならば、キャリア最後の試合まで黒星という事態になってしまいます。

もう一つ、注意して見たいのは、ヨーロッパリーグ出場権をかけて、どこまでモチベーションを高めているのか?という点です。
ドロー以下だと、他会場の結果如何では、ヨーロッパリーグ出場権も失う可能性があります。

考えようによっては、ヨーロッパリーグがないほうが、来シーズンはアドバンテージがある・・・・とも言えますが、そのへんはプレイヤーやスタッフにとっても、まさに微妙な心境であることでしょう。

私として、よく見てみたいのは、いわゆるトップのポジションに誰を起用するのか?という点もあります。
少なくとも、クリスタル・パレス戦で見せた、スターリングのパフォーマンスは、良いものとは言えなかった。

これでも、ランバートの出番がないならば、もう来シーズンも戦力外だという評価なのだと思います。

いずれにしても、今シーズンのプレミアリーグも最後の一戦となります。
しっかりとストーク戦を見て、シーズンの総括などもしてみたいと思っています。

リッキー・ランバートの放出は既定路線か

SOCCER-Liverpool-140352-497975
昨シーズン、サウサンプトンでめざましい活躍をし、イングランド代表にも招集されたリッキー・ランバート。
「夢の実現」とまで言われた故郷リバプールへやって来たものの、出場機会に恵まれないまま、シーズンが終わろうとしています。

以前から、ランバートは放出候補・・・と報じられてはいましたが、具体的にランバートへオファーをしようという動きがあるようです。

今、名前が出ているのはボーンマス。
カップ戦で、リバプールとも対戦しており、お馴染みの名前かと思います。

現在ボーンマスは、チャンピオンシップ(2部相当)にいますが、プレミア昇格が決まっており、それに備えた補強が必要だという事情は、よく理解できます。

望まれて、そして出場機会が十分に与えられるならば、プレイヤーの幸せを考えることが第一だと思いますが、憧れのリバプールへやって来て、9番を背負ったランバートの胸には、どんな思いが去来していることでしょう。

プロの世界ですから、厳しいポジション争いがあって当然ですが、ランバートの場合には、今シーズンの致命的得点力不足という状況にありながら、あまりにも出場機会、チャンスが少なかったような気がして仕方ありません。

私としては、ちょっとランバートには、気の毒な一年になってしまったように思えるのですが、であるがゆえに、ランバート自身の希望を尊重してあげたいですね。

今回は、ボーンマスの話題をお届けしましたが、すぐにでもプレミアにフィットして、ある程度の活躍が望めるストライカーを必要としているクラブは、他にもあるはず。

放出されることが前提のように書いてしまいましたが、率直なところ、もう少し出場機会があってよかったのではないか?と、思えるプレイヤーの一人です。

何よりも、ランバートの幸せを考えたいと思っています。

リバプールはステファン・ヨベティッチ獲得に動くのか

jov-449076
この季節のことですから、各メディアは、移籍情報をたくさん掲載していますが、特にリバプールのストライカーに関しては、何が真実なのか?まーったく分かりませんね(・_・;)

以前、マンチェスター・シティ、ステファン・ヨベティッチの名前があがっていた時期がありましたが、ここへ来て再び、彼の名前がピックアップされています。
メディアの論調では、ブレンダン・ロジャーズが、特に希望しているプレイヤーとか・・・。

移籍金は、1200万£ほどを考えているようですが、報道のトーンを眺めていると、その資金確保の意味も含めて、マリオ・バロテッリとリッキー・ランバートは放出路線だとか・・・・。

ヨベティッチは、若い頃から、その素晴らしい才能を讃えられた良いプレイヤーですが、ジェラードが言っていた25ゴール~30ゴールを決められるストライカー・・・という点で考えた場合、大丈夫でしょうか?

そのへんは、ヨベティッチにお詳しい皆様のほうが、正確なご判断ができるかと思っています。

ヨベティッチ+もう一人!なら、もう言うことはありませんが・・・。

一方、ヨベティッチ自身の気持ちを考えてみたとき、おそらくもうシティに残る選択はしたくないでしょうね。
ちょっと、ペジェグリーニ体制の元で冷遇されていたのは、事実だと思いますし。

贅沢を言いすぎかもしれませんが、願望としては、アグエロに匹敵するくらいのストライカーがほしいな~なんて、思ってしまうのですが。

ルイス・スアレスが帰って来てくれれば最高ですが、それは無理な話(;。;)

ヨベティッチの件については、今後もっともっと記事が増えてくるようなら、改めてお知らせしたいと思います。

ひとつ心配なのは、ブレンダン・ロジャーズの強い希望ということですが、当の監督は大丈夫なのか?と、一抹の不安を感じざるを得ません。
FAカップ準決勝とアンフィールド・ラストマッチで見せた勝負弱さが、今後の処遇に影響するか?を見極める必要がありそうですね。

ラヒーム・スターリングのことを考えてみる

maxresde00fault
ここしばらく、契約延長問題で、ごたごたが続き、メディアの標的になっている感のあるラヒーム・スターリング。

まず、法的な面から考えれば、まだ契約期間は残っているわけだし、交渉のテーブルにつかなかったとしも、スターリング側に、何の非もありませんね。

ただ、フットボール界の慣習という面でいけば、なかなか難しい状況を招いているということは、否定できないだろう・・・・と、思っています。

将来性のある若手だし、リバプールで、じっくり成長して、やがてはチームを引っ張る存在になってほしいのは勿論ですが、自分自身、さらには周囲に良くない影響を及ぼしているならば、スターリング本人もクラブも、ただ、手をこまねいていることは出来ないと思うのです。

先日のクリスタル・パレス戦におけるスターリングのパフォーマンスは、決してよいものではなかったと思います。
また、昨今の彼は、最高潮のときのプレイと比べると、やや精彩を欠いている感も否めません。

フットボール以外の要素が、微妙にプレイに影響しているならば、その問題となっている部分をクリアしていかないと、状況はこじれるばかりだと思います。
何より、スターリング自身にとって、決して良いことではないと思うのです。

年齢と実績、双方から公正に見た場合、リバプールがスターリングに示している週給は、かなりの待遇かと思います。
それでも、イエス・・・と言えないならば、既にリバプールに心あらず・・・と、思われても仕方がないかと。

代理人制度の難しさでもありますが、若干二十歳にして、これだけこじれるということは、今後まだまだ残っているキャリアの中で、スターリングが契約問題に直面するたびに、一筋縄ではいかない状況になることも、十分に考えられます。

私としては、チームメイトに与える負の連鎖を心配しています。

たとえば、昨シーズンのルイス・スアレスやダニエル・スタリッジのように、驚異的なゴールをゲットし、目に見える結果を出していればともかく、シーズン二桁ゴールも決めていない現状で、あまりに法外な条件を要求するという姿勢は、正直に言って、好ましくな状態だと思うのです。

契約とは、大切なもの。
もちろん、それは頭ではよく分かります。

しかし、ファンの心をつかみ、尊敬されるビッグ・プレイヤーへと成長していく過程において、今、スターリングが置かれている状況は、決して好ましいものではない・・・・そんな風に思っています。

以前にも書きましたが、一番の問題は、スターリングの心が、今もリバプールにあるのか?
もう、リバプールから心が離れてしまったのか?
その一事だと思っています。

もしも・・・・ですが、既に心がロンドンへ旅立ってしまったなら、クラブ、フロントしても、どこかで決断すべき時が近づいているのではないでしょうか。

ジョーダン・アイブはスーパースターになれる!(スティーブン・ジェラード)

JS62080678
リバプールというビッグクラブを長年に渡り背負って来たスティーブン・ジェラード。
その存在があまりにも大きく、プレッシャーもあったでしょうし、一人で抱え込まなければいけない物事も数え切れないほどあったことでしょう。

私は、スティーブン・ジェラード以上に、コップから愛されたプレイヤーを他に知りません。

さて、そのレジェンド、スティーブン・ジェラードが、若きジョーダン・アイブについて、「適切なアドバイスを受ければ、将来のスーパースターになれる!」と、大きな期待感を表しています。

(SG)
クラブは試みているよ。
アカデミーのスタッフは、懸命にやっている。
彼等は何より、地元の若者を育成しようとしているんだ。

次なるキャラガー・ファウラー、ジェラード、オーウェンを生み出すためにね。

スタッフ達は、全力を尽くしているけど、それは、とても難しいことなんだ。

ジョーダン・アイブに関しては、ものすごいポテンシャルを持っているよ。
指導とアドバイスの元にね。

もし、彼が望めば、ひとつ先へ行ったとき、スーパースターになれることだろう。

QCdjB5HwFOTaWQ8X4xMDoxOjBzMTt2bJ
私自身のことを書いて恐縮ですが、ご存じの読者さんも多くいらっしゃると思うのですが、私はずっとジョーダン・アイブに期待をしており、追いかけてきました。

限りない可能性を感じるのです。
テクニック、スピードはもちろん、戦術眼も身につけ、さらにフィジカルが強い。

まだ19歳にしてです。

大器だと思います。

レジェンド、スティーブン・ジェラードをして、スーパースターになれる!と、言わしめる将来性。

ただ、キャプテンは、「適切なアドバイスを受ければ」と、しっかり語っています。
たしかにそうですね。
どんな素質を持った若者でも、よき指導者との出会いがなければ、潰されてしまうことだって、たくさんあることでしょう。

ジョーダン・アイブの才能をしっかり理解し、より正しい方向へと導ける指導者!

やっぱり、キャプテンに、それをやってほしい!
アイブはまだ、十代。
キャプテン!早く帰って来て、直接指導してあげてください。

キャプテンの場合は、プレイヤーとしての実績も最高なのですから、必ずプレイヤー達も尊敬し、その言葉に耳を傾けることでしょう。

リバプールは、ジョーダン・アイブを手放すようなことがあってはいけない。
私は、心から、そう思っています。

・・・・・・・・・・スターリングのことについては、機会があれば、また稿を改めて。。。

スアレス、トーレス、カイトがキャプテンに感謝の言葉

JS63724109
チームと共にし、新天地へと去っていったプレイヤー達。
歳月は流れても、スティーブン・ジェラードを慕い、特別な思いを抱き続けているようです。

ある時、別々の道を歩むことになっても、変わらぬ友情を持ち続ける・・・・素敵なことですね。

今回、ちょっとだけご紹介するのは、スアレス、トーレス、カイトのこと。
思えば、3人とも、キャプテンからのパスを受け、シュートを沢山決めており、文字通り、心と心が通いあった瞬間を共有していた顔ぶれだと思います。

やっぱり、スティーブン・ジェラードの偉大さを再認識するし、キャプテンを思う人々の気持ちに、胸を打たれます。

本当に、ありがとう!
キャプテン!

ありがとう!!!

JS63724746