レッズは、テベスとピルロのセット価格を希望? メディアより

pirtev

移籍市場を控えて、いろいろな名前が踊る昨今ですが、ずっと根強くメディアに残っているのが、リバプールが、テベス、ピルロを狙っているという記事です。
英国系、イタリア筋のメディアが、種々報じています。

いずれも30歳オーバーですが、リバプールとしては、チャンピオンズリーグ出場権奪還のため、獲得したい意向だとも・・・。

この報道には背景があって、どうもユベントスが、この2人を放出してもよい・・・という方針を持っていると、地元イタリアでは考えられているようです。

以前も名前が出ていましたが、ユベントスとしては、何とかしてシャビ・アロンソを獲得したい意向とも・・・。

一方、リバプールとしては、2人を一緒に買い取ることにより、バーゲン価格にならないか!?を模索しているという節も、METROあたりは報じています。

テベスに関しては、ユナイテッドあるいはシティにも在籍して、プレミアをよく知っているし、今シーズンにおけるユベントスでの活躍は秀逸でした。
ピルロは、年齢こそ高いものの、超一流のプレイヤーであることは間違いない・・・。

ただ、2人がセットでユベントスから来た場合、ただでさえ若いレッズのこと、チームのまとめ役は大変でしょうね。
ジョーダン・ヘンダーソンなら出来ますかね??

やはり、チームがしっかり核をもって、中心人物を持つことが、強さを裏付けるのではないか・・・と、私は思っています。

もしも・・・仮に・・・ですが、この2人が本当に来たとした場合、若きキャプテンをリスペクトしてくれるか?
そこさえクリアできれば、よいのですが・・・。

今後も、いろいろなプレイヤーの名前が補強候補として出てくるでしょうが、結構かぎを握るのは、ラヒーム・スターリング、そしてブレンダン・ロジャーズの去就のような気がします。

最終戦で、いい試合をして、勝利に導ければ、ロジャーズ体制も、まずは大丈夫かとは思いますが、クリスタル・パレスに続きストークにも完敗するようなことがあると、難しい局面になる可能性も秘めているように思います。

そういった意味では、最終戦での試合内容、結果、采配は、非常に大きな意味を持ってくるかもしれません。

マンキージョ 「アンフィールドで夢を叶えたい」

JS51380589

マンキージョが、スペインからやって来て、1シーズンが終わろうとしているのですね。

リバプールへやって来た当初は、それなりに出場機会のあったマンキージョですが、シーズン途中から3バックに変更したことも多少影響したのか?なかなかチャンスが巡って来なくなりました。

私は、いいものを持っているように感じていたのですが・・・。

しかし、それでもマンキージョは、アンフィールドで夢を叶えるため、一生懸命トレーニングに励んでいる!と、決して諦めない気持ちを語っています。

(JM)
誰もが、プレイしたいと望んでいるよ。
自分のポジションを勝ち取るために戦っているんだ。

1月以来、ぼくにはチャンスが巡って来なかった。
だからといって、出場機会を得るため、懸命にやることに、何ら変わりなんてないよ。
シーズン最終戦になるのか?来シーズンの早い時期になるのか?だね。

ぼく達は、誰もが皆、戦うために、ここにいるわけだし、これからも、ぼくがすべきことなんだ。

今、一番重要なことは、良い形でシーズンを終えることだよ。
ヨーロッパリーグを確保して、素晴らしい終わり方が出来ると思うよ。

ぼく達全員が、スティービーが、どれほど素晴らしいプレイヤーかを知っているよ。
失うことになるのは、とても悲しいね。

彼が行ってしまったら、大きな穴があくことだろうね。
それは、間違いないよ。

Manq1

実際、マンキージョとすれば、もっと出場機会がほしかったことでしょう。
しかし、彼自身が言っているように、誰もが同じようにポジション争いをしている・・・。

それでも、諦めない姿勢がいいじゃありませんか。

右サイドバックというと、先輩のグレン・ジョンソンが、もしかしたらラスト・マッチになるかもしれないし、エムレ・チャンが起用される可能性も、完全には否定できません。

しかし、自分を信じて、戦い続けてほしい。
マンキージョのようなハングリーなプレイヤーがいるから、チームは強くなる。
そう思えてくるのです。

スターリングをストーク戦で起用しても、ファンが後押ししてくれる(ロジャーズ)

2497__3809__stoke_prem_away_1000x600_517X310 (2)

明後日、日曜日の試合は、今シーズンのプレミアリーグ最終戦。
そして勿論、キャプテンのラストマッチであります。

私としては、とにかく、プレイヤー達、ファンが心をひとつにして、最高の笑顔でキャプテンを送りたい!
それだけを願っています。

ところで、ブレンダン・ロジャーズは、渦中の人、ラヒーム・スターリングをストーク戦で起用したとしても、ファンが後押ししてくれる・・・・と、語っています。

「リバプールのファンは、いつでもプレイヤーを支えてくれる」

もし、スターリングが出場することがあっても、ファンが声援を送ってくれる・・・という趣旨のようです。

ううん。
この発言は、すごーく、奥深い意味があって、ロジャーズが、指揮官として何かを考えた上での発言なのか?

それとも、本当に、そう思っているのか?

率直に言えば、ストーク戦にスターリングを起用した場合、全員のファンとは言いませんが、少なからず抗議の気持ちを表す人々もいることでしょう。
そんな様子を、キャプテンのラスト・マッチでは、見たくない・・・というのが、自分としての気持ちです。

キャプテン以外にも、リバプールのユニフォームで最後の試合になるかもしれない面々がいます。
たとえば、リッキー・ランバート、ルーカス・レイバ、グレン・ジョンソン・・・・・。

今回ばかりは、トップは、ランバートにして、コウチーニョを中心にララーナ、アイブあたりを配し、中盤の底はルーカスにしてくれないか?
あくまで、個人的な願望ですが、そう思ってしまいます。

最後かもしれない。
そう思うと、見てみたい・・・と。

私は、年齢ばかり取ってしまって、リバプールをそれなりに長い間、見てきましたが、身内関係者から、今回ほど屈辱を受けたことは、なかったのではないでしょうか。

さすがのコップも、そこまで頑張れないと思うのです。

どうか、いい雰囲気で試合をさせてほしい。
心から、そう願います。

クリスティアーノ・ロナウドからスティーブン・ジェラードへのメッセージ

8044__3811__3gerrard_970X582

キャプテン・スティーブン・ジェラードに残されたリバプールでの公式戦は、あと1試合となってしまいました。

本来なら、先日のクリスタル・パレス戦はアンフィールドだったし、勝利して、ピッチ上で皆が笑顔で駆け寄るシーンを見たかったものの、それは叶いませんでした。
名実ともに、キャプテンのラストマッチとなるストーク戦、ブリタニアでの試合ですが、どうか勝利の笑顔をキャプテンに届けたいですね。

先日、キャプテンには、あのジダンが、心のこもったメッセージを送っていました。

もう、数年前のことになりますが、世界中の人々が、メッシをはじめとするスーパースターに賛辞を送る中、ジダンは、「私が思う最高のプレイヤーは、スティーブン・ジェラードだ」と、言っていたことが、思い出されます。

また、今回は、同じレアルですが、マンチェスター・ユナイテッドでもライバルとして戦ったクリスティアーノ・ロナウドが、キャプテンへ向けて、メッセージを出してくれています。

(CR)
ハロー!スティービー!
マンチェスターで、何年にも渡り、リバプールと対戦できたことは、喜びだったと言いたいです。

あなたは、ファンタスティックなプレイヤーです。

あなたが送るすべてのキャリア、そして、あなたの人生が素晴らしいものでありますように。

Steven-Gerrards-Anfield-Farewell

アウェイとはいえ、キャプテンのラストマッチ!
対ストーク戦。

とにかく、プレイヤーが心をひとつにして、悔いのない試合をしてほしいですね。

ライバルとして戦ったスーパースター達からも敬愛されるキャプテン。
リバプールは、カリスマを失うことになります。

これも、新しい時代を築くための一歩だとは思いますが、今は、日曜日の試合が素晴らしいものになりますように!
ただ、それだけを祈りたいと思っています。

本当に、ありがとうキャプテン!

リバプールの補強候補にマンジュキッチの名前も メディアより

marioma_4

この夏、リバプールにとって、最も注目されていることは、ワールドクラスのストライカーが取れるか?ということかと思います。
本当に、様々な名前があがっていますが、海外メディア筋は、アトレティコのマリオ・マンジュキッチ(クロアチア)も補強候補の一人であると見ているようです。

マンジュキッチは、現在29歳ということで、年齢的にはベテランの域に入るところかと思いますが、所属してきたクラブでの実績は、素晴らしいものがありますね。

あくまで噂に過ぎませんが、アトレティコにやって来たマンジュキッチは、シメオネ監督と、あまり上手くいっていない・・・と書くメディアもあります。

また、モナコもマンジュキッチを狙っている!と、されていますが、さて、どうなりますか?

マンジュキッチといえば、バイエルンでの活躍が印象的かと思いますが、アトレティコでは、いま一つ本領を発揮できていないのも事実。
新天地を求める・・・という噂が出る背景のひとつかもしれません。

それにしても、報道辞令でいうならば、リバプールのストライカー候補は、本当に多くの名前があがっていますね。
率直に言って、誰を本命にしているのか?
まったく分かりません。

ただ、こうも思うのです。
ビッグネームの獲得へ本腰を入れて動くには、まずラヒーム・スターリングがどうなるか?が影響してくると・・・。

本当に、スターリングを5000万£ほどの値段で買い取るクラブがあったとして、放出するとなった場合には、ビッグマネーが入ることになります。
どうか、昨シーズン、ルイス・スアレスを売却したときのような資金の使い方は、繰り返さないでほしい・・・。

キャプテンが言うように、25ゴール以上をあげられるストライカーが必要だとすれば・・・・、それをプレミアでやってのけられるプレイヤーは、ごく限られてくるのではないでしょうか。

泣いても笑っても、プレミアリーグも残り1試合。
夏の移籍市場が、本格的に動きはじめますね。

ジョン・フラナガンの契約延長に思うこと

131215-226-Tottenham_Liverpool-1071x8401
大きな怪我を負い、治療とリハビリの日々を続けているジョン・フラナガンですが、リバプールとの契約延長がなされましたね。
まずは、よかった!と、ほっとしています。

以前から、フラナガンへの契約延長オファーに関する動きはあったようですが、負傷中ということもあり、タイミングや条件面を双方が確認し合い、合意に至ったということでありましょう。

フラナガンといえば、昨シーズンは、代役的な役回りでサイドバックを努めたわけですが、マージーサイドダービーでの活躍などにより、貴重な戦力とまでなりましたね。

闘志が前面に出るファイター・タイプのサイドバックだと思います。
また、心強いのは、左右いずれのサイドでもプレイできることですね。
これは大きい。

フラナガンは躍動し、ワールドカップ、イングランド代表の予備メンバーにまで選出されるほどになりましたが、それ以来、怪我に悩まされる日々が続いています。

若者にとって、焦りも当然あるでしょうが、強いメンタルで、きっと乗り越えて来てくれると信じています。

さて、リバプールは、フラナガンと契約を延長するということ自体は、従来からの既定路線だったようです。
若いし、将来性がある・・・・ということも勿論ですが、フラナガンは、地元中の地元っ子。
コップからも愛されている存在ですからね。

ジェイミー・キャラガーが去り、キャプテンも去る今、地元出身でトップチームのメンバーを務められる若手を大切にする。
それは、ファンへのメッセージでもあったと、私なりに考えております。

怪我により、長期離脱になることは、本人にとって、本当に辛いことでしょう。
しかし、それを乗り越えるために、コップ達が支えになってくれているはず。

来シーズンの途中からにはなるでしょうが、あのファイトあふれるプレイを、またアンフィールドで見せてほしいですね。

契約延長おめでとう!フラノ!

リバプールがルーカス・レイバ放出を容認する姿勢 メディアより

Lucas-Liverpool-2015

ルーカス・レイバについては、一時期負傷こそあったものの、決して満足のいく出場機会が与えられているとは言い難いと思います。

1月にも放出候補か?と、言われていたルーカスですが、ブレンダン・ロジャーズは、この夏、ルーカスへのオファーがあれば、耳を傾ける用意がある・・・・という姿勢を取るようです。

ルーカスに関しては、以前からインテルが関心を示していると報じられていますが、他にも欲しがるクラブはあるでしょうね。

・・・でも、本当に出してしまっていいのでしょうか???

Mirrorが報じるところによれば、ブレンダン・ロジャーズの目には、ルーカスは十分ではないと映っており、ジョー・アレンの方を好んでいるとのこと・・・。

また、リバプールは、シティのミルナーを狙っており、彼を獲得することが出来れば、ルーカスは不要になるという考えだとも、メディアは報じています。

ミルナーが加わった場合、リバプールには、セントラル・ミッドフィールダーが出来るプレイヤーとして、ミルナー、アレン、ヘンダーソン、チャンがおり、ロジャーズにとっては、ルーカスを置いておく理由がない・・・ということのようです。

私、個人的には、ルーカスは、上述のプレイヤー達とタイプが違うし、ベテランとしての経験値も豊富ゆえに、留める選択肢があってもいいと思うのですが・・・。

どうも、ルーカスに関しては、ファンが見るほどには、チーム内における評価が芳しくないようですね。

この件については、多少なりと、ミルナーがどうなるか?も、影響して来るようなので、今後の推移を見守る必要がありそうです。