コロ・トゥーレ 「リバプールでプレイできることが幸せ」 契約延長の方向か

JS63724100

この夏に、リバプールを離れるであろうと、各メディアに報じられていたコロ・トゥーレですが、エコーが報じるところによれば、1年の契約延長でまとまる方向に進んでいる模様です。

少し、時間を遡ると、リバプールはトゥーレに1年延長オファーをしたものの、トゥーレ側は2年を希望し、その後進展がなく、新天地を求めるものと見られていた。
こういう状況だったと、理解しております。

今回、契約延長の方向である・・・ということについて、トゥーレ自身がコメントしていますので、ちょっぴりご紹介を。

(KT)
近いうちに、解決されると思うよ。
今、話し合っているところなんだ。

私にとって、リバプールは偉大なクラブだ。
プレミアリーグを愛しているし、ここでずっとやってきた。

もし、ここでキャリアを終えられるなら、嬉しいことだよ。

息子も、ここで学校に通っているし、半分はイングランド人のようなものさ。
それが重要だったんだ。

私は、リバプールのためにプレイする!
そのことが、とっても幸せなことなんだよ。

もし、続けていけるなら、私は、より幸せになれるだろうね。

Liverpool+v+Stoke+City+Premier+League+efHVjLZXfJ4x

数日前のことになりますが、トゥーレは、自身の今後のことについては、家族とよく相談をして決めたい・・・と、語っていました。
おそらく、子供のためにも、リバプールに残ることがベストだ!という考えに行き着いたのでありましょう。

1年の契約延長であれば、あくまで私の推測ですが、スムーズに話はまとまるものと思われます。

あと、契約延長で課題になっている現有戦力としては、ラヒーム・スターリングは勿論ですが、マルティン・シュクルテルが残っていますね。

ただ、ひとつ言えると思うのは、契約延長にしても、補強にしても、まずは監督をどうするのか?
ここを決めないと、前には進めないと思います。

補強に関して、監督に全権がないとはいっても、意向は聴取されるだろうし、可能なものは尊重されることでしょう。
そういった意味でも、以前書きましたが、まずクラブは、出来るだけ早い時期に、来シーズンの首脳部、そこに動きがあるのか?ないのか?について、基本的考えを明確にする必要があると、私は考えています。

地元では、監督交代を求めるファンの声が高まっていると聞きます。
ファンの要求どおりにしたほうがいい・・・とは言いませんが、ブレンダン・ロジャーズ路線を継続するにしても、それなりの説明をすることが、必要であろう・・・と愚考しています。

来シーズンこそ、何かタイトルを獲得する、あるいはトップ4には必ず入る・・・という姿勢で戦わないと、リバプールとして、非常に難しい状況になると思われます。

そうあってほしくないし、クラブとして、何らかの対処を、今この時間も懸命に検討してくれていると・・・・信じたいですね。

あれから10年 イスタンブールに奇跡が起きた日

CF1uepEWoAACzik

10年前の今日、2005年5月25日。
チャンピオンズリーグ決勝、ACミラン対リバプールの死闘が行われた日ですね。

この試合は、「イスタンブールの奇跡」と呼ばれ、リバプールのクラブ史、世界のフットボール史に残る名勝負となりました。

ちょうど10年。

折しも、昨日は、良くないほうの歴史的敗北を喫してしまいました。

チームが新しく生まれ変わる節目を迎えたのかもしれません。

よいことばかりは続かない。
悪いことがあっても、諦めず、正しい方法でがんばれば、輝きを取り戻せる。

その第一歩に、来シーズンはなってほしいものです。

過去の栄光?
そう、言われれば、それまでです。

しかし、あの試合があったからこそ、今、リバプールファンでいてくれる人々も多いはず。
一人ひとりの胸に、それぞれのイスタンブールがあるはず。

人間が生きてゆく上では、区切りや目標が大切だと、私は思っています。
あまりにも、壮大で、長いスパンの意気込みだけでは、萎えてしまう。

時に、過去を振り返りつつ、次にすべきことを考える。

少なくとも、世界中の誰かにとっては、10年前の今日が、忘れがたい日だったことでしょう。

こういう伝統は、大切にし、ファンの間で、語り継いでいきたいものです。

また、もう一度、あの決勝の舞台に出られる日のために。

CF1udyGWAAE0uxl

ジョーダン・アイブ 「ストーク戦を教訓に強くなろう!」

5610__8945__ibe1000_517X310

歴史的大敗といってもいいプレミアリーグ最終節、ストーク戦。

プレイヤー達も打ちのめされたことでしょう。
ファンも同じですよね。

何もかもがちぐはぐで、歯車がかみあっていないように映る試合だったと思います。

そんな中、セカンドハーフから出場したジョーダン・アイブは、ストーク戦での敗戦を教訓として、来シーズンに活かしていこう!と、呼びかけているそうです。

19歳にして、リーダーシップを発揮しはじめましたか!

(JI)
6-1で、試合を落とすなんて、誰にとっても良いことじゃないよ。

ぼく達は、今回のことから学ばなければいけないんだ。
そして、強くなって来シーズンに戻って来よう!

みんなが失望しているよ。
だからこそ、学ばなければいけないんだ!

ぼく達は、もっと高い水準でプレイしなければいけない。
それが、シーズン最初の試合であろうと、最後の試合であろうとね。

ぼく達は、ベストなプレイが出来ていなかった。
でも、ぼく達は、これからプレシーズンに入るし、しっかり学ばないとね。

新しいプレイヤーが入ってくれば、時間も必要だね。
ぼく達は、しっかり構築し直して、より良くなるべきだ。

ぼくにとっても、大きな学びの機会だった。
でも、ファーストハーフで、5-0という状況では、難しかったね。
そこから挽回するのは、並大抵のことじゃないよ。

楽しむことなんて出来なかった。
だけど、そこから何かを学ばなければいけないんだ!

1607__6751__p150524004-stoke_liverpool_513X307

昨日の試合結果、そして、あの内容では、正直に言って、インタビューに答えることさえ苦痛だったでしょうね。

アイブが投入された時点では、既に試合は決まっていて、あとは、傷口を広げることなく、何とか一矢報いることしか残っていませんでした。

先発メンバーと比べて、比較的心にも余裕があったのか・・・アイブ自身のプレイは、落ち着いていたと思います。

それにしても、最終戦の試合終了後に19歳が答えるレッズ。
この事実を見ても、世代交代がはじまったのだ・・・と、実感しますね。

ジョーダン・アイブには、来シーズン、本物のレギュラーとして、シーズンを通じての活躍を期待しています。

スティーブン・ジェラード そのドラマ性と悲劇性

2690__0000__4milan_970X582

惨敗に終わったプレミアリーグ最終戦。
長くリバプールを支え続け、クラブの象徴であったスティーブン・ジェラードを送るには、あまりにも悲しい結末となってしまいました。

諸行無常の響きあり・・・と、日本でも言われますが、キャプテンのフットボール人生を慮るとき、そこには常にドラマがあったように思います。
自らの力で、ドラマをつくれる男だったと・・・。

イスタンブールの奇跡。
FAカップ・ファイナルにおける信じ難い弾丸ミドル。

ジェラードは、幾たびチームを救ってきたことでしょう。

一方、栄光と表裏をなすように、悲劇的な部分もあいまったキャプテンのフットボール人生。
いや、リバプール人生。

天下を取った英雄よりも、志半ばで倒れた者のほうが、愛されるように、この悲劇性を含んだキャプテンゆえに、ファンは、こよなく愛し続けたのではないでしょうか。

自分自身が、「イエス」と言いさえすれば、リーグタイトルを取れるクラブへ行くことも出来たキャプテン。
しかし、スティーブン・ジェラードという男は、それをしなかった。

ラスト・アンフィールド。
あの最高とも言える雰囲気の中で完敗。

リバプールのプレイヤーとして、臨んだラスト・マッチ、ストーク戦での惨敗。
そこに刻まれた、レッズ唯一の1点・・・。

1468__6162__5westham_555737fb1a339620037326_970X582

人は、誰しも齡(よわい)を重ねてゆくもの。
頭では描けても、躰が思うように動かなくなっていくのも事実でありましょう。

それは、フットボーラーに限らず、どんな世界で活躍する達人にも同様のことが言える。

その人生、晩秋の季節をも受け入れてこそのファンがいる。
そして、後に続く若者達がいる。

リバプールでのキャリア。
スティーブン・ジェラードは、数々の栄光を手にし、クラブにもたらしました。

ただ、最も欲しかったものが、唯一手に入らなかった。
プレミアリーグの制覇。

スティーブン・ジェラードが持つドラマ性と悲劇性。

最後の最後まで、フットボールの神様は、キャプテンに試練を与えたようです。

クリスタル・パレス戦。
ストーク・シティ戦。

ジョーダン・ヘンダーソンを中心とし、キャプテンのために、何が?どうして?出来なかったのかをしっかりと顧みて、新しい時代の礎にしてほしいと、心から願います。

間違いなく言えることは、リバプールの大きな時代が終わったということでありましょう。

そして、今日からは、新しい時代のはじまり。
キャプテンが取り残していったものを受け継ぎ、成し遂げ、ぜひとも捧げてあげてほしいと思います。

ありがとう!スティーブン・ジェラード!

リバプールが新しいスタートを切るためには

stoke-city-v-liverpool-premier-league

ラスト・アンフィールドでのクリスタル・パレス戦、完敗という言葉しか浮かばないような内容と結果でありました。
さらに、昨日のプレミア最終節、ストーク戦・・・・惨敗としか言いようがありません。

事実として、大切なラスト2試合で、9失点をしているわけですから・・・。

現実問題としては、今、リバプールファンの怒りの矛先は、ブレンダン・ロジャーズとラヒーム・スターリングへ向けられていると思われます。

この2人をどうするのか?
それを明確に決め、ファンへ向かって語りかけなければ、いつまでたっても新しいシーズンへのスタートは切れないような気がします。

残すにしても、クラブから出すにしても、フロント、それも相当な上層部が、ファンにコメントを出し、変わらぬサポートを求める必要があると考えます。

というのも、一度しっかり、良くなかったシーズンを精算し、気持ちを入れ替えて、新たな一歩を踏み出す必要があるし、そのためには、ブレンダン・ロジャーズが窓口では、収まりがつかないと思うからです。

ファンの怒りを受けている当事者ですからね。

ブレンダン・ロジャーズ体制を維持し、新たなチームづくりに邁進するのか?
監督を交代させ、抜本的な改革を行うのか?

オーナーなりが、ファンへ語りかけ、理解を求めるくらいのことをしないと、クラブに求心力は戻らないと思うし、来シーズンへの準備が遅れるのではないでしょうか。

あのジェイミー・キャラガーは、6-1で惨敗した対ストーク戦を称して、「恥ずべき試合!」と、一喝しました。
たしかに、返す言葉もありません。

次のシーズンへ向けて、前向きな姿勢になれるよう、極力早い段階で、今シーズンの精算をする。
そのためには、何度も書くようですが、クラブ上層部、責任ある立場の人物が、ファンに対して、懇切丁寧なコメントを出す必要がある!
・・・と、私なりには、思っています。

そうしないと、ファンのフラストレーションが溜まったままで、やたら月日を費やすこととなり、負の連鎖が始まってしまうのではないか?
私としては、そんな危惧を抱いています。

プレミア最終節・ストーク戦の結果と感想

11350651_10153470321967573_5089343157310698854_n

さきほど、アウェイでのストーク戦が終了しました。
2014-2015シーズンの終わりですね。

何とか、来季に繋げる試合をしたかったし、キャプテンのラスト・ゲームを勝利で飾りたかったところですが、結果的には、前節のクリスタル・パレス戦に続き完敗に。

スコアは、6-1。

22分に先制ゴールを許すわけですが、その段階に至るまでにも、ディフェンスラインの危うさが露呈していたし、失点をするのも時間の問題のような雰囲気ではありました。

しかし、ファーストハーフのうちに、5失点するとは、誰が予想したことでしょう。

70分に、キャプテンが、文字通り一矢報いるゴールを決めるも、その後、途中交代でピッチインしたクラウチにヘッドを決められ、歴史的な大敗となりましたね。

前述したとおり、ディエンスは、試合開始早々から緩く、軽かったのは事実ですが、どう戦っても、6失点も喫するチームではないと、私は思っています。

準備も含めて、試合に集中できない何か?が、あったのではないか?
そう、感じてしまうわけですが、そうなると、マネージメント能力の問題だということになってしまいます。

今回は、スターティング・メンバーから、ちょっと謎な部分がありましたね。
しかも、前節で痛い思いをしたことへの対処が出来ていなかった・・・。

この記事を書くにあたり、何とかポジティブなものを見出せないか?と、ちょっと考えました。

それがあるとすれば、良くない部分をはき出した・・・・ということでしょうか。

考えてみれば、昨シーズン、2位まで昇りつめ、復活への道筋が描けたかと思いきや、違うチームづくりにシフトしてしまった時点で、間違いが始まったのかもしれません。

そしてまた、来シーズンも、チームは大きく変わる可能性があります。
しかし、今度は、負からの変化です。

チャレンジャーでいいではありませんか。
一からやり直しましょう。

来シーズンへ向けて、根本的に、大胆にチームを見直し、新たなスタートを切るときが来たように思います。

こんな形で、キャプテンを送り出すことは、とても残念ではありますが、こんな試合展開になっても、ゴールで報いてくれた諦めない姿に、拍手を送りたいと思います。

ありがとうキャプテン!

また会う日まで。

0481__3599__p150524074-stoke_liverpool_513X307