リバプールがコバチッチと個人条件面では合意か メディアより

Mateo-Kovacic

リバプールはコバチッチを獲得したい。
インテルは、コバチッチを売りたい。

しかし、金額面で折り合わない・・・。

そんな状況の中、リバプールが提示金額を引き上げて、再オファーをした模様だという記事を、過日ご紹介いたしました。

どうも、各メディアの報道を総合的に勘案すると、リバプールがコバチッチ獲得へ向けて、着実に前進している模様です。

個人面での条件では、既に合意に達していると報じる向きもあります。
あとは、クラブ間合意ですね。

個人としては合意している・・・という記事は、どうもコバチッチの故郷、クロアチア筋からの情報のようです。

あとは、リバプールが再度出したオファーの内容を、インテルが、どう受けとめるか?に、かかっていると言えそうですが、流れから見て、おそらくは、リバプールに加入する方向で、落ち着くのではないでしょうか。

コバチッチは、まだ若いし、将来性のあるプレイヤーなので、コウチーニョ同様、リバプールでブレイクしてくれたらいいですね。

(インテルのフロント陣が悲しくなるほどに・・・・・。。。)

現実的な話をすると、ミルナーの獲得が決まり、コバチッチも今後決まった場合、中盤は、結構揃って来ていますね。
問題は、やはり・・・・ストライカーでしょうか。

とりあえず、チャンピオンズリーグの決勝後に、また動きがあるかもしれません。

いずれにしても、ニュー・リバプール、再スタートのシーズンになることでしょう。

コリン・パスコー(アシスタント・マネージャー)が事実上の解任か

JS59572257

ブレンダン・ロジャーズの側近として、長く近くに仕えたコリン・パスコーが、契約期間満了前に、リバプールを去ることになるようです。

この決定は、ブレンダン・ロジャーズ、トム・ワーナー、マイク・ゴードンの話し合いの中で、決められたとも言われています。

この三者会談は、密室という匂いを感じ、どうも、ファンとしてはやるせない思いがするのですが、不振だったシーズンの責任が、パスコーにあるように受けとめられかねない決定のようにも思えます。

果たして、問題の本質は、そこにあるのか?
・・・ちょっと、理解をするのが、難しい判断だとも感じます。

いわゆる犠牲というやつでしょうか?

クラブの内部事情、そこで起こっている真実は、中にいなければ分からないことですが、ブレンダン・ロジャーズは、異議を唱えなかったのか?
それとも、命令に従うしかない立場に追いやられているのか?

プレミアに限らず、不振の責任を監督が取ることは、よくありますが、いわゆるナンバー2に矛先が向くとは・・・。
ちょっと、イレギュラーな対応のような気がします。

それとも、他に何か理由があるのか?

謎です。。。

出来ることなら、パスコー解任の理由を聞きたいところですが、それもおそらく無理な話なのでしょう。

何とも、不可思議な感の否めない判断?のような、ちょっとした後味の悪さを感じざるを得ない状況となりそうです。

まだ、正式発表になっているわけではないので、今後、パスコーのコメント等が出た場合には、ご紹介できたらと思っております。

ジョーダン・ヘンダーソン 「ミルナーが来てくれたことは素晴らしいニュース」

5108__3269__hendo1000_5571c541712dc235619239_517X310

ここぞ!という大切な試合で、完敗を喫したリバプール。
とどめを刺されたのは、プレミア最終節、ストーク戦での大敗でしたね。

ジョーダン・ヘンダーソンは、「恥ずべきものだった」と、認めつつも、ここから学ばなければいけない!と、語っています。

(JH)
とても、アップ・ダウンの激しいシーズンだったね。
とっても残念だよ。
でも、多くの若手達は、この経験から、多くを学ぶことだろう。

ミリー(ミルナー)がサインしてくれたのは、素晴らしいことだよ!
フィールドでのオン、そしてオフにおける彼の態度は、ファースト・クラスだ。
彼から、エネルギーをもらうことが出来る。

彼は、高いクオリティーを持ったプレイヤーだからね。

昨シーズンのシティの試合を、ぼくは沢山観たけど、彼は、アシストにゴールにと、素晴らしい貢献をしていたね。
彼は、多くの能力を持っているんだ。
それに彼は、汚れ役の仕事だって出来る。

ぼくにとって、素晴らしいサインだし、来シーズン、彼と一緒にやれることが楽しみだよ!

9550__1080__hendo1000_554010f47d3f9625017660_517X310

惜しみない運動量を誇り、90分間、全力を出し切るタイプという点で、ヘンダーソンとミルナーが中盤にいるということは、相手チームにとっては、実に嫌なものになると思います。
ハードワークの出来る二人ですしね。

ミルナーと一緒にプレイできる来シーズンが、とても楽しみだ!と、語るヘンダーソン。
この二人は、イングランド代表でも、共に戦っているし、意思疎通が成熟するのも早いことでしょう。

リバプールの中盤。
相手にとっては、手強いものになりそうです。

あとは、ストライカーに強力なタレントを、ぜひ獲得したいですね!