スティーブン・ジェラードがミルナーに太鼓判! 「彼は真のプロフェッショナル」

5544__9948__milner1000_517X310
7月1日から、正式にリバプールのメンバーとしてやって来るジェイムズ・ミルナーですが、スティーブン・ジェラードは、大きな期待感を持っており、理想的な状態でミルナーはチームに加わるだろうと、語っています。

まず、どうしても、「キャプテン」と、打ちたくなってしまう自分がいますが、どこかで切り替えないとですね・・・。

(SG)
彼は、多くの経験をもたらしてくれることだろう。
彼を獲得したのは、実に手堅い補強だと思うよ。

多くの実績を持つ勝者だし、彼は今でもハングリー精神にあふれていると思うんだ。

私は、彼が真のプロフェッショナルだということを知っているよ。
失望させることなんて、ないんだ。

私は、ジェイムズの素晴らしさを知っているし、情熱を持って、やって来ることだろうね。
彼が11人に選ばれるべきことをリバプール・ファンに証明してくれるさ。

彼は、すぐに馴染むと思うよ。
このリーグでやってきたしね。

国内リーグでの素晴らしい経験を持っている。
そして、代表としても、ずっとやって来ているからね。

私は、彼が中盤にエネルギーを与えてくれると思っているんだ。
彼は、いいパサーであり、ポゼッションするときも安心なんだ。

彼が、ルーカス・レイバ、ジョー・アレン、ジョーダン・ヘンダーソンと共にプレイする姿を思い浮かべているよ。
いい仕事をしてくれることだろうね!

steven-gerrard_2518439b

スティーブン・ジェラードとしては、自分の後を託す気持ちもあることでしょう。
そして、ルーカスやアレン、ヘンダーソン達とのプレイを楽しみにしていると・・・。

本当は、一緒にフィールドで、プレイしたかったでしょうね。

でも、まだまだ、その可能性がゼロになったわけではありません。

ミルナーは、本当に多くのタイトルを獲得した経験を持っています。
それは、若いリバプールにとって、非常に貴重な存在になることを意味していると思います。

キャプテンが、太鼓判を押すミルナー!
必ずや、やってくれることでしょう。

・・・・すみません。やっぱり、キャプテンって書いてしまいました。。。

また、お会いしましょう(#^.^#)

コバチッチ(インテル)獲得の可能性はゼロではなさそう・・・

fc-internazionale-training-session2
インテルのMF、マテオ・コバチッチ獲得に関しては、随分とリバプールが熱心なようですね。
粘り腰と申しますか・・・。

ただ、インテルも、簡単には出さない姿勢を貫いているのは、おそらく、よりよい条件を引き出したいという考えもあるのでしょう。

過日、マンチーニ・インテル監督は、「コバチッチが移籍することはないだろう」と、コメントしていたようですが、直近のイタリア・メディアの質問に対しては、「ノーコメント」を貫いたようです。

数日前の報道によれば、リバプールは、今週末にも、コバチッチに対するオファー修正案を提出するとのこと。
その条件を見て、インテルが、どう反応するか?が、鍵を握って来ることでしょう。

リバプール目線で、現実的な話をすると、MF陣については、攻撃的なポジションにはコウチーニョ、その背後にはヘンダーソン。
この二人の地位は、揺るがないことでしょう。
それに加えて、ミルナーの獲得。

もちろんミルナーもレギュラーでしょうね。

もし、そこへコバチッチが入った場合、エムレ・チャン、ルーカス・レイバ、ジョー・アレンの出場機会は、結構減るのかな~?と・・・。

考えようによっては、コウチーニョが、まかり間違って、負傷でもしてしまった場合には、その事態に対処する策とプレイヤーが必要だし、一概に余剰とは言えないかもしれませんが。

攻撃型といえば、アダム・ララーナ、ジョーダン・アイブ、それにラザル・マルコヴィッチ等もいるし、これらのタレントをどのように起用し、良さを活かせるか?が、新シーズンのポイントになってくると思います。

(マルコヴィッチは放出という噂もありますが・・・。)

プラン通りに補強が進めば、少なくとも中盤のメンバーは揃いそうです。
あとは、やはりストライカーとディフェンス陣でしょうか。

いろいろ考えてみると、やはり、ラヒーム・スターリングとマルティン・シュクルテルの契約延長問題を、どう収めるか?が、大きな鍵を握ってきそうですね。

ジョー・アレンがベルギー戦(ユーロ予選)でフル出場

4479__0345__allen1000_557b53a56cfa0836328017_517X310
今回のユーロ予選で、特徴的なことの一つは、英国4協会のチームが、それぞれ好調なことですね。

金曜日には、グループBで、ウェールズ対ベルギーの首位対決が行われ、ベイルのゴールにより、ウェールズが1-0で、ベルギーに勝利しています。

この試合で、リバプールのジョー・アレンは、先発フル出場を果たし、ウェールズの勝利に貢献しています。

また、ベルギー代表には、リバプールからシモン・ミニョレとディボック・オリギがメンバー入りしていましたが、二人ともベンチで、出場機会はありませんでした。

ユーロ本大会は、出場国の枠が増えたため、もしかしたら、久しぶりに多くの英国勢が、駒を進めるかもしれませんね。

いまや、ベルギーはヨーロッパでも強国になっているし、ウェールズにとっては、大きな勝利と言っていいでしょう。

ジョー・アレンもフル出場で、クリーンシートで終えたことから、自信にも繋がったはず。
いい形で、プレシーズンに入ってほしいですね。