リバプールの9番(雑談ブログ)

ian-rush_
今回は、ちょっぴり雑談風味のブログを。

リバプールの9番といえば、点取り屋、絶対的なストライカーを象徴する番号だと言っていいでしょう。

その代表格が、レジェンド、イアン・ラッシュ。

さて、視線を今に移すと、リッキー・ランバートの放出は確実・・・とも言われています。
ここ数年、リバプールの9番は、受難の時代と表現してよいかもしれません。

続きを読む

ルイス・アルベルトの戦力外は決定的か

Football - FA Premier League - Liverpool FC v Stoke City FC
今、思うと、懐かしい・・・という感さえしてしまうルイス・アルベルトの名前。
2013年に、リバプールへやって来た若者ですが、そのボールタッチ、繊細なパスワークなど、私としては、結構期待していたプレイヤーでした。

しかし、活躍できる機会はなく、マラガへローン。
そのローン契約も切れた今、ルイス・アルベルトの居場所は、どうもリバプールにはないようです。

続きを読む

ジョーダン・ヘンダーソン 「リバプールは毎シーズン、トロフィーを取るべきクラブなんだ」

7400__5335__hendo1000_5538c7e3d87f4323339920_517X310
昨シーズンは、プレイヤーにとっても、ファンにとっても悔しいシーズンになってしまったリバプール。
タイムテーブル上の成績もそうですが、何せゴールシーンが少ないというのは、ストレスに繋がりますからね。

特に、最後の2試合の大敗は、スティーブン・ジェラードを送るに当たって、これ以上ない屈辱的な試合内容となってしまいました。

おそらくは、その責任を一番感じている一人が、ジョーダン・ヘンダーソンではないでしょうか。

続きを読む

ペドロのこと ヨベティッチのこと・・・

474207807
ここ数日、メディアの記事を眺めていると、リバプールがベンテケ獲得に近づいているという論調が多い印象を受けます。

たしかに交渉はしていると見るほうが、適切かもしれません。
ただ、金額面での溝は、いまだ消えていないとも言われていますね。

ところで、最近は音沙汰なしでしたが、ベンテケ以外にも、いまだ補強候補として、完全には名前が消えていないプレイヤーがいるようです。

バルセロナのペドロとマンチェスター・シティのヨベティッチ。

続きを読む

フィルミーノはコップ達から愛される(ライアン・バベル)

9616__5833__rf1000_517X310
リバプールを去ってからも、随所にコップぶりを発揮してくれるライアン・バベルですが、「フィルミーノは、必ずコップ達から愛される存在になる」と、語っています。

バベルが、リバプールからホッフェンハイムに移籍した際、フィルミーノも一緒だったのですね。
いわば、同じ釜の飯を食った仲間ということのようです。

続きを読む

なかなか難しい2列目の選択

adam-lallana-celeb-v-swansea2_3246006
まだ、移籍シーズンということで、今後もプレイヤーの出入りはあるかと思いますが、私なりに、ちょっと感じているのは、2列目(1.5列目も含む)のチョイスが、結構ー難しいだろうな~というところです。

もちろん、選手層が厚くなるのは良いのですが、以前も書いたように、上手くターンオーバーを活用しながら、ここぞ!という大切な試合の際には、最強の布陣を組める。
そんなチームになってほしいと願っています。

宝の持ち腐れという言葉があるように、せっかく良い人材が豊富でも、そのことがかえって迷いに通じなければよいが・・・と、ちょっと心配しているのも事実です。

続きを読む

チチャリートの負傷は、移籍に影響を与えるのか

hi-res-2488c2134a52df1573b1079f97a5dd94_crop_north
昨シーズンは、レアル・マドリードにローンで出されていたユナイテッドのチチャリートですが、ファン・ハールの構想には入っていない・・・と、常々言われています。

では、放出か?
という話になるわけですが、ちょっと不確定要素が入ってきました。
チチャリートは過日、代表戦の試合中に鎖骨を痛める怪我を負ってしまったからです。

確かなところは分かりませんが、約2ヶ月ほどは、プレイは無理だろうとも・・・。

続きを読む