プレシーズンマッチ残り2試合 その日程と注目したい点

8362__5077__swindon_1000x600_517X310 (1)
現在、各地をツアーでまわり、プレシーズンマッチで調整を続けるリバプールですが、開幕のストーク戦までに用意された試合は2つとなりました。

非常に大切な2試合になると思います。

まず、現地時間8月1日(土)に開催されるHJKヘルシンキ(フィンランド)戦は、過去記事をご参照ください。

「リバプールのプレシーズンマッチ第5戦の日程などなど」

さらに、翌日8月2日(日)には、スウィンドン戦が組まれています。

続きを読む

トリミングされていたマリオ・バロテッリ・・・

mario
この夏、リバプールの大きな課題のひとつとして、マリオ・バロテッリの処遇をどうするか?というものが存在すると、私としては思っています。

たしかに、リバプールのチームにフィットしていないことは事実かと思いますが、バロテッリのプレイスタイルを承知の上で、昨年の夏に獲得したはず。

バロテッリの年齢やイタリア代表としてのキャリアを慮れば、ある程度の道筋は、立ててあげるべきではないでしょうか。

続きを読む

アダム・ララーナこそ今シーズンの重要なプレイヤー(ジョーダン・ヘンダーソン)

7463__9304__lallana1000
プレシーズンマッチの結果と感想を書く際になど、何度となく繰り返してきましたが、アダム・ララーナの仕上がりが実にいい!と、私は感じています。

ララーナの良さは、ボールを持っていないエリア、局面でも、惜しみない運動量を維持し、上下動を繰り返せることではないでしょうか。
これは、体力的なものだけではなく、いかに気力が充実しているかを示すものかと。

そのララーナに関して、新キャプテン、ジョーダン・ヘンダーソンが、プレミア開幕へ向けて、大きな期待を抱いていると発言しています。
続きを読む

リバプールの中盤 残った椅子

5830__3938__p150724037-lfc_preseason_kuala_lumpur_700X420
積極的な補強を進めているリバプール。
間違いなく、プレイヤーの層は厚くなった。

しかし、その分、いかにやり繰りをするか?という課題も併せ持っていると考えます。

こと中盤に関しては、激しいポジション争いが織りなされることでしょう。

ヨーロッパリーグや国内カップ戦があるとはいえ、プレイヤーとして最も強く目指すものは、何と言ってもプレミアリーグでのレギュラー確保。
そういった視点から、リバプールの中盤について、愚考してみたいと思います。

続きを読む

マンキージョのマルセイユ行きがほぼ確定か

manquillo
昨年の夏、2年間のローン契約で、アトレティコからリバプールへやって来たハビエル・マンキージョですが、新シーズンはマルセイユで過ごすことが、ほぼ確実になった模様です。

かねてから、リバプールはマンキージョのローンを1年で打ち切りたいという意向だったとは報じられていましたが、結果的にアトレティコが引き取り、更にマルセイユへローンで出すという決断に至ったようです。

マンキージョの件について、リバプール側から何ら公式の見解は出ていませんが、マルセイユが既に公式で、獲得基本合意を報じています。

続きを読む

リバプールはいまだラカゼット獲得を諦めず メディアより

lacazette (1)
アレクサンドル・ラカゼットに関しては、リバプールの補強候補として、その名前があげられることが多かったものの、本人が明確に否定し、「リヨンに残りたい」と発言したところです。

さらに、リバプール目線でいえば、ベンテケ獲得も決定し、ラカゼット補強の話は、もう消えたと考えるほうが適当かと思っておりました。

しかしながら、海外メディア筋では、それでもリバプールはラカゼット獲得を狙っている!と、報じています。

続きを読む

コウチーニョとチャンがU21の試合に出場

9628__2801__porto_9_513X307
現地時間、日曜日には、U21の試合としてポルトと対戦し、この試合で、フィリペ・コウチーニョとエムレ・チャンが出場を果たしています。

もちろん、調整段階のワンステップということだと思います。

試合は、リバプールが敗れていますが、コウチーニョとチャンに関しては、シャープな動きを披露していたと、現地メディアが報じています。

続きを読む