ジェイミー・キャラガー 「エバートンは気を良くしてマージーサイドダービーに臨んでくる」

football-premier-league-liverpool-v-everton-anfield-liverpool-v-everton_3209459
ジェイミー・キャラガーは、第7節のプレミアリーグで、ウェストブロムから勝利をあげたエバートンは、気をよくしてマージーサイドダービーに臨んでくるだろう!と、予想しているようです。

リバプールには、マージーサイドダービーの前に、ヨーロッパリーグの試合があるのですが、やっぱりキャラガーとしては、もう心は対エバートン戦に行っているのかもしれませんね。

思えば、キャラガーやジェラードなど、地元出身のプレイヤーが活躍していた時期のマージーサイドダービーは、本当に激しくて、ぞくぞくするようなものでした。

続きを読む

ホセ・エンリケがU21の試合に出場 サイドバックのことも含めて

thumb_11171_default_news_size_5
昨日は、U21のリバプール対レスター戦が開催されました。

この試合は、2-1でリバプールが勝利しており、ホセ・エンリケが先発出場をしています。

実戦から遠ざかることはよくないし、調整の意味も含めて試合に出たほうがいいと思いますが、今後、ホセ・エンリケがどういう扱いを受けてゆくのか?が、注目されますね。

続きを読む

イアン・ラッシュ 「ロジャーズにもう少し時間を与えてあげよう」

ian rush
いまやメディアでは、ブレンダン・ロジャーズの解任報道が花盛りで、多くのレジェンド達もロジャーズに対して批判的なコメントをしています。

そんな中、イアン・ラッシュは、ロジャーズに、もう少し時間を与えようよ!と、語っています。

続きを読む

シュクルテル 「イングスが同じチームに入ってくれてよかった!」

thumb_11162_default_news_size_5
昨日、ダニー・イングスをメインにしたストライカーの構成があってもいいのではないか・・・という趣旨の記事を書きましたが、チームの中においても、イングスへの評価は、とても高くなっているようです。

アストン・ヴィラ戦では、ゴールこそありませんでしたが、ダニエル・スタリッジとのコンビネーション、スタリッジを活かす動きを、ブレンダン・ロジャーズは、高く評価しているとのこと。

また、チームメイトであるマルティン・シュクルテルは、イングスと対戦したときのことを語り、いかに彼を止めることが難しいかを強調しつつ、イングスの力の源泉は、並外れたトレーニングでのハードワークにある!としています。

今回は、そのイングスについて語ったシュクルテルの言葉を、ちょっぴりご紹介したいと思います。
続きを読む

リバプールがビクトル・バルデスをターゲットに? メディアより

valdes3-500x357
早くも、1月の移籍市場をにらんだ報道が出始めていますが、リバプールがマンチェスター・ユナイテッドに所属しているビクトル・バルデス(GK)を狙っているというニュースが、いくつかのメディアに出ています。

元々は、ザ・サンが記事にしたものを他のメディアが追随して出しているもののようですね。

リバプールとマンチェスター・ユナイテッドの間での移籍は、いわゆる『禁断』とも言われていますが、バルデスは、ファン・ハールと上手くいっていないと言われているし、ユナイテッドをこころよく思っていない・・・という点で、オッケーなのでしょうか???

続きを読む

ベンテケ復帰後のツートップをどう考えるか イングスメインもありではないか?

thumb_11070_default_news_size_5
ダニエル・スタリッジに関しては、まだまだ100パーセントの状態ではないと思います。
それでも、アストン・ヴィラ戦で、貴重な2ゴールを奪うところに、やはり卓越したストライカーとしてのポテンシャルを感じます。

スタリッジのコンビとして、またリバプールが高い位置で、プレスをかけにいくとき、ダニー・イングスの貢献が目立っていたと、私は思っているのですが、今後、先発メンバーのチョイスにあたり、思案のしどころは、クリスティアン・ベンテケが復帰したとき、ツートップをどうするか?という課題があるかと思っています。

続きを読む

キャラガーはリバプールの監督にふさわしい(ファーガソン)

Jamie-Carragher
かのアレックス・ファーガソンが、その最新著書の中で、ジェイミー・キャラガーの大ファンであることを明かしているそうです。

キャラガーと交流を重ねる中で、その人物に感銘を受けたファーガソンは、キャラガーこそ、リバプールの監督にふさわしいという考えを抱くに至ったとも。

今回は、ごく一部ですが、ファーガソンが、キャラガーについて語っている部分をピックアップしてみたいと思います。
続きを読む