ジョン・フラナガンは右サイドで起用する(ユルゲン・クロップ)

flanagan
マンチェスター・シティ戦のスタメンが発表された際、私はジョン・フラナガンが左サイド、ナサニエル・クラインが右サイドだと思ってしまいました。

しかし、試合がはじまってみれば、左にまわったのはクラインの方。

記者会見の場で、ユルゲン・クロップは、フラナガンを非常に誉めており、「彼が好きだ」ということまで言葉にしています。
続きを読む

ルーカス・レイバは5週間~6週間の離脱へ

Lucas-Leiva-when-he-got-injured
先ほど来、クリスタルパレス戦を控えてのユルゲン・クロップの記者会見が行われています。

その中でクロップは、ルーカス・レイバの負傷状況についての説明をしており、当初の想定よりシリアスなものであるとのこと。
痛めた部位は、どうも太ももの模様です。

概ね、5週間~6週間の離脱を余儀なくされそうだとクロップは語っています。
続きを読む

レッズとシティがイルカイ・ギュンドアン獲得バトルか

4184625
ドルトムント所属のイルカイ・ギュンドアンに関する報道を見ていると、メディアによって体温に差があることを感じます。

ただ、この夏にドルトムントを去る可能性が高いという点では共通しているようにも見受けられます。

おそらく、こういった報道が多く出ている背景には、ドルトムントから提示された契約延長のオファーをギュンドアン側が断ったことに端を発しているものと思われます。

メディアの間で温度差があるとしましたのは、その移籍先についての予想に、若干の違いがある部分です。
続きを読む

リバプールの偉大なるキャプテン エムリン・ヒューズのデビュー記念日

Emlyn-Hughes
リバプールのキャプテンとは、実に重いものだとよく言われます。
名誉であると同時に、大きなプレッシャーを背負うことになる。

私の中で、「リバプールのキャプテン!」と言われれば、すぐさま2人の名前が浮かびます。

1人は、もちろんスティーブン・ジェラード!
そしてもう1人は、今回取り上げるエムリン・ヒューズです。

まさに鉄人とでも呼びたくなる強いキャプテンでした。
続きを読む

ナサニエル・クライン 「ジョン・フラナガンの姿に感動した!」

thumb_17078_default_news_size_5
マンチェスター・シティ戦では、ジョン・フラナガンが右サイドバックで先発したため、左サイドバックにまわったナサニエル・クラインですが、この新しい組合せにより、クリーンシートを達成することに成功しました。

クラインは、コンビを組んだフラナガンの活躍を絶賛するコメントを出しています。

シティを相手に、失点をしなかったわけですから、フラナガン、クライン共に左右両サイドバックでの起用が可能だ!と、証明した形にもなりましたね。
このことは、今後のリバプールにとって、非常に大きなプラスになると思われます。
続きを読む

ユルゲン・クロップがコロ・トゥーレを絶賛

thumb_17085_default_news_size_5
プレミアリーグ、マンチェスター・シティ戦では、3ゴールを決めたリバプール。
必然、その攻撃陣が注目されがちですが、シティを相手にクリーンシートを達成したことも高く評価されるべきでありましょう。

そのクリーンシートを成し遂げたことについて、ユルゲン・クロップは、コロ・トゥーレのがんばりを絶賛しています。

スタンディング・オベーションをプレイヤーに送ったのは初めてのことだったとも。
続きを読む