スティーブン・ジェラードが最も幸せを感じた日

CdR8zwEW4AArwVw
スティーブン・ジェラードがスティーブン・ジェラードたる由縁は、そのプレイの素晴らしさは勿論ですが、ドラマをつくれる男!だったことが大きいと、私は思っています。

イスタンブールの奇跡しかり、FAカップ決勝の劇的ゴールしかり。

一方、以前スティーブン・ジェラードが話していたことを思い出すと、最も思い出に残っている最高の試合は、エバートン戦でハットトリックを決めたことだ!とのことでした。

どれだけ世界のスーパースターになっても、リバプールっ子であるスティーブン・ジェラードには、マージーサイドダービーこそが、最も燃える対戦だったのでしょう。
続きを読む

ロベルト・フィルミーノがユルゲン・クロップに感謝 「彼は最高の監督」

thumb_17378_default_news_size_5
ロベルト・フィルミーノがリバプールへやって来た当初は、どこに彼のストロングポイントがあるのか?が、はっきりしない部分がありましたが、私としては、概ね二つの理由があったと思っています。

○コパ・アメリカにブラジル代表として参加しており、プレシーズンをチームメイトと過ごしていなかったこと。
○起用のされ方に一貫性がなかったこと。

ただ、そのフィルミーノもいまや覚醒し、2016年になってからは、プレミアリーグを代表する点取り屋になっていますね。

フィルミーノは、心からユルゲン・クロップに感謝しているそうで、「ぼくが今まで一緒にやって来た中で最高の監督だよ!」と、語っています。
続きを読む

ルーカス・レイバ 「センターバックの仕事を楽しんだ」

thumb_17619_default_news_size_5
ファンが選ぶ2月のプレイヤー・オブ・ザ・マンスに輝いたルーカス・レイバですが、怪我人が相次ぐ中、ハードな試合日程をこなすため、献身的にチームを支えた姿勢が、ファンの胸を打ったということかと思います。

ウェンブリーでの大舞台でもセンターバックを務めたルーカスは、その役割を楽しめたと語っており、また将来センターバックでプレイすることがあるかもしれないという趣旨の発言をしています。
続きを読む

注目しておきたいマンチェスター・ユナイテッドの試合日程

thumb_17242_default_news_size_5
リバプールの次なる試合は、現地時間木曜日開催のヨーロッパリーグ、対マンチェスター・ユナイテッド戦。

アンフィールドのファーストレグで、リバプールは2-0のクリーンシートで勝利しているだけに、冷静に見ても絶対的優位な立場にあると思われます。

ただ、油断は禁物だし、しっかりと集中して、いい試合をしたいですね。
そのことが、今後の勢いにも繋がることでしょう。

さて今回は、リバプールの対戦相手となるマンチェスター・ユナイテッドの試合日程について確認しておこうと思います。
続きを読む

混沌とするプレミアリーグ マンチェスター・シティがノリッチに勝ちきれず

raheem-sterling-martin-olsson-manchester-city-norwich-premier-league-final-whistle_3430190
今週末、リバプールはプレミアリーグの試合がなくお休みですが、他の会場では何試合かが行われています。

土曜日に開催された試合のひとつ、ノリッチ対マンチェスター・シティは、チームの自力からすればシティが勝つだろうと予想した筋が多かったと思いますが、スコアレスドローに終わっています。

これによって、さらにリバプールにはトップ4圏内の芽が拡がったと言えそうです。
続きを読む

ジエゴ・コスタに噛みつき疑惑 注目される処分の行方

Everton-v-Chelsea-FA-Cup (1)
昨日、3月12日(土)には、FAカップ準々決勝エバートン対チェルシー戦が行われました。

試合は、エバートンが2-0で勝利しましたが、今後物議を醸しそうな事態が発生しています。

それは、チェルシーのジエゴ・コスタがエバートンのギャレス・バリーの首元に噛みついているのではないか!というもの。

おそらく調査対象になるだろうし、噛みつきだと判断された場合、その処分内容が注目されます。

続きを読む

ポール・スコールズ 「ロベルト・フィルミーノは素晴らしい」

JS84740405
大胆な直言をすることで、その発言が何かと注目される元マンチェスター・ユナイテッドのポール・スコールズですが、今シーズンはずっとマンチェスター・ユナイテッドの戦いぶりに苦言を呈してきました。

先日のヨーロッパリーグ、リバプール戦の後も同様で、スコールズはマンチェスター・ユナイテッドに厳しい発言をしています。

そんなスコールズですが、ロベルト・フィルミーノが気に入ってしまったようで、惜しみない賞賛の言葉をおくっています。
続きを読む