ユルゲン・クロップ 「来シーズンのリバプールはより強くなって戻って来る!」

JS90391813 (1)
ヨーロッパリーグのタイトルを逃したことは、プレイヤーに哀しみを与え、もちろんファンも辛い思いをしていることでしょう。
そして、チームを率いたユルゲン・クロップも同様だと思います。

ただ、クロップという男は、決して転んだままではいないはずです。
失望感で一杯だったことでしょうが、「来シーズンのリバプールは変わる」と語り、チームを前進させることを約束しています。
続きを読む

コロ・トゥーレがリバプールへの残留希望を明かす

kolo-toure-liverpool_3469250
コロ・トゥーレにとって、リバプール最後の試合になる可能性もあったヨーロッパリーグ決勝ですが、タイトルを獲れなかったことが、コロ・トゥーレの心理に何らかの変化を与えるかもしれない・・・と、私はちょっとした期待をもっていました。

もし、リバプールが栄光を勝ち取っていたら、おそらくコロ・トゥーレは花道にしたのではないでしょうか。
しかし、セビージャ戦の試合後に、コロ・トゥーレは、リバプールに残りたい!という明確な意思表示をしました。
コロ・トゥーレとリバプールの間に残っている契約期間は来月までなので、あとはクラブがどう応えるかですね。
続きを読む

私が選ぶ2015-2016シーズン・リバプールの5大ニュース

JS90389675
ヨーロッパリーグ決勝も終わり、リバプールの2015-2016シーズンは、すべての日程を終了しました。
皆さん、お一人おひとりにとって、忘れられないシーンや出来事があったことと思います。

リバプールにとっては、昨シーズンと比べて、多くのことが変化したことも事実ではないでしょうか。
今回、全日程が終了したこともあり、あくまで私が選ぶ今シーズンのリバプール、その5大ニュースをまとめてみたいと思います。
続きを読む

波紋を呼ぶマリオ・バロテッリのツイート 意味はあるのか?

CiuTVAlXIAAO0yW
この夏、リバプールが考えなければいけない大きな課題として、マリオ・バロテッリの処遇があります。
一般的には、リバプールにはバロテッリの居場所はないとされていますが、では行き先があるのか?という問題があるのも事実です。

私自身、バロテッリのことを嫌いなわけではないし、ある意味、私が知っている人間の枠にはまらないスケールの人物だとも思っています。

ただ、ヨーロッパリーグの試合終了後にバロテッリが投稿したツイートには、批判も起こっており、コップから受け容れられる道を閉ざしてしまったようにも感じます。
続きを読む

ジェローム・シンクレアがワトフォード入りで合意間近か

jerome-sinclair-liverpool_3406177
今シーズンも全日程が終了し、クラブとしては、夏の移籍市場での仕事が本格的にはじまりますね。
既に、多くの補強候補の名前があがっていますが、リバプールへやって来るプレイヤーがいれば、自ずと去ってゆくプレイヤーもいます。

いろいろな情報等々を見る中で、やはりジェローム・シンクレアがリバプールを離れることは確実な模様です。
行き先は、以前から言われているようにワトフォードになるようで、ほぼ合意に達しているという段階かと思われます。
契約期間は、3年間とも言われています。

期待もされてきた若手だけに残念ですが、本人の希望、意思もあるだろうし、今シーズンでリバプールとの契約が切れる以上、仕方のないことですね。
続きを読む

印象的だったコロ・トゥーレの奮闘

JS90379033
ヨーロッパリーグ決勝での敗戦は、重ね重ね残念なことでした。
冷静に思い返してみて、個々のポジションにおける役割が十分には果たせなかった部分やシステムが機能しなかった点もあるかとは思います。

結果がすべて!という言葉もよく聞きますが、私としてはプロセスも大切にしたいと思うし、残念だった試合の中にあっても一欠片の光を探したいと思っています。

今回の試合において、コロ・トゥーレは、本当によくがんばってくれたのではないでしょうか。
試合中、ずっと集中していたし、よく走った。
さらには、左サイドバック寄りのポジションも、かなりカバーしていたように感じます。
続きを読む

この悔しさと失意を来シーズンのエネルギーに

CiwwRbfXEAAiJ6e
ヨーロッパリーグ決勝、対セビージャ戦が終了しました。

1-3でリバプールは敗戦。
タイトルを逃す結果に。

プレイヤー達はもちろん、世界中のコップが失意、落胆、悔しさの中にあることでしょう。
何が足りなかったのか。
どこに落とし穴があったのか。

いろいろ思うところはありますし、試合の内容について書くべきことも多々あります。
ただ、試合後のプレイヤー達の表情を見てしまっては、私にはそこに触れることができません。
続きを読む