リバプール対ミラン(インターナショナルチャンピオンズカップ)の試合日程や放送予定など

photo
プレシーズンマッチを5試合終えたリバプールですが、次なる試合はインターナショナルチャンピオンズカップという位置づけでの対ミラン戦となります。
リバプール対ミランといえば、やはり思い出すのはあの試合。
イスタンブールの奇跡ですね。

さて今回は、簡単にではございますが、この試合の日程や放送関係について触れてみたいと思います。
続きを読む

フィットネスに自信を深めるジェイムズ・ミルナー

james-milner (1)
チェルシー戦の結果と感想の稿でも触れさせていただきましたが、私としては、ジェイムズ・ミルナーの存在が非常に大きいと感じたものでした。
その後、ミルナー自身の試合後のコメントが出ており、本人も仕上がり、出来映えに満足感を抱いているようです。

試合には負けたものの、ポジティブな面もあったとミルナーは捉えており、コンディションの良さにも自信を深めた模様です。
続きを読む

マルコ・グルイッチの状態を心配するユルゲン・クロップ 記憶がない状態に 他怪我人の情報など

thumb_24641_default_news_size_5
対チェルシー戦のファーストハーフ終了間際、相手プレイヤーのトラオレと空中戦でぶつかりあったマルコ・グルイッチですが、頭を打っており、検査のために病院へ向かったそうです。
私が予想したよりも、ユルゲン・クロップは、かなり心配しているようで、決して安直に考えてはいけない状態なのかもしれません。

打った場所が頭なので、大事を取って、万全の検査を受けたほうがいいですね。
続きを読む

リバプール対チェルシー(インターナショナルチャンピオンズカップ)の結果と感想

thumb_24612_default_news_size_5
日本時間正午過ぎに、インターナショナルチャンピオンズカップとして、リバプール対チェルシーの試合が行われました。
私、やんごとなき事情により、試合結果と感想のアップが遅れましたこと、申し訳ありません。

試合結果から書きますと、0-1でリバプールが敗れました。
この試合、唯一のゴールは10分にコーナーキックからケイヒルがヘッドで決めたもの。
ただ、敗れはしたものの、リバプールが押し込まれていたわけではないし、まぁ、調整という意味合いで捉えればいいと思っています。
続きを読む

対チェルシー戦(インターナショナルチャンピオンズカップ) リバプールのスターティング・イレブン

CoavA72XgAAvpGf
この後、日本時間12:35にキックオフとなるインターナショナルチャンピオンズカップ、対チェルシー戦のスターティング・イレブンが発表となりました。
詳細は、LFCのグラフィックのとおりです。

まず、注目すべき点をあげてみると、予想したとおりセンターバックには、ラグナル・クラヴァンが先発入りを果たしました。
おそらく、デヤン・ロブレンを右、クラヴァンを左側で起用するものと思われます。
続きを読む

ベシクタシュ会長がマリオ・バロテッリへの関心を明かす

Mario Balotelli
この夏におけるリバプールの大きな課題のひとつとして、マリオ・バロテッリをどうするのか?ということがあるかと思います。
バロテッリは、既にユルゲン・クロップから「新シーズンのプランには入っていない」と、事実上の戦力外通告を受けており、アメリカツアーにも帯同していません。

こうなると、バロテッリあるいは彼の代理人としても、新天地を探す作業で大忙しといったところでしょう。
そんな中、ベシクタシュのフィクレト・オルマン会長が、バロテッリ獲得に前向きとも受け取れる発言をしたことが話題になっています。
続きを読む

ママドゥ・サコーのリバプールへの強制帰国は規律違反などの生活態度の問題か

mamadou-sakho
以前、速報的に、ママドゥ・サコーがツアー先であるアメリカからリバプールへの帰国を命じられたという記事をご紹介しましたが、負傷のリハビリに専念するためというより、サコーの練習態度、あるいは生活の乱れに原因があったようです。

サコーをアメリカへ連れていく前には、既に負傷はしており、おそらくそれが問題ではないだろうとは推測できましたし、同じく怪我を負っているルーカス・レイバとジョー・ゴメスは、しっかりアメリカでリハビリを行っていますしね・・・。
どうも、サコーの規律違反や生活態度の乱れが、一度では済まず、繰り返されたことから、さすがにユルゲン・クロップも、今回の決断に至ったというのが真相のようです。
続きを読む