エコーが選ぶリバプール(プレミアリーグ)最高のプレイヤーにスティーブン・ジェラード!


エコーでは、ジャーナリストやファンからの投票を経て、プレミアリーグ、25年間におけるリバプール最高のプレイヤーを選出したそうです。
ナンバー1に輝いたのは、スティーブン・ジェラード!
サプライズではないし、スティーブン・ジェラードのためにあるような賞ですが、やはり嬉しいものですね。
続きを読む

最後までプレミアリーグのチャンピオン争いに残るため今を生きよう!と語るユルゲン・クロップ


この場でも折に触れて、リバプールの黄金時代のことを書いてきましたが、イングランドのトップリーグ制覇18回を誇る歴史をもつクラブがリバプールであります。
ただ、プレミアリーグになってからは、いまだ優勝がなく、サポーターにとっても悲願となっています。
リバプールが、最後にトップリーグで優勝を飾ったのは、1989-1990シーズンのこと。
ユルゲン・クロップは、最後までチャンピン争いをするために、過去ではなく今を生きよう!という趣旨の発言をしています。
続きを読む

スーパーコンピューターが導き出したプレミアリーグの王者はリバプールに


クリスマスということで、今週のプレミアリーグは試合開催日が変則的であり、試合日程に注意が必要ですね。
明日、ボクシングデーからはリーグ戦の試合も再開されます。
さて、Expressが、ちょっとユニークな記事を掲載しています。
スーパーコンピューターが予測した今シーズンのプレミアリーグ覇者、さらに全順位が計算されています。
続きを読む

ジョゼ・モウリーニョ・アーセン・ベンゲル両監督がプレミアリーグの日程に不満 暗にチェルシー優遇を批判


マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が記者会見において、年末・年始におけるプレミアリーグの日程に不満を表明しています。
ほぼ同様のことをアーセナルのアーセン・ベンゲル監督も主張しており、いろいろ考えるきっかけにはなりそうですが、どうも暗に批判されているのは、現在首位にいるチェルシーだけが楽なスケジュールになっていることのようです。
続きを読む

ユリアン・ドラクスラー(ヴォルフスブルク)はPSG行きで合意に


既にご存知の方々もいらっしゃると思うのですが、ヴォルフスブルク所属のMF、ユリアン・ドラクスラー(ドイツ代表)の新天地はパリ・サンジェルマン(PSG)で合意に達したとの報が入っています。
リバプールの補強候補、その一人とされていましたので、一応触れておこうと思います。
ヴォルフスブルクが現地時間12月24日に公式発表をしています。
続きを読む

ジョーダン・ヘンダーソンはキャプテンとして成熟してきた(ジェイミー・キャラガー)


マージーサイドダービーは、実際に戦うプレイヤーのみならず、街の人々やOBなどにとっても特別な日だと言われます。
ジェイミー・キャラガーも、グディソンパークでリバプールが勝利したことを歓んでいる一人かと思います。
そのキャラガーですが、グディソンパークでのエバートン戦で見せたジョーダン・ヘンダーソンのパフォーマンスを高く評価しているようです。
続きを読む