アンドリー・ヤルモレンコ獲得レースはリバプールがリードとの説も

hi-res-980e2be598f99c9bf705d25b935e400d_crop_north (1)
多くのクラブが、この夏のターゲットにしているとされるディナモ・キエフ所属のアンドリー・ヤルモレンコ(ウクライナ)ですが、リバプールとの交渉に入っているのではないか?との憶測も流れているようです。

アンドリー・ヤルモレンコに関しては、リバプールの他にもプレミアリーグ勢では、アーセナルとエバートンが関心を示しているとされてきました。
特に、アーセナルはかなり以前から、その獲得を熱望しているようです。

そんな中、彼の代理人が、リバプール優位とも受け取れるヒントをほのめかしているとも・・・・。
ただ、駆け引きもあるだろうし、決まるまでは分かりませんね。

アンドリー・ヤルモレンコは、1989年10月23日生まれの26歳で、長身の点取り屋です。
ただ、長身ですが、足下の技術にも優れており、かねてからリバプールのターゲットの一人とも目されていました。

過日のこと、ウクライナのメディアが報じていた記事を思い出してみると、アンドリー・ヤルモレンコ獲得に必要となる資金は、£25mほどとも言われていました。

攻撃的プレイヤーに関しては、リバプールの補強候補として、かなりの人数の名前があがっており、誰が本命なのか?は、しっかり見ていく必要がありそうです。

ただ、アンドリー・ヤルモレンコ自身は、この夏にはイングランドへ渡りたいという希望を明かしているし、基本的にはディナモ・キエフを離れる方向で推移しているのは事実かもしれません。

思えば、今シーズンも残り僅かですね。
今後ますます、移籍関連の報道が増えてくることでしょう。

とりあえず今は、アンドリー・ヤルモレンコの名前も念頭に入れておこう。
そんな風に思っております。

LINEで送る
Pocket