ジェコ獲得報道に思うことなど

hi-res-186643917-edin-dzeko-of-manchester-city-in-action-during-the_crop_exact

リバプールの新ストライカー候補については、メディアが報じるものを鵜呑みにすれば、それはもう大層な人数の名前があがっていますね。

そんな中、いまだに注目を集めているのが、ラヒーム・スターリングをシティが獲得するために、エディン・ジェコをリバプールに出す・・・という趣旨の記事です。

ジェコに関していえば、その報道は、各誌ばらばらで、リバプール以外のクラブへ行くとか、そもそも、リバプールがジェコを欲しがっていないとか・・・・、いやいやリバプールは、ジェコを必要としているとか・・・・。

正直に言って、まったく分かりません。

しかし、ひとつ言えることは、現在名前のあがっているストライカーを取りにいくにしても、新シーズンは、どんなチームづくりをして、どのような戦い方、チームスタイルを目指すのか?が、打ち出せない以上、ベスト・フィットのストライカーに照準を合わせるのも、非常に難しい作業だと思います。

リバプールは、ここ数年、スロースターターというイメージがついてしまいました。
しかし、厳しいプレミアリーグで勝ち残るためには、スタートダッシュが効いてくると思うし、序盤で躓くと、それを取り返すのは、至難の業かと思います。

ジェコをどうする?という話以前に、ぜひ、新シーズンにおいて、リバプールが目指すフットボールの形を、しっかり固めてほしいですね。

これから移籍マーケットが開き、プレシーズンでのトレーニングを行うにあたって、アドバンテージを築くためにも、ぜひ、クラブのビジョンを示してほしいと望みます。

それも、長期的なものだけではなく、いまや来シーズンにも結果が出せる短期スパンのビジョンが必要になっているのではないでしょうか。

目先のことを追う・・・・という表現は、ネガティブに受け止められがちですが、現在のリバプールには、その目先にこだわる姿勢も必要だと愚行しております。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]