ロリス・カリウス 「ユルゲン・クロップの元で指導を受けたかった」

Cjx5UdrVAAAD8A6
晴れて、マインツからリバプールへ加入することが決まったゴールキーパーのロリス・カリウスですが、リバプールからの話を逃すことができなかった大きな理由として、ユルゲン・クロップの元での指導を受けたかったという発言をしています。

ドイツの人々にとっては、特にユルゲン・クロップの存在は大きいものがあるでしょうし、カリウスの話もまんざらお世辞ではないと思います。
ぜひ、気持ちのよいプレシーズンを送って、リバプールのために活躍してほしいですね。

カリウスは、早くのプレシーズンにおいて、ユルゲン・クロップの元でトレーニングをすることを楽しみにしているそうで、「もう待ちきれないよ!」という発言までしています。

(LK)
彼(ユルゲン・クロップ)の存在が、大きな要因だったよ。(リバプールを選んだこと)
なぜなら、彼は世界でも最高の監督の一人だからね!
それに彼は、若いプレイヤーを成長させてくれることを証明してきたんだ。

クラブには伝統があり、世界でも希に見る雰囲気を持っているよね。
何もかもが、完璧なパッケージだったよ!

thumb_22030_default_news_size_5

カリウスにとっては、リバプールは世界でも出色したクラブであり、しかもその指導者がユルゲン・クロップである。
このことがあって、断る理由はない!ということでしょうか。

自ら選んだ道を「パーフェクト!」と言える移籍は、そうは多くないと思います。

カリウスのモチベーションは、かなり高そうですね。
これは、シモン・ミニョレも、うかうかとはしていられない状況になりそうです。

リバプールのゴールを守っているのは誰か!?
ひとつ見どころが増えた感があります。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]