リバプールのディフェンダー候補にジェレミー・マテュー(バルセロナ)の名前も浮上

960
どこまで信憑性があるのか?は、分かりませんが、フランスのメディアでは、リバプールがバルセロナ所属のDF、ジェレミー・マテューを補強候補の一人として検討しているという報道がなされています。
おそらくこれは、リバプールのセンターバックに負傷者が相次いでいることと無関係ではないと思います。

ジェレミー・マテューは、センターバックの左側あるいは左サイドバックでもプレイできるタイプで、年齢的には32歳ではあるものの、そのプレイぶりを評価するバルサファンも多いようです。

体躯に恵まれており、公称身長190cm、体重85kgと、いわゆる大型の部類に属するディフェンダーですね。
元来、ジェレミー・マテューは、左サイドバックを本職としていたそうですが、アキレス腱を痛めたこともあり、センターバックにコンバート。
それが見事にあたり、活躍するようになったとも言われています。

Jérémy-Mathieu

リバプールとしては、何としてでもプレミアリーグ開幕前、しかも極力早い段階で、もう一人のセンターバックに目途をつけたいところでありましょう。

そういった状況もあるがゆえに、今回の報道に繋がっているのかと推察しますが、果たして事実はどこにあるのか?

現時点におけるリバプールは、センターバック、さらには左サイドバックの補強が急務であることは、まず間違いのないところかと思います。

今後の動向に注視していきたいと思っています。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]