マルコ・グルイッチの状態を心配するユルゲン・クロップ 記憶がない状態に 他怪我人の情報など

thumb_24641_default_news_size_5
対チェルシー戦のファーストハーフ終了間際、相手プレイヤーのトラオレと空中戦でぶつかりあったマルコ・グルイッチですが、頭を打っており、検査のために病院へ向かったそうです。
私が予想したよりも、ユルゲン・クロップは、かなり心配しているようで、決して安直に考えてはいけない状態なのかもしれません。

打った場所が頭なので、大事を取って、万全の検査を受けたほうがいいですね。

試合後にユルゲン・クロップが、マルコ・グルイッチに関してコメントしたという内容は、概ね次のようなものです。

「今の私にとって重大な問題は、マルコ・グルイッチが病院にいるということだよ」

「彼は、何も憶えていないんだ」

「非常によくないことだ」

「シリアスなものでないことを祈っている。だが、現時点においては、決して良いものとは言えないね」

「こういったプレシーズンの試合にあっては、怪我が一番よくないことなんだ」

一方、ジョエル・マティプに関しては、光明が見えてきたようです。
足首に問題を抱えていたため、チェルシー戦はお休みしたマティプですが、回復基調にあり、フルフィットネスに近づいているとのことでした。
リバプールファンにとっては、まずは一安心といったところでしょうか。

JS95806390

また、今日の試合の70分あたりでしたか、セスクからある意味邪悪なタックルを受けたラグナル・クラヴァンですが、足をさらわれた角度が危険だったため、かなり心配しましたが、その後もプレイを続行しており、大事には至らずに済みそうです。

ユルゲン・クロップのコメントからする限り、今一番心配なのは、マルコ・グルイッチの状態だと言ってよさそうです。

頭部だけに、慎重にも慎重を期して、しっかり検査をした上で、今後どうするかを決めていってほしいですね。
もし、マルコ・グルイッチに関する続報が入りましたら、お知らせしたいと思っています。

心配です。

マルコ!
YNWA!

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]