リバプールのデッドラインデー どんな動きが起こるのか?

MarioBalotelli-594745
今日はいわゆるデッドラインデー、移籍市場が閉じる日とあって、今や交渉も熱を帯びていることでしょう。
さて、この最終日、リバプールに何が起こるのか?あるいは起こる可能性があるのか?
注目点などを整理しておきたいと思います。

まずは、何と言ってもマリオ・バロテッリの去就がどうなるか?が注目されます。
早い段階で戦力外通告を受けていたバロテッリですが、いよいよ最終日まで来ました。
どういう展開が待っているのかを見極める必要がありそうです。

次に、ほぼ決まりそうな状況にありそうなのは、ルイス・アルベルトとアンドレ・ウィズダムの放出でしょうか。
これまでに出て来ている情報によれば、ルイス・アルベルトは完全移籍、アンドレ・ウィズダムはローンの公算が強いようです。

さらに、ママドゥ・サコー、ラザル・マルコヴィッチ、チアゴ・イロリが、ローンも含めてリバプールを離れるというニュースが出て来る可能性も考えられますね。
ただ、全部が全部、クラブが描いたシナリオ通りに進むか?は、相手のあることだし、ギリギリまで分からないと、私としては思っています。

あとは、本当にコナー・ランドールを出してしまうのか?という点にも注目してみたいですね。
それと併せて、左サイドバックは結局補強なしでいくのか?それとも水面下で進めていた話があったのか?が、明らかになります。

補強面に関しては、まったく誰が来るのか?予想がつきません。
これまでに出ている名前は、攻撃的なプレイヤーが多かった印象がありますが、どんな結末が待っているのでしょうか。

これからの動きが非常に注目されます。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]