ママドゥ・サコーがU23ヴォルフスブルク戦に先発出場

thumb_27941_default_news_size_5
このところ、何かと騒々しくなっている感のあるママドゥ・サコー周辺ですが、事が表立ったきっかけのひとつは、サコーが「自分はもう既にプレイできる状態にある」とし、チームと申しますかユルゲン・クロップの方針、対応について不満をぶちまけたところにあるかと思います。
サコーに関しては、いろいろな意見も飛び交っている中、現地時間9月28日(水)に開催されたU23の試合、対ヴォルフスブルク戦では先発出場となりました。
サコーにとっては、本当に久しぶりの実戦となりましたね。

試合自体は、1-2でリバプールが敗れていますが、試合に出場できたことをサコー自身は率直に歓んでいるようです。
今後、リバプールあるいはクロップが、サコーをどのように扱っていくか?に注目が集まるかと思いますが、U23とはいえ、試合に起用したということは、何らかの変化が生じるきっかけになるやもしれません。

サコーは、試合に戻れた歓びを自身のTwitterでもあらわしています。

ただ、ファーストチームにおけるセンターバックについては、ジョエル・マティプとデヤン・ロブレンがポジションを確立しつつあり、控えとしてラグナル・クラヴァンが安定したパフォーマンスを発揮しています。
ここにサコーが入り込んでいくには、相当の努力も必要となることでしょう。

夏の移籍市場において、リバプールから去ることを拒んだサコー。
では1月にはどうなるのか?
そのへんも含めて、今後の動向、サコーの処遇を見ていく必要がありそうです。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]