マージーサイド警察がデヤン・ロブレンの運転ビデオを調査

dejan-lovren_1
Skysportsが報じるところによれば、マージーサイド警察が、デヤン・ロブレンが車を運転しているビデオについて調査をしているとのことです。
安全運転の観点から問題があるのではないか?という趣旨だと考えられます。
今回、警察が目をつけたビデオは、何とクラブのオフィシャルTVに投稿されたものだそうで、既に削除する措置が取られているようです。

私なりに、ごく簡単に状況をまとめますと、こういうことかと思います。
オフィシャルのTVに投稿された動画は、デヤン・ロブレンが運転し、マルコ・グルイッチとラザル・マルコヴィッチが同乗していたもの。

仲のいいチームメイトとドライビングをしながら”You’ll Never Walk Alone”を歌っていた・・・ということで、まぁファンとしては微笑ましいと捉えた筋もあったと思います。
当然、悪気があったわけではないし、だからこそクラブもアップロードしたのでしょう。

ただ、問題視されたのは、どうもロブレンが両手をステアリングから離しており、携帯も使っていたという状況があったようです。

リバプールとしては、すぐに動画を削除する措置をとり、警察の助言を受け入れる姿勢だとのことなので、おそらく重い処分にはならないだろうとは思います。
注意を受けとめて、今後このようなことがないようにいたしますという意思を警察に伝えることで収まる可能性もあるかもしれません。

明日のスウォンジー戦で、ロブレンに心理的な影響がなければいいな・・・とは思いますが、まず大丈夫ではないかと推測はされます。
ただ、安全運転には留意しましょう。

私も含めて。
車大好き人間ですので・・・。

LINEで送る
Pocket