リバプールが1月にもマフムード・ダフード獲得オファーとの報道も

hi-res-4875147adb087a498086a1825e22ab40_crop_north
リバプールが、ボルシアMG所属のミッドフィールダー、マフムード・ダフードに関心をもっているという噂は、かねてから多々あがっているわけですが、ここへ来てその話が再燃しているようです。
ここ最近でも、各種メディアが、時折報じてきたのも事実ですが、エコーの記事を読み込んでいくと、どうも1月にもオファーをする用意をしているという説が浮上しています。

マフムード・ダフードに関するメディア情報で、これまでの流れを見てきた中でほぼ一致しているのは、獲得に乗り出そうとしているのは、リバプール、マンチェスター・シティ、それにセリエAからユベントスだという点でした。

実際、リバプールは今年の夏にも交渉をしていたようですが、その際にはボルシアMG側が手放さないという強い姿勢を崩さず、破談になったとされています。
ただ、来年の夏になると、契約上の条件で、移籍金がかなり低くなるようで、ユベントスがそれを見据えて1月にも£13.4mを提示するとの報道が多々あがっていました。

そんな中、Expressの記事を引用する形でエコーは、リバプールが1月に£25mを提示する用意をしているとのこと。
噂は噂でしかありませんが、リバプールは何度となくマフムード・ダフードを視察するために、スカウトを送り込んでいるともされており、1月はちょっと見ものかもしれません。

ただ、私なりに思うのは、以前と比べた場合、マフムード・ダフードを必要とする度合いが、リバプールとして変化しているのではないか?ということです。
あくまで私見に過ぎませんが、ジョーダン・ヘンダーソンは元々素晴らしいプレイヤーですが、ここまで中盤の底として才能を開花させるとは、予想以上でした。
しかもリバプールには、エムレ・チャンもおり、仮に左サイドバックを獲得したとするならば、ジェイムズ・ミルナーのポジションはどうする?という課題もあります。

それでもマフムード・ダフードが必要なのだ!ということであれば、かなりの高評価をしていると言えるかと思います。

まずは、1月の移籍市場がどうなるのか?
よくよく見ていきたいと思っています。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]