ママドゥ・サコーの1月放出は既定路線か 「サコーはファーストチームのプランに入っていない:ユルゲン・クロップ」

js88298396
「ママドゥ・サコーのリバプールでのキャリアは終わった」というインパクトのある書き出しで、エコーが大きく記事にしています。
エコーによればですが、リバプールは1月にママドゥ・サコーを放出する方針であり、ユルゲン・クロップの構想には含まれていないとのこと。
今回は、ちょっとそのことに触れてみたいと思います。

ママドゥ・サコーといえば、その歯車が狂いはじめたのは、UEFAからかけられたドーピング疑惑からでした。
その件に関する処分は覆されたものの、アメリカでのプレシーズンのトレーニング期間において、イングランドへ一人帰されるという事態が起きています。

負傷もありましたが、シーズン開幕以来、出場機会はなく、現在は主にU23の試合に出ています。

ボーンマス戦を控えた記者会見の場で、ユルゲン・クロップは、1月の移籍市場に係る質問に対し、「ファーストチームからは、誰一人放出することはない」と、全員を残す意向を示していました。
しかし、この「ファーストチームから」というところにおいて、ママドゥ・サコーは、含まれていないということかと思います。

このママドゥ・サコーに関することについて、エコーがユルゲン・クロップのコメントを上げていますが、次のようなことを言っているようです。

「何も変わっていないよ」

「彼は、ファーストチームのプランに入っていない。ファーストチームの顔ぶれはここ(メルウッド)にいる。ご存知のとおりだ」

おそらく、ユルゲン・クロップのスタンスが今後ぶれることはないかと思いますし、ママドゥ・サコー自身も出場機会が欲しいのは当然だし、こういった状況になった以上、1月の移籍を受け容れる可能性は高そうです。

問題は、どこがママドゥ・サコー獲得に動くか?というところですね。
以前から、ウェストブロムとストークが、ママドゥ・サコー獲得に関心を示していると報じられてきましたが、その動きが再燃するのか?

また一方、以前あるメディアで読んだ情報では、プレミアリーグのチームに売ることは難しいという見解も存在し、1月になって、正式に決まるまでは分からないかと思います。

ただ、ママドゥ・サコーファンの皆さんにとっては、とても残念なニュースではあることでしょう。

フランス代表のこともあるし、ママドゥ・サコーにとってベストな未来が待っていることを願っています。

LINEで送る
Pocket