ミランとインテルがママドゥ・サコー獲得に関心を示す メディアより


リバプールでは構想外だと報じられているママドゥ・サコーですが、1月にも新天地を求めるだろうとの声も多々あがっております。
ママドゥ・サコーがおかれた現状を見れば、本人のためにも、出場機会のある場所を見つけることがベターなのかもしれません。
そのママドゥ・サコーに対し、ミランとインテルが興味を持っているとの報道が出ております。

報じているのは、英国メディアだとtalksportで、両チーム共に1月の補強候補としてママドゥ・サコーをピックアップしているとか。
ただ、同誌によれば、完全移籍ということではなく、夏を見据えて、まずはローンで獲りたいという意向だとしています。

リバプールとしては、起用する予定がないのならば、完全移籍が望ましいのでしょうが、これは契約上のこともあり、どこかで妥協点を探る必要があるかと思います。

おそらく、ユルゲン・クロップとしては、今後のことを見据えた場合、センターバックの中心には、ジョエル・マティプを考えているのだろうと思われます。
デヤン・ロブレンの怪我がどの程度か?にもよりますが、これまでの起用法を見ると、ラグナル・クラヴァン、ルーカス・レイバ、さらには怪我から戻ってきたジョー・ゴメスにどこかでチャンスを与えるというプランでしょうか。

ママドゥ・サコーの場合は、フランス代表のこともあり、やはりトップチームでコンスタントにプレイをしておく必要があるかと思います。
現状を見る限り、ママドゥ・サコーが1月にリバプールを去る可能性は、極めて高そうです。
あとは、完全移籍なのか?ローンなのか?という部分が焦点になってきそうです。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]