リバプール対マンチェスター・シティの対戦成績など参考データ


2016年のフィナーレを飾るビッグマッチ、リバプール対マンチェスター・シティ戦のキックオフが近づいてまいりました。
今回は、両チームの対戦成績など、参考データをまとめてみたいと思います。

なお、ここでご紹介するデータは、Liverpoolfc.comが公表しているものを元に、私なりにピックアップしたものです。

・昨シーズンにおける両チームの対戦成績
プレミアリーグは、リバプールのダブル!
・アウェイ試合:リバプールが1-4で勝利。
・ホーム試合:リバプールが3-0で勝利。
2試合合計だと、何と7-1ですね。
リバプールが、上位陣に対して、いかに強いかを表していると思います。

なお、リバプールとマンチェスター・シティは、昨シーズン、リーグカップのファイナルで対戦していますが、その際には1-1のドローで終わり、PK戦となっています。

・ロベルト・フィルミーノのリバプール・ファーストゴール
昨年11月にエティハド・スタジアムで、ロベルト・フィルミーノがゴールを決めていますが、これがフィルミーノにとって、リバプールでの初ゴールでした。

・マンチェスター・シティに強いリバプール
ここ32回のリーグ戦における対戦において(ホーム&アウェイ)、リバプールが敗れたのは6回だけです。

リバプールは、黄金時代があるため、ほとんどのチームにトータルでは勝ち越していますが、シティが改革をした後も相性のよい対戦となっています。

・プレミアリーグになってからの対戦成績
リバプールの17勝、14分け、7敗。
アンフィールドでは、リバプールの13勝、5分け、1敗。

何と、リバプールは、プレミアリーグになってから、アンフィールドでは1度しか負けていないということですね。

・2016年においてリバプールは最多得点中
リバプールは、2016年において、86ゴールを決めており、これはプレミアリーグ勢で最高の記録です。
ロベルト・フィルミーノ(15ゴール)、アダム・ララーナ(11ゴール)、ジェイムズ・ミルナー、ディヴォック・オリギ、フィリペ・コウチーニョ、サディオ・マネ(8ゴール)など。

・サディオ・マネのハットトリック
昨シーズンのこと、サディオ・マネは、サウサンプトンのプレイヤーとして、マンチェスター・シティ戦でハットトリックを決めています。

サディオ・マネの記録は頼もしいですね。
まだ昨シーズンのこと、マンチェスター・シティからハットトリックを決めているとは。

どうも、マネの中では、ペップ・グアルディオラ監督に対し、お得意様的な気分もあるようです。
以前、フレンドリーマッチですが、グアルディオラ監督がバイエルンを率いていたときもマネがゴールを決めて勝利しているという話を聞きました。

ユルゲン・クロップ監督になってから、いわゆる6強同士の直接対決では、リバプールは非常に良い成績を残してきています。
強いチームに強いリバプール。

今日もその本領を発揮してほしいですね。

LINEで送る
Pocket