リバプール対マンチェスター・シティ戦の結果と感想


リバプールファンの皆様、あけましておめでとうございます!
本年も、よろしくお願いいたします。
先ほど、アンフィールドでの対マンチェスター・シティ戦が終了しました。
試合結果は、1-0でリバプールが勝利!
シティを相手にクリーンシートを達成しています。

決勝ゴールとなったシュートを決めたのは、ジョルジニオ・ワイナルドゥム!
8分のことでした。
左サイドからアダム・ララーナが入れたクロスに、ゴール前に入って来ていたジニが、しっかりとヘッドで決めきったもの。

ジニのヘディングは素晴らしかったし、クロスをあげたララーナも誉めたいと思います。
あの位置に、ジニが入って来ているところが、今シーズンにおけるリバプールの特徴ではないでしょうか。

1-0というスコアではありましたが、緊張感のある試合になったと思います。
リバプールは、よく集中していたし、シティが相手だからこそでしょうが、カウンターの鋭さを見せてもらった気がします。

また、ゴールを決めたジニは、今日の試合でも攻守に効いていましたね。
さらに、シティ相手でも、ラグナル・クラヴァンがオッケー!ということも分かりました。

もうひとつ書くと、戦前この場で書きました注目したいマッチング・・・。
ジェイムズ・ミルナー対ラヒーム・スターリングですが、キックオフ直後から、かなり激しくバトルがありました。
ミルナーはさすがでした。

これで、リバプールは勝ち点3を積み上げ、シティとのポイント差を4にひろげました。

なお、交代枠ですが、次のとおりです。

・64分 ジョーダン・ヘンダーソン→ディヴォック・オリギ
・89分 サディオ・マネ→ルーカス・レイバ

ヘンドは、どこかを痛めた仕草がありましたが、ドレッシングルームには戻らず、ベンチで観戦していました。
ただ、滅多に痛がらないプレイヤーなので、どんな状況なのかが分かるまでは心配ですね。

新年最初の記事で、嬉しい報告が出来て、本当によかった!と、思っています。

リバプールファンの皆様にとって、最高の一年となりますように!

LINEで送る
Pocket