ユルゲン・クロップ 「今はまだタイトルのことは考えない」


プレミアリーグは、ちょうど第19節を終え、これからの試合は2巡目の対戦となります。
そういった節目の試合で、マンチェスター・シティに勝利したことは、非常に大きなことだと思います。
しかし、ユルゲン・クロップは、まだ今の段階では、タイトルのことは考えないという趣旨の発言をしています。

要するに、ユルゲン・クロップとしては、一つひとつの試合をしっかりと戦っていくことが大切で、タイトルのことを考えるのは、もっと先だということを言っているのだと思います。

ユルゲン・クロップのコメントについては、BBCが報じていますので、ここではそのごく一部ですが、私なりにご紹介してみたいと思います。

(Jurgen Klopp)

私達は、私達の試合に勝利していかなければならない。
その上で、私達がどこまで行けるかを見ないとね。

5試合、6試合、7試合と過ぎていけば、また別の見方も出来ることだろう。
だが、今の段階では、とにかくポイントを重ねることだよ。

このリーグは、信じられないほどに難しい。
チェルシーは、かなり強いね。13連勝とは。
悪くない。

ユルゲン・クロップのコメントからは、チェルシーの13連勝という戦績は、ある意味信じられないほどだということ。
それでも、6ポイント差に付けているチームがいる!ということも言いたかったのだと思います。

まず、今のリバプールにとって重要なのは、眼前にあるサンダーランド戦でしっかりと勝利をおさめることですね。
中1日と、非常に厳しい試合日程ですので、プレイヤーのやり繰りも難しいと思いますが、シティ戦の勝利に意味を持たせるためにも、サンダーランドからは着実に3ポイントをゲットすることが重要かと思います。

LINEで送る
Pocket