ガラタサライがママドゥ・サコー獲得を希望か メディアより


1月の移籍市場においては、リバプールから出て行くプレイヤーは少ないと思われていますが、どうしても話題にあがるのはママドゥ・サコーの処遇かと思います。
これまでも、ウェストハムやウェストブロムがサコーを欲しがっているという報道が出ていました。
昨年夏の際には、ローン移籍を拒んだサコーでしたが、リバプールでの現状を見る限り、1月に何らかの決断をする可能性もあるかもしれませんね。

そのサコーを1月に欲しがっているとされるのがトルコのガラタサライだとのこと。
Expressが報じています。

元々のソースは、トルコ国内のメディア筋のようで、AMKが、ガラタサライが補強に動いていると報じているそうです。

現時点では、ローンという形での報道のようですが、サコーの場合、決して週給が低いわけではなく、その点がネックになると思われてきましたが、ガラタサライはリバプールの要求を満たすだけの準備が出来ているとも・・・。

サコーのことを考えたとき、このままリバプールにいるよりも、トップチームでレギュラークラスとして活躍する場を与えるほうが良いのかもしれません。
現状では、ベンチ要員にもなっていないし、フランス代表のことも考慮すれば、サコーも夏の時点とは考えが変わっているかと思います。

ただ、サコーがトルコへ渡る気持ちになるかどうか?は、やや微妙な部分も残ると、私としては推察しています。

年齢的にも、まだまだこれからという時期だし、サコー本人にとってベターな道を選んでほしいですね。

LINEで送る
Pocket