FAカップ(プリマス・アーガイル戦)を控えた負傷者の状況について


リバプールの次なる公式戦は、日曜日開催のFAカップ3回戦となりますが、本日ユルゲン・クロップ監督の記者会見が行われ、現時点での負傷者の状況について説明がありました。
まず、サンダーランド戦で負傷により途中交代したジェイムズ・ミルナーとダニエル・スタリッジですが、ジェイムズ・ミルナーは日曜日には間に合わない見込みだとのことです。

ダニエル・スタリッジに関しては、ユルゲン・クロップ監督が記者会見を行った時点では、まだトレーニングが出来ていないそうですが、現地時間今日にもトレーニングに戻れる予定だとのこと。
ただ、今日トレーニングに戻っても、無理はさせないかもしれませんね。

なお、フィリペ・コウチーニョとジョエル・マティプについては、とても順調なようです。
ただ、日曜日となると、まだ早過ぎるだろうというのが、ユルゲン・クロップ監督の判断です。

ジェイムズ・ミルナーの件に戻りますと、シリアスなものには至っていないようで、おそらく大事を取ってという考えに基づくもののようです。
断言は出来ませんが、マンチェスター・ユナイテッド戦には間に合うのではないかと、私は受けとめました。

FAカップは、歴史ある大きな大会ですが、こういうときこそ、普段出場機会に恵まれないプレイヤーや若手を積極的に登用してほしいですね。
そのことで、年末~年始にかけて負荷のかかった主力の体力を回復することもできる。

私としては、FAカップは、普段とはまた違った角度からの楽しみ方があるように思っています。
ぜひ、若手達が大きく羽ばたくきっかけづくりに活用したいところです。

なお、ユルゲン・クロップ監督の言葉を聞く限り、コウチとマティプは、非常に良い状態にあるようですので、復帰も秒読みかと思います。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]