サウサンプトン戦に備えたメルウッドでの月曜日の風景


現地時間1月11日には、リーグカップ(EFLカップ)の準決勝ファーストレグ・対サウサンプトン戦が行われます。
昨シーズンは、決勝まで進みPK戦までもつれこむ展開となり、あと一歩タイトルに届かなかったリバプール。
今シーズンこそは!と、心に期すものは当然あると思います。

今回は、月曜日の午前中にメルウッドで行われたトレーニングの模様が一部公開されておりますので、その様子を見てまいりたいと思います。

コンディションは整った!
フィリペ・コウチーニョが、いよいよ戻ってくる時がやってきました。

この写真を見ても、すっかり回復していることが分かりますね。

ジニは、いつも明るいですねー。
きっと、リバプールの生活に馴染んでいるのでしょう。

今や、リバプールに欠かせない重要な存在となったアダム・ララーナ。
マンチェスター・ユナイテッド戦のこともありますが、今回は相手がセインツということで、本人は出たいでしょうね。

ダニエル・スタリッジも、今回は負傷離脱が短く済み、リーグカップあるいはユナイテッド戦のどこかで、出番も巡って来るのではないでしょうか。

ユルゲン・クロップが監督に就任して以来、メンタル面で一皮向けた一人が、デヤン・ロブレンかと思います。
セインツ戦は古巣との対戦だし、気持ちも入っていることでしょう。

ジェイムズ・ミルナーの怪我の状況も、よくなっているようです。
シリアスなものでなくて、本当によかったと思います。

ジョエル・マティプの状態も非常によくなっているとのこと。
日程的には、やはり照準はユナイテッド戦でしょうか。

ミルナーの状態が回復したとは言っても、セインツ戦、ユナイテッド戦と続くことから、アルベルト・モレノも、いつ出番が来てもいいように、準備を整えておいてほしいですね。

すっかりトップチームと行動を共にするようになった若手達。
いい経験を日々積んでいますね。

これからは、セインツ戦とユナイテッド戦が、続けざまにやってきます。
リバプールが、どんなプランで、この2試合を乗り切るか。
見どころの多い2試合になるかと思います。

負傷者も戻って来ているし、今一度ギアを入れ直して、ダッシュをかけたい!ですね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]