リバプール対サウサンプトン戦の参考データなど(リーグカップでのアウェイ戦に強いリバプール)


リーグカップ(EFLカップ)準決勝ファーストレグのキックオフが近づいてまいりましたね。
昨シーズンは決勝まで進み、PK戦で優勝を逃す経験をしたレッズだけに、今シーズンこそ!という気持ちは、プレイヤー、ファン共通のものかと思います。
今回は、この対戦に当たっての参考データを若干まとめてみたいと思います。

なお、ここでご紹介するデータはLFCが公表しているものから私なりにピックアップしたものです。

・リーグカップにおけるリバプール対サウサンプトンの対戦
両チームがリーグカップで対戦するのは7度目となります。
過去6回の対戦ではリバプールが4勝という成績を残しています。

・昨シーズンもリーグカップで対戦した両チーム
2015-2016シーズンもリバプールとサウサンプトンはリーグカップで対戦しています。
準々決勝をアウェイで戦ったレッズが、1-6という大勝をおさめています。

・リバプールのリーグカップ準決勝進出
17回目
やはり、歴史あるクラブだということを感じますね。

・アウェイでのリーグカップに強いリバプール
リバプールは、リーグカップにおいてアウェイで戦った最近13試合のうち、11試合で勝利しています。
このカップ戦に関しては、レッズはアウェイで強い!ということが、数字に表れているようです。
なお、アウェイで勝てなかった2試合とは、オールド・トラフォードとスタンフォード・ブリッジだそうです。

・リーグカップで得点率が高いダニエル・スタリッジ
リバプールにおいてダニエル・スタリッジは、リーグカップ6試合出場で8ゴールを決めるという、かなり高い得点率を誇っているとのことです。
対戦相手にもよるとは思いますが、それにしてもすごい得点率ですね。

昨シーズンのリーグカップでサウサンプトンと戦い大勝したときには、ディヴォック・オリギの活躍が、非常に印象的でした。
リバプールとしては、次節プレミアリーグでのマンチェスター・ユナイテッド戦も控えており、まずは今日の試合をどんなメンバーで切り抜けるかに注目が集まりそうです。

ホーム&アウェイ方式ということも、ちょっと意味を持ってくるかもしれませんね。
ただ、いずれにしても負けたくはありませんから、まずはクリーンシートは狙って行きたいところです。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]