デッドラインデーにリバプールはマフムード・ダフード獲得に動く!? メディアより


ボルシアMG所属のMF、マフムード・ダフードといえば、以前からユルゲン・クロップが獲得を熱望してきたタレントだと言われています。
ただ、この1月での獲得は困難であり、リバプールは夏まで待つのではないかとの報道が多かったことも確かです。
しかし、Expressは、リバプールがデッドラインデーにマフムード・ダフード獲得に動く!と報じています。

ボルシアMGとしては、マフムード・ダフードを出したくないという考えは一貫して持っているものの、同誌が報じるところによれば、マフムード・ダフードは契約延長を拒絶している状態だとか。

メディア情報のことではあり、どこまで信憑性があるか?は、まず考慮しなければいけませんが、仮にマフムード・ダフードがリバプールへやって来ることがあれば、ポジション的にも非常に効果的な補強になるように思います。

早いもので、1月も30日となりました。
これからの残された時間で、何らかの動きがあるのか?

一方、マフムード・ダフードに関しては、ミランとユベントスも獲得を狙っているとされています。
もし本当に、本気でリバプールが、マフムード・ダフード獲得に本腰を入れるならば、それらのクラブとの争奪戦を制する必要があります。

仮定での話でしかありませんが、もしリバプールが、マフムード・ダフード獲得に成功するならば、ジョーダン・ヘンダーソンの負担も軽減されるし、場合によっては、ヘンドを一列前にあげてプレイさせることも可能となります。

移籍市場の窓が開いている時間もあと僅か。
ドラマは待っているのでしょうか。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]