リバプール対チェルシーの対戦成績など参考データ


アンフィールドでのビッグマッチ、対チェルシー戦のキックオフが、日本時間明朝に迫って来ました。
私としては、以前も書きましたとおり、この試合は、リバプールが自信を取り戻すためのもの!と、捉えております。
今回は、まず勝ち点差がどうのというよりも、とにかく勝利し、追い上げのきっかけにしたいですね。

さて、両チームのこれまでにおける対戦成績などについて、若干まとめてみたいと思います。
データ類については、Liverpoolfc.comが公表しているものを参照し、私なりにピックアップさせていただきます。

・プレミアリーグとなって50回目の対戦
過去49試合での対戦では、リバプールの19勝、11分け、19敗という数字が残っています。
まったくのイーブンという結果ですね。

・アンフィールドにおける対戦成績(プレミアリーグ)
リバプールの13勝、5分け、6敗。

・アンフィールドにおける直近4試合の成績
リバプールは2分け、2敗。
アンフィールドにおけるプレミアリーグの総合成績では、リバプールが勝っていますが、最近は勝ち切れていないことが分かります。
今日こそは勝利を呼びたいところです。

・今シーズンにおけるスタンフォード・ブリッジでの対戦
1-2でリバプールが勝利。
リバプールの得点者は、デヤン・ロブレンとジョーダン・ヘンダーソン

・デヤン・ロブレンのリバプール公式戦100試合出場
今回のチェルシー戦にデヤン・ロブレンが出場を果たすと、リバプールでの公式戦100試合出場達成となります。

・プレミアリーグで4度目のダブルなるか
リバプールが勝利した場合、プレミアリーグにおいて、チェルシーから4度目のダブル達成となります。
なお、これまで3度のダブルは、最近8年間で達成されているものです。

・レッズがアンフィールドで敗戦となった場合・・・
現在リバプールは、アンフィールドで公式戦3連敗中であり、もしチェルシー戦で敗れ4連敗となってしまった場合、それは1923年以来の出来事となります。

アンフィールドで連敗中のレッズですが、もうここまで来たら、あまり記録などは気にせず、思いっきりやってほしいですね。
私としては、今回のチェルシー戦に関しては、とりわけキャプテンのジョーダン・ヘンダーソンに期待しています。
ぜひ、精神的支柱として、メンタルで圧倒してほしい!
そう、願っております。

私がお目出度いのか?
リバプールは、強い相手と試合をするときほど、強さを発揮するチームだと思っています。

ゆえに、これまでの3連敗とは違う試合内容になると見ています。
そう思いたいですね。

ここまで、ファンにとっては辛い試合が続いてきました。
しかし、目の前に試合があれば、今日もまた応援をする。
これが、フットボールですね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]