マフムード・ダフードが今夏ボルシアMGを去る可能性が大か メディアより

Mahmoud Dahoud


かなり以前から、リバプールがその獲得を熱望しているとされて来た、ボルシアMG所属のMF、マフムード・ダフードですが、今年の夏になると、獲得条件のハードルが、かなり下がるようです。
そのことは、以前から報じられていましたが、ボルシアMGとの契約条項により、大幅に移籍金が下がるというものです。

マフムード・ダフードとボルシアMGとの契約は、2018年までだとされており、2017年の夏になると、大幅なカットプライスでの移籍が可能になるとされています。

仮定の話ですが、たとえば今年の1月に移籍していれば、ボルシアMGには高額の移籍金が入ったわけですが、契約上、夏になってしまうと、破格の値下がりを受け容れざるを得ない状況になるとのこと。
これは、従来から言われて来たことです。

イタリアのCalciomercatoによれば、夏になれば、マフムード・ダフードを獲得するためには、£8.5mの金額で可能になるとのこと。

マフムード・ダフードは、ユルゲン・クロップ監督の獲得希望リストの上位にいると、かねてから噂されており、それが事実だとすれば、今夏には本気で獲りに行く可能性もありそうです。

一方、マフムード・ダフードに関しては、これも従来から言われていることですが、ユベントスとミランも関心を示していると言われています。
ユベントスの場合には、マフムード・ダフードの他にもエムレ・チャンを狙っているという報道も出ていますが・・・。

リバプールが、マフムード・ダフードを欲しがっているという報道は、かなり以前から噂されてきました。
この夏、それが実現するのか!?

仮定の話ですが、もし£8.5mという金額で、彼を獲得できるならば、非常においしい補強となりそうです。

あとは、ユベントス等との交渉力競争でしょうか。

もう、最後の手段は、ユルゲン・クロップの電話作戦ででしょうか。

マフムード・ダフードは、まだ年齢的にも若いし、将来性を考えても、リバプールの有力な補強候補だという説には、ある程度信憑性もあるのか?
そのようにも、感じるところです。

さて、この夏のリバプールは、どんな動きをするのでしょうか。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]