ライアン・セッセントン(フラム)獲得レースでリバプールなどプレミアリーグのビッグクラブがバトルとの報道も

Ryan Sessegnon


以前も、この場でご紹介をしたことがありますが、フラムに所属する若手左サイドバック、ライアン・セッセントン(イングランド)に、リバプールが強い関心を示しているという報道が、英国では多々なされています。
ライアン・セッセントンは、2000年5月18日生まれの16歳ではありますが、イングランドでは、将来を嘱望されているようです。
いわゆる金の卵獲得を巡り、プレミアリーグのビッグクラブ達が、関心を示していると言われているところです。

今回、改めて記事にしているのは、ExpressやMirrorなどで、報道骨子からすると、リバプール以外では、チェルシー、アーセナル、マンチェスター・シティが、ライアン・セッセントンに注目しているとのこと。

ただ、最も強い関心を抱いているのはリバプールだという記述も見受けられました。
左サイドバックということで、そういう読みが出て来るということかもしれませんね。

かなり高い期待を寄せられている若者だということは間違いないことでしょうが、フィジカル的に厳しいプレミアリーグでシーズンを通じて出場し続けるには、まだ16歳だと酷なように思います。
となると、リバプールは、他にももう一人狙っているのか?

左サイドバックに関しては、昨年の夏も、ことごとくメディアの読みが外れましたので、決まるまでは、本当に分かりませんね。

ユルゲン・クロップの発想の中に、来シーズンもジェイムズ・ミルナーに左サイドバックを任せるという選択肢が入っているのか?
まずは、この部分を知りたいところですが・・・。

いずれにしても、今年の夏も、リバプールについては、左サイドバックにまつわる話題が、多々報じられそうな予感はします。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]