ジョーダン・ヘンダーソンはアーセナル戦も欠場の可能性あり


チームにとって支柱となるプレイヤーというものがいるもので、リバプールがジョーダン・ヘンダーソンを欠いたのは、実際痛かったと思います。
ただ、欲を言えば、誰か一人が欠けたときでも、チーム力が変わらないだけのパフォーマンスを発揮したいところですが。
さて、リバプールの次なる試合は、アンフィールドでの対アーセナル戦ですが、このビッグマッチでも、ジョーダン・ヘンダーソンが欠場となる可能性があるようです。

これは、レスター戦の試合終了後に、ユルゲン・クロップ監督がプレスの質問にこたえたもので、Liverpoolfc.comも伝えています。

ユルゲン・クロップ監督は、「アーセナル戦も、まだ間に合わないかもしれない」としており、まだはっきりとは分からない、状況を見ていく必要があるという旨の言葉を続けていました。

今の時点で、難しそうだという言葉が出るということは、あまり良い状態ではないのかもしれませんね。
こういうときこそ、他の誰かがキャプテンの穴を埋める活躍をしてほしいところです。

次節は、相手がアーセナルということもあり、本来ならばキャプテンシーの強いヘンドの存在が必要不可欠だと思いますが、無理をさせて、状況が悪化するのは避けたいですね。

ヘンドが、何とか間に合うのか?
今後数日の情報に留意したいと思いますが、リバプールのプレイヤー達とすれば、キャプテン不在でもやれる!という気持ちで行ってほしいところです。

仮定の話として、ヘンドがアーセナル戦も不在となる場合、アンカーはどうするのか?
リバプールとしては、ここはしっかりと戦術を用意しておく必要があることは間違いなさそうです。

兎にも角にも、ヘンドが軽傷であることを願っています。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]