ビル・シャンクリーがケビン・キーガンをリバプールへ連れて来た日にあたり


1971年の今日、5月3日は、あのケビン・キーガンがリバプールのプレイヤーとなった日にあたります。
当時、リバプールを率いていたのは、クラブの伝説とも言えるあのビル・シャンクリー監督。
スカンソープ・ユナイテッドに在籍していたケビン・キーガンをリバプールへ連れて来たことになります。

身長こそ恵まれているとは言えなかったものの、その精力的な運動量とアグレッシブな姿は「マイティー・マウス」と称され、ファンから愛されました。

ビル・シャンクリー監督については、折りに触れてこの場でも何度となくご紹介をしていますが、ケビン・キーガンを呼んで来たことも功績のひとつかと思います。

ケニー・ダルグリッシュの前に、リバプールの7番を背負っていたのがケビン・キーガンで、やはり黄金時代を創ったレジェンドの一人であります。

ケビン・キーガンがリバプールに在籍をしていたのは、1971-1977の期間で、公式戦323試合に出場し、100ゴールをマークしています。

当時のイングランド・フットボールは、まだハイクロスをゴール前にあげて、パワープレイで押し込むという香りが残っていた時代だったと思います。
そんな中、リバプールはひと味違ったフットボールを見せ、イングランドフットボール界に君臨していきます。

いわゆる新しい形を具現していたリバプールの中心プレイヤーが、ケビン・キーガンだと言ってもいいと思います。

先日は、ボブ・ペイズリー監督とイアン・ラッシュのことに触れましたが、今日はビル・シャンクリー監督とケビン・キーガンについて、取り上げてみました。
リバプール!
また、新しい歴史を創ってゆくときですね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]