ユルゲン・クロップの存在がビルヒル・ファン・ダイクをひきつけるとの報道も


今夏の移籍市場におけるリバプールのトップターゲットだとも報じられているサウサンプトン所属のビルヒル・ファン・ダイクですが、リバプールは獲得のためならば£50mの移籍金も厭わないとされています。
既にプレミアリーグで実績を残しているファン・ダイクだけに、リバプールの他にもチェルシー、アーセナル、マンチェスター・シティが狙っているとも報じられているところです。

憶測というものは、いろいろなところから湧いてくるものですが、Mirrorが報じるところによれば、ユルゲン・クロップ監督がいることが、ファン・ダイクをひきつけているも・・・。

かみくだいて報道の趣旨を解釈すれば、ユルゲン・クロップ監督のもとでプレイをしたい希望を持っている。
そういうことでしょうか。

もし本当ならば、リバプール優位という図式も成り立ちそうです。

プレイヤーの気持ちになって考えてみれば、どの監督のもとで過ごすかということは、大きなテーマになろうかと思います。
ユルゲン・クロップ監督の魅力が、ターゲットのハートを射止めるか!ですね。

サウサンプトンとしては、当然のことながら、ファン・ダイク放出は避けたいところでしょうが、ここまで各ビッグクラブから評価をされて、高額な移籍金を提示されるとなれば、現実問題として、留めおくことは難しくなるようにも思えます。

あとは、リバプールの交渉力にかかってきそうです。

今後、どのような展開へとなっていくのか。
注視していきたいと思っています。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]