バンジャマン・メンディ(モナコ)獲得レースはマンチェスター・シティがリードとの報道も

Benjamin Mendy


ヨーロッパの多くのクラブが関心を寄せていると報じられるモナコ所属の左サイドバック、バンジャマン・メンディ(フランス)に関しては、リバプールも獲得に興味を持っているという噂が絶えません。
ディフェンダーとしては、相当な移籍金も必要であると見られるバンジャマン・メンディですが、リバプールの補強候補の一人という報道があることも事実です。

バンジャマン・メンディの件については、ESPNも記事にしており、それによれば、リバプールの動きもあるが、現時点でポールポジションにいるのは、マンチェスター・シティだとの見解を示しています。

バンジャマン・メンディは、1994年7月17日生まれの22歳。
年齢的にも、これからが充実した時期となりそうです。

マンチェスター・シティは、ペップ・グアルディオラ監督が2シーズン目を迎えるとあって、大胆に自分色のチームを構築する可能性も否定できないと思います。
それを暗示するかのように、従来の戦力を多数退団扱いにしています。

リバプールとしては、左サイドバックの補強候補として、バンジャマン・メンディの他にも、フラムのライアン・セセニョンの名前が多々報じられています。
将来性、ブレイクする可能性を考えると、私としては、ライアン・セセニョンでも面白いと思っているのですが・・・。

ただ、その場合には、やはりジェイムズ・ミルナーがカバーしてくれるという前提になりそうな予感はします。

リバプールの左サイドバックに関しては、昨年夏からの課題でもあり、この夏にどういう動きをするかが、非常に注目されます。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]