チェルシーで重用されなかったストライカー達が今シーズンのリバプールに栄光をもたらせるか


2017-2018シーズンの開幕が刻々と近づいてきていますね。
より強いチームになるためには、更なる補強も重要だと思いますが、私はある意味リバプールの鍵を握っている一人は、ダニエル・スタリッジではないかと考えています。
テーマはひとつ、フィジカル・コンディションのキープですね。

プレシーズンのトレーニングがはじまり、ここまでのダニエル・スタリッジを見ていると、極めて順調に仕上がっていることが分かります。
今シーズンこそ、あの輝きを取り戻してほしいですね。

ダニエル・スタリッジが活躍できれば、リバプールにとっては大きな補強をした以上の戦力だと言っていいと思います。

おもえば、チェルシー時代には、望むほとにチャンスをもらえなかったダニエル・スタリッジ。
リバプールで、その才能を開花させたと言えると思うし、今シーズンにかける意気込みは、強いものがありそうです。

もう一人、チェルシー時代には、なかなか出場機会がなかったストライカーが、リバプールへやって来ました。
ドミニク・ソランケ。

まだまだ若いタレントだし、しっかり育ててあげれば、近い将来のイングランド代表エース候補になり得るのではないでしょうか。
非凡な才能を持ったストライカーだと思います。

ドミニク・ソランケが、いきなりプレミアリーグやチャンピオンズリーグにおいてスタメンをはることは難しいかもしれません。
しかし、チャンスが巡ってきたときに、しっかり仕事をすれば、必ずユルゲン・クロップ監督が正当な評価をすることでしょう。

ダニエル・スタリッジの復活とドミニク・ソランケの覚醒。
私は密かに期待しています。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]