ダニエル・スタリッジは軽傷だとの見解も メディアより


バイエルン・ミュンヘン戦(アウディ・カップ)で、鮮やかなシュートを決めて見せたダニエル・スタリッジですが、その際に腿を痛め、ドミニク・ソランケと交代をすることになっています。
ユルゲン・クロップ監督としては、状況を見る必要があるという趣旨のコメントをしていましたが、エコーによれば、ダニエル・スタリッジの怪我はシリアスなものではなく、離脱も短い期間で済むだろうとのことでした。

プレシーズン初日からチームに合流し、近年にない仕上がりを見せてきたダニエル・スタリッジだけに、何とかまた早い段階でプレイをさせてあげたいですね。

エコーの見解では、リバプールはダニエル・スタリッジの今回の怪我は長引かないと確信を持っているとのこと。

ただ、これまでダニエル・スタリッジは負傷を繰り返しており、慎重を期す必要はあることでしょう。

ここ近年のダニエル・スタリッジならば、ちょっとしたきっかけで怪我をし、復帰の目途が立たないというケースが多々ありましたが、今回については、私としては、ダニエル・スタリッジを信じてみたいと思っています。

楽観的な見方をすれば、プレシーズンマッチだし、ちょっと違和感があったから無理をせず交代をした。
そうあってほしいと思います。

ただ、リバプールはディヴォック・オリギをも負傷で欠いており、二人の復帰は重要ですね。

ロベルト・フィルミーノがいるので、攻撃面では非常に便利に起用できていますが、生粋のストライカーという意味では、ダニエル・スタリッジとディヴォック・オリギの回復が待たれます。

一方、私が時折書かせていただくドミニク・ソランケ。
本当に、何かを持っているのかもしれません。

もしこれで、また多くのチャンスをもらうようになり、結果を出し続けたら・・・。
いきなりリバプールのトップチームに定着する可能性も否定できないと思います。

あとは、ダニー・イングスには、心からエールを送りたいですね。

人数的には、リバプールのストライカーは揃っていると思います。
飛び道具的には、モハメド・サラーやサディオ・マネもセンターで使えますしね。

いずれにしても、プレミアリーグの開幕が近づき、チャンピオンズリーグのプレイオフも間近になってきた中、極力負傷者は避けたいことは言うまでもありません。

エコーの情報どおり、ダニエル・スタリッジが近日中に戻って来てくれることを願っています。

なお、ダニエル・スタリッジがアトレティコ・マドリード戦を欠場することは決まっているようです。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]