フットボールの楽しさを教えてくれるサディオ・マネとモハメド・サラー


フットボールの魅力。
一言では語り尽くせないことは、十分に承知しているつもりではありますが、その欠片を語ることは許されるかな?という気持ちで、筆をとっています。
私は、フットボールがもつ大きな魅力のひとつは、スピードであり、走る姿の美しさだとおもってきました。

昨年の夏、サウサンプトンからリバプールへやって来たサディオ・マネ。
今夏、ローマからリバプールへと来たモハメド・サラー。

このスピードスター二人を観るだけで、実にワクワクする自分を感じます。

この2人が完璧なコンディションを整え、縦横無尽にピッチを疾駆したとき、まさに電流が奔るほどの光景が見られるのではないか。
私は、心から楽しみにしています。

サディオ・マネとモハメド・サラーに共通している部分はといえば、ただ縦に速いだけではないということかと。
これまでも何度か書いてきましたが、ストップするスピードも圧倒的ですね。
緩急の付け方にも味わいがある。

また、2人共に、加入早々、チームにフィットするのも、実に早かったですね。

リバプールは、いいタレントを揃えたと思います。

さらに、今はまだ負傷離脱中ですが、リバプールにはスプリント能力という面ではエレガント!とも呼びたくもなるアダム・ララーナを持っています。
サディオ・マネとモハメド・サラーが切り裂き、そこにアダム・ララーナが絡む。
その光景を想像してみます。

今シーズンのリバプール。
負傷者が戻り、万全の攻撃陣を起用できたとき、どんな化学反応を起こすのか。
実に、楽しみであります。

やはり、フットボールの醍醐味はスピードであり、走る姿。
その言葉が、頭の中を反覆してやまない自分でした。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]